『花燃ゆ』第1回「人むすぶ妹」★ナレーションはシャア

0
    『花燃ゆ』第1回「人むすぶ妹」

    嘉永3(1850)年、萩。杉文(ふみ)は下級武士の娘。大好きな兄の吉田寅次郎(伊勢谷友介)は若き兵学者として期待を集めていたが、鎖国の日本の未来に危機感を募らせ禁書を手にする。その頃、文は小田村伊之助(大沢たかお)と運命的な出会いを果たす。儒学者の後継者ながらも世界に目を向けていた伊之助は、寅次郎と同じ禁書を持っていた。その禁書をめぐる騒動の中で、文は二人を出会わせようとするが…
    ナレーションはシャアかぁ!
    −◆−

    砲術調練。

    文「こんなんじゃいけん。寅兄が『こんなんじゃいけん』って。」

    なんかこのシーン、よく分からなかった。
    寅次郎の声が聞こえたのか、文がそう思ったのか??
    −◆−

    その件で文が叱られてる最中に寅次郎が帰宅してきて「叔父上。文は私の気持ちを代弁してくれただけです。」

    外で聞いてたの??
    文が叱られてる内容を、帰ってきて早々の寅次郎が知ってるのか、カットが繋がらない印象!?
    −◆−

    妙にセリフが多い感じの中盤を飛ばして・・・。

    終盤、寅次郎(伊勢谷友介)が彼と伊之助(大沢たかお)とを引き合わせた文に「お前には人と人とを出会わせる不思議な力があるのかもしれんのう。」
    −◆−

    そんなこんなで1時間・・・・。

    んん、微妙な雰囲気・・・。
    取って付けたような内容だったので感想を書きにくいなぁ。


    というわけで、正直言って面白くなかった『花燃ゆ』第1回でした。
    初回でリタイアしそうだけど、もうちょっと我慢して視聴するかぁ・・・。

    初回視聴率は関東で16・7%。





    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #85 #84 #83 #82 #81 #80




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2019.08.16 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      公式サイト 脚本:大島里美、宮村優子/演出:渡邊良雄、末永創/音楽:川井憲次/プ
      • 昼寝の時間
      • 2015/01/06 4:27 PM
      大河ドラマ「花燃ゆ」は吉田松陰の妹杉文の視点から明治維新から日露戦争へ向けて激動の時代を観て行くストーリーである。大河史上ここまで無名の人物を描く事も珍しいが、多くの ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2015/01/06 12:02 AM
      「お天気お姉さん」で武井咲、「サイレント・プア」で深田恭子の幼少期を演じた山田萌々香が吉田松陰の妹・文(井上真央)の幼少期を演じる。 下級武士なれども教養にあふれる吉田松陰の実家・杉家の幼女である文は・・・七歳にして「孟子」を諳んじるのだった。 「夏に曰
      • キッドのブログinココログ
      • 2015/01/06 12:00 AM
      吉田松陰の妹・文の生涯を描く2015大河ドラマ。 ちび文ちゃんが「あんつぁま!」って言うんじゃないかと思った それくらい、『八重の桜』と似ていた初回。 そもそも家族構成 ...
      • 宴の痕
      • 2015/01/05 9:59 PM
      花燃ゆ 平成27年大河ドラマ NHK総合 2015年1月4日〜 [キャスト] 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 高良健吾 東出昌大 優香 瀬戸康史 劇団ひとり 佐藤隆太 要潤 かたせ梨乃 内藤剛志 奥田瑛二 長塚京三 松坂慶子 北大路欣也 ほ
      • 新ドラマQ
      • 2015/01/05 3:51 PM
      【初回の視聴率は、1/5(月)追加予定】 副題「人むすぶ妹」 新聞ラテ「人むすぶ
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2015/01/05 3:18 PM
      今年の大河が松陰の妹が主役と聞いた時から、あまりにもマイナーな人なので大丈夫なのかと思いましたが、昨年山口の萩を訪れたこともあって少々期待値も上がっていました。 井上真央さんは子役で昼ドラに出ていた時から、その元気っぷりが好きで応援したくなる女優さん
      • 森の中の一本の木
      • 2015/01/05 1:35 PM
      嘉永3(1850)年、萩。杉文(ふみ)は下級武士の娘。 大好きな兄の吉田寅次郎(伊勢谷友介)は若き兵学者として期待を集めていたが、 鎖国の日本の未来に危機感を募らせ禁書を手にする。 その頃、文は小田村伊之助(大沢たかお)と運命的な出会いを果たす。 儒学
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2015/01/05 12:06 PM
      先に述べておくが、きっどさんが一番尊敬する歴史上の人物は 吉田松陰先生 である。ただ安倍ポチとは解釈が正反対なだけである。 今年の大河で長州が舞台で 松陰先生の妹が主人公なのは、 安倍ポチ政権にゴマをする為に、 安倍ポチから送り込まれた籾井勝人会長がゴリ
      • しっとう?岩田亜矢那
      • 2015/01/05 11:18 AM
      果たして、今年の大河はどれだけもつでしょうか?(ここのところ、早い段階で脱落傾向だったので…(;^◇^;)ゝ)でも、珍しく最後まで見た「龍馬伝」関係の方が関わってるのと、その龍馬伝でイイ味だしてた伊勢谷友介が松蔭役っていことで、素朴に期待。最初は、諸事情
      • のほほん便り
      • 2015/01/05 11:02 AM
      第1回「人むすぶ妹」
      • Akira's VOICE
      • 2015/01/05 10:38 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten