「Nのために」第10話(終)★成瀬(窪田正孝)のもとへ…

0
    「Nのために」第10話(終)

    西崎(小出恵介)が到着。

    奈央子(小西真奈美)を連れて逃げようとすると彼女は「違うの、私じゃないの。希美ちゃんを連れ出してほしいの。奥の書斎に主人と二人っきりでいるの。あの子いつも私に隠れて主人と連絡を取り合ってる。今日の食事会もあの子が主人をそそのかしたの。早く希美ちゃんを連れて帰って。」

    奈央子の思考は、西崎が思っていたこととは全然違ってた!!

    で、希美(榮倉奈々)の言葉をキッカケに野口(徳井義実)が大暴れ。

    奈央子「この人は私だけのもの。止められるのは私だけなの。早くここから出てって。あなたなら私とこの人を助けてくれると思ったからだから優しくしてあげたんじゃない。その傷もなめてあげたんじゃない。」

    そんなこんなで西崎が野口に刺されそうになったとき、奈央子が燭台で野口をゴツン。
    そしてナイフを手にした奈央子は自分の腹をグサリ。

    これが真実だったのかぁ・・・。
    西崎は殺人を犯していなかった。

    二人が死んだ直後、西崎は希美(榮倉奈々)に「聞いてくれ。野口を殴ったのは俺だ。奈央子を刺した野口を俺が殺した」

    希美「何言ってるの?」
    西崎「奈央子を人殺しにしたくない」

    希美「西崎さんは何もしてないじゃない。」

    西崎「何も見なかったことにしてくれ。俺が殺した。」

    希美「何でそんな嘘つかなきゃならないの?西崎さんが罪をかぶることはないでしょ。」

    西崎「俺は罪を償いたい。前にも母親を見殺しにしたそれを償わずに生きてきて、どう現実に向き合えばいいのか分からない。償い終わったら今度こそお前達と同じように現実を生きていく。」

    希美「そんな嘘、つき通せる自信ない」

    西崎「お前の究極の愛は罪の共有なんだろ?愛はないかもしれないが罪を共有してくれ。」

    幼少期に端を発する西崎の複雑な思いが、無実の罪を被らせたのかぁ・・・。
    −◆−

    このとき、成瀬(窪田正孝)と安藤(賀来賢人)はともに希美(榮倉奈々)を思ってた。

    安藤は外から部屋にチェーンを掛けて、自分に電話がかかるのを待ってた。

    一方、成瀬は希美と連絡が取れて部屋に向かいます。
    「どうして今自分がここにいるのか分かった。4年前杉下は何も聞かずに俺をかばってくれた。今度は俺の番だ。」

    ちなみに小生は成瀬派・・・。
    兄やんより朝市。
    −◆−

    2014年。
    成瀬が希美に会いに行きました。
    「島でオープンする店に誘われた。一緒に帰らん?ただ一緒におらん?」

    希美「ありがとう成瀬君。自分の野望覚えとる? 結婚した相手よりあとに死ぬ。もし一緒になっとったら私が成瀬君の野望かなえられとったね。」

    成瀬「分からんよ。そのうち画期的な治療法が発見されて杉下の方が長生きするかもしれん。杉下の思うとおりにしたらええよ。杉下の人生や生きたいように生きたらええ。でも…待っとるよ

    希美「甘えられん」
    成瀬「待っとる。」

    キュンとくる会話でした。
    穏やかに「杉下の思うとおりにしたらええよ。」といった成瀬が素敵すぎ!
    −◆−

    高松で母・早苗(山本未來)と再会。

    希美「話したいことがあるんよ。悲しませるかもしれんけど聞いてくれる?」

    早苗「なん?言うて聞くよ」
    希美「私、病気になった。怖いんよ この世からいなくなってしまうのが怖いんよ。」

    ようやく母に心を許した希美(榮倉奈々)の切ない告白・・・。
    −◆−

    安藤(賀来賢人)に電話して婚約指輪をもらえないと伝えた希美(榮倉奈々)。

    そしてフェリーで故郷の島へ・・・。

    新しくオープンした”NOTRE”という店へ向かった希美(榮倉奈々)が成瀬(窪田正孝)と再会。

    希美「来たよ!」とフェリーの券をかざします。

    チケットの裏には<3月9日オープンしました N>と書かれています。

    海を望むテラスで成瀬が「何食べたい?」

    希美「おいしいもの」

    カメラが引きになって、抱きしめ合う二人・・・。

    希美は最期の時間を成瀬と生きることにしたんやね。
    誰にも甘えず一人で生きてきた希美が、成瀬と生きることにした・・・。

    静かな感動。
    良いラストでした。

    15年の純愛ミステリー完結。
    −◆−

    ライバルと目される『すべてがFになる』の間延び感に比べると、内容が凝縮されていて退屈しないのがヨカッタ『Nのために』

    純愛物語としても十分にキュンとくる内容で、榮倉奈々と窪田正孝と賀来賢人のフレッシュな雰囲気が素敵でした。

    高野(三浦友和)、奈央子(小西真奈美)、母・早苗(山本未來)らの演技も良かったです。





    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #74 #73 #72 #71 #70 #69




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ドラマ「Nのために」を見ました。 TBSにて 金曜10時からやってました 湊かなえ原作を連ドラ化 夜行観覧車のチームが作ったということで いや、これは面白かった けっこう複雑な原作をドラマ的に面白くしているなぁと けっこう原作と違うところも多いかと 島での過
      • 笑う社会人の生活
      • 2015/04/02 11:32 PM
      公式サイト 2004年12月24日事件当日、希美(榮倉奈々)は、野口(徳井義実)
      • 昼寝の時間
      • 2014/12/25 3:39 PM
      物凄〜く冷静に考えてみたら… 結局、野口夫妻に振り回されて事件に巻き込まれた…という感じ。(^_^;) まぁ「野バラ荘」を守るために西崎達が夫妻に近づかなければ、こんなことにもならなかったと言えばそうなんですけども。 そう考えると、もしもあの時に…とか、ま
      • ドラマ de りんりん
      • 2014/12/23 11:11 PM
      最期に残された謎。2004年のクリスマスに起こり、N作戦II..で、救済しようとしましたが、全ての偶然が重なり(チェーンをかけたりして)、みんなして、それぞれの「Nのために」頑張ったけれど、真相は、広い意味で、セレブ夫妻の異常な愛というか、広い意味で心中だっ
      • のほほん便り
      • 2014/12/22 8:34 AM
      今年もラストスパートの時期ですね。走っておられますか?
      • エリのささやき
      • 2014/12/21 11:52 AM
      『愛の逃避行』まさかの拒絶w 「殺人犯にしたくない」 と、奥さんの罪を引き受けた西崎でしたが……待って待って。 1話からこっち想像していた以上に、君ほんとうに何にもしてい ...
      • ドラマでポン
      • 2014/12/21 1:13 AM
       美しいラストでした。 希美は苦しみから解き放たれ、自由になった。 何も考えず安心して身を委ね、抱きしめられる安心感・・・ 彼女は慎司のそばで穏やかに充実した時間を過ご ...
      • トリ猫家族
      • 2014/12/20 9:56 PM
      TBS系『Nのために』(公式) 第10話/最終回『明かされる事件の真実…N達の未来』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 2004年、事件当日。西崎(小出恵介)は生花店の配達人を装い、野口夫婦のマンションへと向かう。西崎の到着を待つ希美(
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/12/20 9:10 PM
      最終話「明かされる事件の真実…N達の未来」2014年12月19日 2004年12月24日事件当日、希美(榮倉奈々)は、野口(徳井義実)に将棋で安藤(賀来賢人)に勝つための対策を教えている一方で、奈央子(小西真奈美)を守るための“N作戦II"の連れ出し役・西崎(小出
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/12/20 4:49 PM
      あの日伝えられなかった思い。 すれ違った願いに 答えを出そうとは思わない。 けれど、十年という歳月が、答えを導き出そうとしていた。 それぞれが心の底に閉じ込めて、誰にも知られないまま終わるはずだった  その答えを。 Nのために 第10話(最終
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/12/20 1:13 PM
      『明かされる事件の真実…N達の未来』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/12/20 12:43 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten