「Nのために」第6話★野口(徳井義実)はDV夫だった

0
    「Nのために」第6話

    『灼熱バード』を読んだ奈央子(小西真奈美)。
    西崎(小出恵介)の長袖をめくってやけど痕を目に・・・。

    「トリはあなたなんでしょ。かごの中から逃げてきたのね。」

    なにやら尋常ない雰囲気をたたえてる奈央子。
    −◆−

    希美(榮倉奈々)の夢・・・ビルの窓清掃につかうゴンドラに乗る夢を叶えてくれた安藤(賀来賢人)。

    朝日が昇ってきて地平線が望めました。

    希美「凄い、遠くまで見える。やっぱ島とは全然景色が違う。ちゃんと私の足元は、世界の果てまでつながってる。
    何もない狭い世界で人生を終えなくて済む。そう思うのって生きてくエネルギーだよね。」


    安藤「今見えてんのはさ、世界のほんの一部なんだよな。」

    希美「もっと広い世界に出て行くんだもんね。」

    家入レオの「Silly」が被さって、印象的なシーンになりました。
    ここで主題歌を被せたのは効果的だったなぁ・・・。
    −◆−

    野バラ荘の希美の部屋に奈央子(小西真奈美)からドレッサーが届きました。

    ドレッサーには島でのトラウマがある希美は、思わぬ贈り物に戸惑う・・・。

    トラウマに打ち勝とうとしてか「下は見ない。下は見ない。下は見ない。」と繰り返し自分に言い聞かせる奈央子。
    −◆−

    野バラ荘を訪れた奈央子が西崎(小出恵介)に「言葉じゃ言えないような気持ちになったことは、ある? 言葉にできないほどの気持ちをぶつけられたことは、ある?」

    なんだこの雰囲気は・・・。

    自分の衣服を緩めて肩を向きだしてみせる奈央子。
    そこには壮絶な痣が・・・。

    奈央子「私にはある。これは彼の気持ちを受け止めた印なの。」

    わっ!! 野口(徳井義実)ってDV夫だったのかぁ・・・。
    仲睦まじいセレブ夫婦に見えていたのに、衝撃の事実やわぁ!!

    だから奈央子の様子がどこか変だったのね。

    で、西崎(小出恵介)のシャツのボタンを外して胸の傷跡を露わにした奈央子は、その傷をべろりと舐めちゃいます。

    後の場面では、逆に西崎が奈央子の痣を舐める・・・。

    文字通り、傷を舐め合う二人。
    なんか、生々しい。

    こうして同じ秘密を抱える二人は恋におち、急接近していったのでした。
    −◆−

    野口のマンションを訪れた希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)。

    不思議なことに、野口宅のドアには外から掛けるドアチェーンが施されていました。
    中から出られないようにするために・・・。

    これが事件の鍵の一つのようです。
    −◆−

    2014年。
    高野(三浦友和)を呼び出した希美(榮倉奈々)。
    「信じてもらえないかもしれませんが、3年前に胃がんの手術しました。再発して通院しています。」

    高野「がん?」
    希美「仕事を辞めたのは、体が動くうちに身辺整理しておきたかったんです。西崎さんの出所とは関係ありません。」

    「希美ちゃん、病状は? 重いんやね…」
    「余命宣告を受けました。もって一年だそうです。」

    わっ、またもや衝撃の事実!!

    希美「こうして高野さんとお話しできるうちに、私が知ってることを、すべてお話しします。2004年12月24日、あの日に…何があったのか・・・」


    そして希美のモノローグへ
    <残された時間を、あなたを守るために使いたい。あなたが これから幸せであるように。それが人生最後の私の願いだった。>

    次回へ続く・・・。
    −◆−

    以上「Nのために」第6話。

    今回は抜群に面白かったぁ・・・。
    衝撃の事実が明かされて息をのむような展開。

    登場人物、一人一人が生々しくて造形がきっちり出来てるのが素晴らしい。
    ピースが積み上がって事件の核心に近づいていく感じも何とも言えない・・・。

    次週が待ち遠しいです。





    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #54 #53 #52 #51 #50 #49




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2019.12.16 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      公式サイト “水平線を見たい”という野望を持つ希美(榮倉奈々)は、同じ清掃会社で
      • 昼寝の時間
      • 2014/11/29 11:25 PM
      奈央子の行動がちょっと病的に見えるな…と思ってたら、彼女も大変な目に遭ってたのか。 これ共依存だったっけ…。 傷は新しいみたいだし、家の外にチェーンを付けてた異常な状態から想像するに、やっぱり夫の野口? 全然そんな風に見えなかったけど、意外とそういう
      • ドラマ de りんりん
      • 2014/11/24 12:22 AM
      誰にも知られずに相手の罪を半分引き受ける。 相手にも知られずに黙って身を引く。 それが杉下の究極の愛だ。 黙って庇ってやったとかそういうこと? そんなのただの自己満足だろ。 俺だったら 黙ってないで一緒に警察行ってやるよ。 刑務所に入ることに
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/11/22 7:54 PM
       え・・・・安藤がチェーンを?( ̄□ ̄;)  それは嫉妬?誰かが殺されればいいと思っていたの? 西崎と慎司、どちらが死ねばいいと・・・? てか、野口がやろうとしていたこと ...
      • トリ猫家族
      • 2014/11/22 6:34 PM
      第6話「許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白」2014年11月21日 “水平線を見たい”という野望を持つ希美(榮倉奈々)は、同じ清掃会社でアルバイトをする安藤(賀来賢人)に、ビルの窓清掃用のゴンドラに乗せてもらい感動して価値観を変えていく。 そんな中、希美を訪ね
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/11/22 5:57 PM
      『許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/11/22 12:42 PM
      TBS系『Nのために』(公式) 第6話『許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 2003年。西崎(小出恵介)は希美(榮倉奈々)を訪ねてきた奈央子(小西真奈美)と初めて会う。希美は留守で、雨に濡れた奈央子に
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/11/22 10:40 AM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten