白鵬、千秋楽結びの一番で懸賞183万円ゲット「好景気?」

0
    今場所(初場所)、テレビ観戦を続けているけど、懸賞の幟の数が半端ないと思ってた。

    案の定、今場所15日間の懸賞本数は昨年秋場所の1381本を大きく上回る過去最多の1625本だったそうな。

    で、白鵬は懸賞(1本手取り3万円)を毎日鷲づかみにしているんだけど、千秋楽に限って普段の上限(50本)を特別に廃止したため懸賞が61本。

    全勝を決めた瞬間、61本×3万円=183万円をゲット。

    うらやまし〜〜〜!!

    15勝で懸賞金はいくら積み上がったんだろう?
    仮に抑えめに見積もって1番平均30本としても、30本×3万円×15番=1350万円!!

    凄い。
    −◆−

    相撲人気が戻ったこともあるけど、企業が懸賞金をはずむ気になってるのは「景気上昇の兆し」かもしれない。

    なかなか庶民や地方にまでアベノミクスの恩恵は及ばないわけだけど、兆しだけでも「大相撲」という分かり易い場所で見え始めたのかもしれない。

    これが本格的な好景気の魁だったらありがたいんだけど・・・。

    とりあえず15日連続「満員御礼」だったし、景気の良い大相撲初場所でした。



    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



    JUGEMテーマ:スポーツ



    スポンサーサイト

    • 2020.11.25 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << November 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten