「マッサン」第117回★キャサリン・種子(濱田マリ)

0
    連続テレビ小説「マッサン」
    第117回
    (2月18日)


    突然余市へとやってきたキャサリン(濱田マリ)は約1ヶ月後の船で一緒のイギリスに渡ろうと言い出しました。

    「エリー一緒に行こ。今の日本で外国人が暮らしていくのは大変や。
    チャーリーかて大阪の町歩くだけでどなられたり唾かけられたりしてる。
    憲兵や特高も隙あらば逮捕したろうって戦争に反対する者や外国人に常に目光らせてる。
    スパイ容疑で取り調べ受けたら殴る蹴るは当たり前。中には拷問で命を落としてしまう人もおるらしい。
    エリーがマッサンらと離れたない気持ちはよう分かる。」


    これに食いついたのがエマ。
    「行こう!お父さんもお母さんも一緒に行こうよ!」

    キャサリンは「それは無理や。少なくともマッサンは無理や。」

    「どうして?」

    キャサリン「ええか、今から言う事落ち着いて聞いてや。エリーマッサンと離縁するんや。」

    エリー「ノー。」
    キャサリン「あんたマッサンと結婚して日本の国籍になったわな?交換船に乗って英国に渡れるのは英国籍の人だけや。そやから英国に行くにはまずマッサンと離縁して英国籍に戻さなあかん。」

    エリーは得意の「大丈夫」を連発しますが、キャサリンは「人間死んだら終わり。命を落としてしもうたら何もかもおしまいや。旦那も娘も何もかも失ってしまう事なるんやで。」と駄目押し。

    可哀想に、こんな怖い話しを聞かされてエマは激しく動揺しております。
    女学校でも、頭がいっぱいで情緒不安定に・・・。

    ということで、キャサリンは親切心からわざわざ北海道までやって来たのですが、亀山家を不安に陥れちゃったわけです。
    −◆−

    熊虎「おかしいな。エリーあっちのラジオはどうだ?」

    エリー「あっちのラジオも調子悪い。」

    むむ、スパイ電波でも飛んでるのかぁ!?
    −◆−

    俊兄ぃ(八嶋智人)がマッサンにエリーの帰国を勧めます。

    悩みに悩んでいるマッサン。
    「わしらの人生何じゃったんじゃ。わしがエリーを連れて帰ってきた事が悪かったんかのう。わしと出会うてしまったばっかりに。」

    「試練→悩む」というマッサンの定番。

    ふたりの会話を部屋の外で聞いてるエリー・・・。

    俊兄ぃ「お坊ちゃま今一番大事なんはエリーさんの身の安全でがんす。」

    マッサン半泣き状態で「日本と英国は敵国同士じゃ。戦争が終わって間違いなくまた会えて一緒に住める保証なんかあるんか?もう会えんようなるかもしれんいうて。
    俊兄そう思わんか?俊兄の言う事はわしゃよう分かっとる!じゃけど、このまま日本におってほんまにエリーを守りきれるんかいうて。それ考えたら、わしゃ怖い。怖ぁてしかたない。」


    マッサン、葛藤!!
    会話を聞いているエリーは涙・・・。
    −◆−

    以上『マッサン』第117話。

    これまでのパターンだと、試練が降りかかったとき、マッサンの機転や才覚で切り抜けるのでは無く、幸運が転がり込んで次のステージに進んできましたから、今回もきっと幸運に恵まれてエリーは無事に過ごせるような気がします。



    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #118 #116 #115 #114 #113




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ





    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      キャサリンを見張る憲兵(?) 煙草の吸殻を投げ捨てていたので それを後でマッサン達が見つけて… みたいな話を想像してしまったけど 関係なかった(笑) それより キャサリンはあの状態で 無事に帰ることができたのでせうか? そもそも無事に 交換船
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/02/19 2:43 PM
      キャサリンを見張る憲兵(?)煙草の吸殻を投げ捨てていたのでそれを後でマッサン達が見つけて…みたいな話を想像してしまったけど関係なかった(笑)それよりキャサリンはあの...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/02/19 2:43 PM
      突然余市へとやってきたキャサリン(濱田マリ)は、大阪でも外国人はスパイ容疑が かけられたり、拷問を受けたりと日増しに迫害が強まり、夫とともに英国へ行くことを 決めたとマッサン(玉山鉄二)たちに告げ、エリー(シャーロット)に一緒に来ないかと 提案する
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/02/18 3:08 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第20週『夏は日向を行け 冬は日陰を行け』【第117回】の感想。 【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。 突然余市へとやってきたキャサリン(濱田マリ)は、大阪でも外国人はスパイ容疑がか
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/02/18 11:33 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten