「マッサン」第125回★アザミの花

0
    連続テレビ小説「マッサン」
    第125回
    (2月27日)


    今回もエリーとエマが対立。

    あまりに頑ななエリーに窮したエマは一馬に抱きついて彼の肩に顔を埋めます。
    −◆−

    マッサンがエリーに「エリーじゃて初恋の経験ぐらいあるじゃろう?エリーが初めて人を好きになったのは何歳じゃった?エマはもう17じゃ。
    恋をしても一つもおかしゅうない年でしかも相手はわしらもよう知っとる気心知れた一馬じゃ。エリーじゃて真面目で一生懸命でほうじゃわしにもよう似とる言うて褒めとったじゃろうが。」

    −◆−

    一馬がエマに「しばらく会うのはよそう。葡萄酒造りに専念したい。」

    エマ「じゃあ、一つだけ教えて。私は一馬さんの気持ちをまだはっきりと聞けてない。
    一馬さんは私の事どう思ってるの?今でも妹のような存在だと思ってる?私は違う!私は一人の男性として一馬さんを見てる思ってる!私は一馬さんが好きなの!一馬さんは?」


    痩せては居ますが、心はすっかり肉食系と化しております。

    返事をしない一馬。

    エマは「答えてくれないの?私が傷つくから?何で何も言ってくれないの?意気地なし!!!」と言って駆けだして行きました。

    一馬は苦渋の表情・・・。
    −◆−

    エリーの頑なさに戸惑う面々。

    一方エリーは、マッサンから言われた言葉が頭をよぎります。
    「エリーじゃて初恋の経験ぐらいあるじゃろう?エリーが初めて人を好きになったのは何歳じゃった?」

    飾ってあるアザミの花を目にしたエリーの脳裏に、初恋の人であろう男性が浮かびます。

    若き日のエリーにアザミの花を手渡したのは軍服に身を包んだスコットランド男性かな・・・。

    そういうことなのね。
    エリーには「悲しい思い出」があるんやね・・・。
    だから赤紙が届くであろう一馬との恋を許さない・・・。
    −◆−

    なぜかエマの部屋で彼女の日記を読んでいるエリー。

    エマが帰ってきて怒ります。
    エリー「読まれたら困る事が書いてあるの?」

    エマ「いい加減にして!私はお母さんの操り人形じゃない!自分の事は自分で決めるし自分のした事にはきちんと責任を持つ。」

    マッサンも「なんぼなんでも日記を読むいうんはやり過ぎじゃて。」

    しかしエリーは「エマと2人で話をさせて。」と言ってマッサンを退けました。

    そしてポツリポツリと話し始めたエリー。
    「お母さんがなぜエマと一馬の恋愛に反対しているか…。一馬は戦争に行かなきゃならないかもしれない。」

    エマ「そんな事もちろん分かってるわ!」

    エリー「分かってない。エマにはお母さんと同じ思いさせたくないから。」

    エマ「どういう意味?」
    エリー「お父さんも知らない話。」

    次回へ続く。
    −◆−

    以上、特高警察がうろちょろしていた『マッサン』第125話。

    今回もウイスキーの「ウ」の字も出てきませんでしたねぇ。

    ウイスキー造りでの苦労に関する『プロジェクトX』的なエピソードを見たいんだけど、どうやらそういう方向にはたどり着きそうにありません。



    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #124 #123 #122 #121 #120 #119



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      おいおい〜 さすがに 日記の盗み読みはダメだろ〜 つーか あの机の引き出し騒動は 日記帳のありかを探っていたのね そこまで考えていなかった私は 何て甘ちゃん 4月〜のBS朝ドラ再放送は『あまちゃん』 …ひじゅにですが何か? 「何で何も
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/02/28 1:39 PM
      おいおい〜さすがに日記の盗み読みはダメだろ〜つーかあの机の引き出し騒動は日記帳のありかを探っていたのねそこまで考えていなかった私は何て甘ちゃん4月〜のBS朝ドラ再放送は『あ...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/02/28 1:38 PM
      エリー(シャーロット)はエマ(優希美青)に女性としてやるべきことが出来てから恋愛すべきと 主張、一馬(堀井新太)にも恋は早すぎるとくぎを刺すが、エマの反抗は増すばかり。 エリーもまた温かく二人を見守ってやろうというマッサン(玉山鉄二)の説得をかたくなに 聞
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/02/28 12:03 AM
      NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第21週『物言えば唇寒し秋の風』【第125回】の感想。 【注】なお、本作は2/23に全撮影がクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/02/27 10:10 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten