ゴーストライター 第6話★川原由樹をつぶすために彼女の人格を否定する

0
    ゴーストライター 第6話

    由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が登壇する映画の完成披露会場に乗り込み、衝撃的な行動に出る。しかし、すぐに会場から追い出され、会は何事もなかったかのように進められる。神崎(田中哲司)や常務の鳥飼(石橋凌)らがマスコミ各社に手を回したため、由樹の行動は記事にすらならない。出版界が一丸となってリサを守っていると知り、由樹は無力感に襲われる。小田(三浦翔平)は、そんな由樹のことをひそかに気に掛けていた。
    大手メディアから事実をもみ消された由樹(水川あさみ)は、出版社やテレビ局とつながりのない会社・ワールドネットプレスの動画ニュースで真実を暴露。

    しかし神崎(田中哲司)は名誉毀損で由樹を訴えちゃいます。
    「ゴーストライターの疑惑を完全に払拭する。」「川原由樹をつぶすために彼女の人格を否定する。」

    川原由樹は精神的に不安定で遠野リサの小説を自分が書いてると思い込み常軌を逸した行動に出たというシナリオで裁判を進める作戦!

    なんて神経が太いのでしょうか!?
    取締役に上り詰めた自分の地位を守るために必死のパッチである神崎(田中哲司)、ムカつく!
    −◆−

    編集者の小田(三浦翔平)が遠野リサの屋敷を訪ねます。
    「裁判でホントのことを話していただけないでしょうか?」

    う〜〜ん、これじゃ小田が由樹の味方をしてることがバレちゃうじゃん・・・。

    で、遠野リサは「彼女は駿峰社の敵なのよ?あなたが守らなきゃならないのは私じゃないの?どうしてそこまで彼女のことを守りたいの?」

    小田「僕は川原さんの小説の大ファンです。」

    リサ「あなたにお願いがあるの。裁判の前に謝罪文を出すように彼女に言ってくれない?ホントはゴーストなんてやってなかったって。」

    遠野リサ、裁判を避けたくて言ってる?
    −◆−

    今回も親子の会話に静かな迫力がありました。

    息子・大樹(高杉真宙)がリサに「裁判だなんてたまんないだろうな。書けなくなった遠野リサのために書き続けたのにその結果がこれだもんな。」

    リサ「もしホントに彼女が書いてたとしたらどうなると思う?大人同士の話をするわ。遠野リサの作品全てに傷が付く。作品だけじゃない。関わった出版社。映画化されたものは映画会社キャストスタッフスポンサーら関係者。全ての人が傷を負うの。言ってる意味分かるわよね?」

    大樹「ただの言い訳だろ?汚いよ。大人はみんな汚い。」

    リサ「それからあなた。あなたがゴーストライターを使った小説家の息子だって言われ続けることになる。」

    リサの間近で正対した大樹は「俺のためだって言いたいわけ?嘘つけ。自分のためだろ。そういうやつなんだよお前は。」

    「『お前』って言うのやめてくれる!」

    大樹「お前はお前だろ。」

    高杉真宙くん、良い感じです。

    リサ「完成披露のとき彼女が壇上に上がってゴーストライターだったって告白したのに記事にならなかったのはどうしてだと思う?汚い大人たちがもみ消したから。私を守るためにね。私にはそれだけの価値があるの。いい?あなたが思ってるより私は偉大なの。」

    大樹「開き直るのか。」
    リサ「あなたは何なの?浪人生よ。何者でもないのに偉そうなことを言うのはやめなさい。」

    大樹「分かった。もう軽蔑なんてしない。だって遠野リサはかわいそうな人なんだから。」

    最後のセリフがシブイ!!
    −◆−

    裁判。
    宣誓しながら、ぬけぬけと嘘をつく遠野リサ(中谷美紀)。
    精神的に参った由樹(水川あさみ)は裁判中に気を失い、病院送り・・・。

    そして遠野リサが勝訴。

    <遠野リサは全てを持っている。世間はそううらやましがる。私だって他人をうらやましいと思う。
    私がうらやましいと思う人間それは自分のことが好きな人間だ。私がこの世で一番嫌いな人間は遠野リサ、私だ。>


    彼女は彼女なりに苦悩を抱えてる。
    −◆−

    以上、前回は由樹(水川あさみ)が押し気味でしたが、今回は遠野リサ(中谷美紀)側が押しまくりだった『ゴーストライター』第6話。

    簡単に虚偽が通ってしまった裁判が陳腐な気がしましたが、法廷ドラマじゃ無いから仕方ないっか・・・。

    というわけで、大きな勢力につぶされてしまった川原由樹(水川あさみ)は、どうやって反撃に出るのか・・・。

    「もうどの出版社も私の小説は本になんかしてくれませんね。」という由樹のセリフが切なかったなぁ・・・。




    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #117 #116 #115 #114 #113 #112




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.10.01 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「ゴーストライター」第6話はエターナルレシピの完成披露試写会でリサの前に由樹が現れリサのゴーストライターだという事を暴露し会場は騒然となった。しかしその場はすぐに事態 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2015/02/19 6:09 AM
      第6話「私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き」2月17日火曜よる9時  映画「エターナルレシピ」の完成披露試写会でリサ(中谷美紀)が挨拶をしようとしたその時、会場にリサと同じような髪型と服装の由樹(水川あさみ)が現れた。平然とステージに上がった由樹は、
      • ドラマハンティングP2G
      • 2015/02/18 7:51 PM
      由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が舞台挨拶を行う映画の完成披露試写会に現れて、映画の原作を書いたのはリサのゴーストライターである自分だと暴露して、会場は騒然となります。 試写会は一時中断されて、激しく動揺したリサは控室に戻ります。 神崎(田
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2015/02/18 3:36 PM
      ついに出ました、物語冒頭での、雨の中での、乱闘シーン!同じような、白いドレスで、もみくちゃの、つかみ合いの喧嘩っそして、始まった裁判… でも、意外なことに、1回で、終わってしまうとは。リサ(中谷美紀)が名誉毀損で訴え、由樹(水川あさみ)の精神不安定を
      • のほほん便り
      • 2015/02/18 3:21 PM
      レビュー記事のないものに関して実況ツイートをUPする事にいたしました。 ツイートなんで。つぶやきなんで。文章にはなっていません。 単なる自分のための忘備録です。 「読み物ではない」ということでスルー推奨します〜! ゴーストライター  第6話 kuku
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/02/18 12:56 PM
      『私は真実を述べます 嘘つきへの法の裁き』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2015/02/18 12:45 PM
      フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第6話『私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き』の感想。 由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が登壇する映画の完成披露会場に乗り込み、衝撃的な行動に出る。しかし、すぐに会場から追い出され、会は何事もな
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/02/18 11:47 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten