「マッサン」第124回★何をやっても完璧なお母さんに分かるはずがない!

0
    連続テレビ小説「マッサン」
    第124回
    (2月26日)


    エマ(優希美青)と一馬(堀井新太)のことについて話しをする大人たち。

    俊兄ぃ「やっぱりお坊ちゃまの思いどおりに事が運んどったいう事でがんすか。この工場の跡取り問題もエマお嬢さんの先行きもこれでいっぺんに片がついたようなもんでしょうが。」

    熊虎「おらの願いでもあんな。」
    ことの成り行きに戸惑うマッサン「じゃけどまだ夫婦になると決まった訳じゃ…。」

    俊兄ぃ「まさに『渡りに船』『鬼に金棒』『猫に小判』!…はちいと違うか。とにかくエマお嬢さんと一馬がつきあういう事は誰にとっても喜ばしい事でがんす。」とやや滑り気味の冗談も交えたうえで「ただ…どうしても気がかりなんはお坊ちゃまとわしが親戚になるいう事でがんす。」

    前回から盛んに「親戚になる」ことをネタにしてますけど、くどすぎる印象。
    −◆−

    ハナ(小池栄子)に意見を求めるマッサン。

    「おらが言うのもなんだけどエマはよその子に比べても少し幼いっていうかあまりにも純粋っていうか。」

    ホント、幼い感じがする。

    その後、マッサンと二人になったときエリーは「ハナの言うとおりだと思う。恋愛なんてまだ早い。エマこの戦争が始まって勉強も中途半端。外の世界の事もまだ何も知らない。」

    マッサン「人が人を好きになるような気持ちは誰も止められん。わしらがほうじゃったろうが。エリーのママや叔父さんうちのお母ちゃんにも大反対されても…。」

    妙に意固地なエリーは「エマと私たちは全然違う!どこが?エマはきっと一馬の事が本当に好きな訳じゃない。愛の意味も知らない。ただ誰かを好きになる事に憧れて恋する事に夢中になってるだけ。私は認めません!母として認める訳にいかない。」
    −◆−

    エマと話し合いを持つエリー。

    エマ「許さないってどういう意味?」

    エリー「エマにはまだ早すぎる。エマはまだ本当のラブ知らない分かんないでしょ?まだ恋愛するのは早すぎる。もっと外の世界を見ていろいろ経験して、しっかり勉強もして。」

    反発するエマ「私はもう子どもじゃない!ずっと言ってくれてたじゃない。『何でも自由に考えて言いたい事ははっきり言ってまずは好きなように行動してみたら』って。それなのに何で突然そんな事言いだすの?矛盾してると思わない?」

    エリー、理屈抜きで「お母さんは誰よりもあなたの事をよく分かってる。」

    エマ「何も分かってないわ!私がどんな悩みを抱えてるのか何に苦しんでるのか何をやっても完璧なお母さんに分かるはずがない!」

    ○○妻---ここでは完璧妻

    エリー「エマ、この世界中で一番エマの幸せを願っているのはお母さん!」

    エマ「話をすり替えないで!」

    こうして母娘の話し合いは決裂し、エマはハナの部屋で寝泊まりし始めちゃいました。
    −◆−

    マッサンとエリーがお話し合い。
    「エリーどうしたんじゃ?エマの成長を誰よりも願うとったんはエリーじゃろうが。もちろんわしも親父としては複雑じゃ。そんな手放しで喜んどる訳じゃなぁ。じゃけど恋をするいう事は成長の証しなんじゃ。誰もが通る道じゃしその気持ちを止める事はできん。エリーもよう分かっとろうが。」

    剣呑な雰囲気のエリーは「分かってる。エマには絶対幸せになってもらいたい。やりたい事を思いっきりやって、自由で自分らしく生きてもらいたいといつも思ってる!!だけど恋愛するのはまだ早い!」

    「それはわしらが決める事じゃなぁ!」

    角が生えたようなエリーが大声で「私はエマのお母さん!!エマの事は私が一番よく知ってる!何でも知ってる!」

    大迫力で言い返すエリー、怖っ!! 

    それにしても、なぜここまでエリーが意固地になってるのか真意がつかめない・・・。

    戦地に招集されちゃう可能性がある一馬と交際して、この先エマが悲しい思いをしちゃいけないと考えてるからなのか、はたまた他の理由が有るのか??
    −◆−

    散髪屋で噂話。

    進(螢雪次朗)「どうしちまったんだべなあのエリーが…。何事にも進歩的で自由を尊重するおなごだと思ってたけんどな。」

    三郎(温水洋一)「エリーさんの場合ちょっと病んじまってんじゃないですか?何せあの特高の騒動以来一歩も敷地の外に出てないんでしょ?その上 毎日特高に見張られて。あれじゃ誰だっておかしくなりますって。」

    「まあどっちにしろその問題はさほど長引かねえんでねえか。」

    熊虎「何で?」
    「だって…そろそろ来るべ?」

    熊虎「何が?」
    「いつ来てもおかしくねえべ?」

    「だから何を…。」と言って、はっとする熊虎。
    「な?だから長引きようがねえべ。」

    召集令状のことかな??
    −◆−

    以上、こんな感じだった『マッサン』第124話でした



    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #125 #123 #122 #121 #120



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今日の回想シーン エマのあれこれ…が主体なのに 注目してしまうのはエリー 時間経過を髪型の変化で示しているのは 朝ドラに限らず、よくある手だけど まあ大抵は“髪型”だけで終わっちゃうもの エリーはちゃんと顔まで老けてみせてるなあ! …と、改めて感
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/02/27 12:58 PM
      今日の回想シーンエマのあれこれ…が主体なのに注目してしまうのはエリー時間経過を髪型の変化で示しているのは朝ドラに限らず、よくある手だけどまあ大抵は“髪型”だけ...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/02/27 12:57 PM
      エマ(優希美青)の突然の告白に戸惑うマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)。 恋する気持ちは止められないだろうと理解を示すマッサンであったが、エマは恋に 憧れているだけだとエリーは一馬(堀井新太)との仲を断固として認めないのだった。 もっと外の世界を
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/02/27 12:04 AM
      第19週「万事休す」の週間最高視聴率、関東は24.6%↑(2/10火)で、最高視
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2015/02/26 9:26 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第21週『物言えば唇寒し秋の風』【第124回】の感想。 【注】なお、本作は2/19にスタジオ撮影がクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/02/26 9:33 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten