「マッサン」第99回★お母さんの事バカにされて悔しくて

0
    連続テレビ小説「マッサン」
    第99回
    (1月28日)


    タケシをケガさせたことを諫めるエリー。

    エマ「タケシの方が悪い。お母さんの事バカにしたから。日本語がちゃんと使えないってお母さんのまねして。だから腹が立って…。」

    「エマ。」

    エマ「お母さんの事バカにされて悔しくて、だから・・。」

    エリー「大丈夫。エマありがとう。だけどけがさせるのは駄目。」

    まだ6歳なのに、住田萌乃ちゃんは小器用に演技をこなしていますねぇ。
    小器用すぎて、小生はやや苦手かも・・・。
    さすがに役年齢より幼い感じも・・・。
    −◆−

    出資者の野々村(神尾佑)と渡(オール阪神)に大阪へ呼び出されたマッサン(玉山鉄二)はリンゴジュースが売れないことを責められます。

    「まずは値段が高いわな。ラムネが6銭サイダーが20銭このリンゴジュースが一本30銭では庶民は買いまへん。」

    正論。

    マッサン「うちのリンゴジュースは混ぜ物なしの果汁100%。一本当たり5個のリンゴを使うとります。関東や大阪の出荷も考えとりますんで輸送費用を入れてもこれ以上値段を下げる訳には…。」

    マッサンは輸送費がかかることも織り込み済みで北海道に渡ったのと違うのん??

    野々村「金持ち相手の商品やったら百貨店に置いてもらうとか、普通の小売店とは違う販路を考えたらどうでしょう?」

    「宣伝が足らんの違いまっか?あんたも鴨居商店におったんや。宣伝が肝心やっちゅうのはよう分かってまっしゃろ?」

    野々村「鴨居さんとこ、また新しいウイスキー売り出して海外にも輸出するらしいですな。」

    大将、攻めの経営を続けてる様子。

    マッサン「はっ、ほうなんですか。」

    だんだん感情が高じ始めている渡「そもそもなジュースという名前があかん。まあ外国人の奥さんもろてるあんたはともかくな日本人にはジュースという言葉はまだまだなじみが薄い。リンゴ汁でええん違うんかいな?」

    野々村「誰にでも分かりやすい商品名にして一から出直しましょう。」

    野々村さんがクッションになってくれるから助かってるマッサンですが、ろくに釈明も出来ず情けない感じ・・・トホホ。

    お怒りの渡は「このままやったら一生ウイスキーは造れまへんな。最初から言いましたがな。わてはウイスキーに投資したやない。リンゴ汁に投資したんや。ウイスキーなんか一つも信じてへん。」

    マッサン「いやそんな…。」

    「ウイスキー造りたかったらリンゴでもうけてウイスキー造りなはれ。それまではウイスキー造る事を一切許さん!分かったな。」

    そう言って、キレた渡は出て行っちゃいました。

    マッサン、言われっぱなし・・・残念な主人公やわぁ。
    −◆−

    北海道では・・・。

    ハナ(小池栄子)がエマ問題について「そろそろそういう時期が来たのかもしれないね。」

    他人の家族のことに口を出すってことは、かなり亀山家と親密なんやねぇ。

    一馬(堀井新太)は幼いエマのことを思い「まだ理解できないよ。中学生かせめて高学年になってからでなきゃ。」

    ハナ「エマは賢いからちゃんと分かってくれる。」

    意見が食い違うハナと一馬に熊虎(風間杜夫)が「世の中には親のいねえ子もたくさんいる。んだけどエマには父親もいる母親もいる。子どもは親に育ててもらって感謝する。親は子どもにしっかり飯食わせて愛情を持って育ててやる。
    エマがエリーの子である事は何の変わりもねえ。親子は親子だ!そうだべ?」


    お節介を嫌がったりしないエリーは「みんな心配してくれてどうもありがとう。マッサン帰ってきたらよく話し合ってみます。」

    <養女である事を隠し続けるとエマをもっと傷つけてしまうのではないか。打ち明けるべきかエリーは悩んでいました。>
    −◆−

    こんな感じだった『マッサン』第99話。

    この期に及んで食堂「こひのぼり」の面々が出てくるとは思いませんでした。
    キャサリン、相変わらず・・・・。




    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #100 #98 #97 #96 #95




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「ジュース」という語も まだ馴染みのない時代だったのね 逆に馴染みまくってる時代に住んでいるもんだから 「汁」という言い方に違和感持ってた 時代って面白い …ひじゅにですが何か? 「親子は親子だ」by熊虎 エマちゃんの隣の席の女の子は
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2015/01/29 2:26 PM
      「ジュース」という語もまだ馴染みのない時代だったのね逆に馴染みまくってる時代に住んでいるもんだから「汁」という言い方に違和感持ってた時代って面白い…ひじゅにですが何...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2015/01/29 2:26 PM
      どんなことがあっても人にケガをさせるのはダメだとエマ(住田萌乃)に諭すエリー (シャーロット)であったが、母親の事をバカにされたのが許せなかったと訴える エマに、嬉しく思いつつも問題は想像以上に切実であると実感するのだった。 一方、出資者の野々村(
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/01/28 2:00 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第17週『負うた子に教えられる』【第99回】の感想。 【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。 どんなことがあっても人にケガをさせるのはダメだとエマ(住田萌乃)に諭すエリー(シャーロッ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2015/01/28 1:43 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten