「Nのために」第2話★シャーペンを4回ノック

0
    「Nのために」第2話

    今回もヨカッタ。面白かった。

    参考書とかを買いにフェリーで島外に出る成瀬(窪田正孝)と希美(榮倉奈々)。
    本屋を出て、うどん屋デート。

    成瀬は希美を意識してるけど、希美はどうなんやろうか?

    奥手の成瀬を応援したくなる。

    その後、港で腰掛けて話をする爽やかな二人。
    「大人になったらどうなっとるんやろ? 今より楽しいとええな。 成瀬君も私も、幸せやったらええな。」

    今時流行の”壁ドン”なんかより、こういう穏やかな場面にキュンとくるのであります。
    −◆−

    また買い物癖が出た母・早苗(山本未來)はカードで買いまくり。

    カードをコンロで燃やしちゃう希美。

    早苗「ごめんなさい。戻れんてわかっとる。でも、戻りたいんよ。あのおうちに…。」

    山本未來の雰囲気が凄く役にフィットしてるなぁ。
    あのイントネーションが何とも言えない!

    で、返品がきかず、バイトでためたなけなしの貯金を下ろさざるを得なくなった希美(榮倉奈々)。
    自転車をこぎながら心の中で「たすけて…誰かたすけて…」


    学校でも思い詰めていて、シャーペンの芯を4回ノック。
    成瀬に「タ・ス・ケ・テ」と伝えたいんでしょうが、それを口には出来ない希美(榮倉奈々)。

    このシャーペンのシーン、切ないわぁ。
    榮倉奈々も窪田正孝も凄く良い!!
    −◆−

    希美が島外の大学志望であることを知って自暴自棄になる母・早苗(山本未來)。

    道路に飛び出て、未だにあの家は自分の家だと主張する早苗・・・。

    元の家を見つめながら「こんなのもういや、あそこがママのお家なの!帰りたい、帰りたい〜」と泣く母・早苗。

    このイラッとくる雰囲気が堪らない・・・。

    希美は母を抱きしめて「お母さん。もう、あそこには帰れないの!」

    そんな親子の様子を見てしまった成瀬(窪田正孝)。
    −◆−

    白亜の豪邸を前に<あの家が無くなったら、お母さんは泣くのをやめて笑ってくれるん? 家がなくなったら諦めがついて、少しは前向きになってくれるん? なくなれ、なくなれ…。あんな家。>

    ライターのオイルを購入した希美(榮倉奈々)。

    ついに家の周りにオイルを撒く希美。

    気配を察していたのか、成瀬が現れ希美を阻止。

    希美の気持ちが分かるという成瀬。
    思い詰めた雰囲気で「燃やしてしまえば誰にも取られんもんな。大事な場所を自分だけのもんに出来るもんな。」

    希美を犯罪者には出来ないとして成瀬が家に火をつけに行こうとします。

    今度は希美が必死になって成瀬を引き止めます。

    「俺に何ができる?」
    「なんもない・・」


    家のことで問題を抱える若い二人。
    背負い込むには若すぎて可哀想です。
    −◆−

    希美(榮倉奈々)が海の見える高台の四阿で奨学金の書類を整えていると、町で火事。

    成瀬(窪田正孝)の家が燃えています。

    希美が駆けつけると、立ち尽くしている成瀬。

    事情聴取のために彼を連れて行こうとする高野(三浦友和)に、今までと成瀬一緒にいたと嘘をつく希美(榮倉奈々)・・・。

    希美は成瀬の耳元で何か呟きました。
    何を言ったのかな?

    この火事で、成瀬を救いに行こうとした高野の妻・夏恵 (原日出子)は大怪我を負って意識不明に・・・。
    −◆−

    後日、希美と会って話したいという成瀬。

    しかし希美は「私、もう成瀬くんとは話さん。警察に成瀬くんのこと色々聞かれたけん。今まで、ありがとう。」

    成瀬を守るために会わないことにした様子。
    切ない決断。

    電話を切った希美。
    「今まで一緒に居てくれてありがとう。いつも一緒に居てくれて、嬉しかった。」

    二人のバックボーンを思うと、ウルウル来ちゃう。
    −◆−

    高野(三浦友和)が安藤 望(賀来賢人)に話を聞きに行って次回へ続く・・・。

    セレブ夫妻殺人事件にどうつながるのか、この遠回しな感じが堪らなく面白い。
    徐々に積み上がっていく感じが凄く良い。

    窪田正孝の好演が光り、榮倉奈々も役にはまってるし、三浦友和はシブイし、山本未來は苛つかせてくれるし、なんか凄く面白い。

    この時間帯はだいたい駄目ドラマが多いけど、『Nのために』はミステリーとしても面白いし、儚い恋愛ドラマとしてもよく出来ています。

    最後までこの調子で行って欲しいです。






    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #23 #22 #21 #20 #19 #18







    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2019.11.18 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      公式サイト 2000年香川県青景島。東京の大学に進学しようと考える希美(榮倉奈々
      • 昼寝の時間
      • 2014/10/29 5:23 PM
      湊かなえにしては薄くてホッとしながらの2話視聴。死にそうな幼児もいないしw 島暮らしの閉塞感はあるものの人口が少ないのか、そんなに見張られている感はなし。 自宅に放火して ...
      • ドラマでポン
      • 2014/10/27 5:56 PM
      結婚した相手より後に死ぬ。 成瀬くんも私も…いつかは誰かと結婚するんかなあ。 大人になったらどうなっとるんやろ。 今より楽しいとええなぁ。 成瀬くんも私も。 幸せだったらええなあ。 Nのために 第2話       2004年。都内のマンショ
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/10/25 9:12 PM
      第2話「放火事件の謎…許されない罪の共有」2014年10月24日 2000年香川県青景島。東京の大学に進学しようと考える希美(榮倉奈々)は、新聞配達のバイトに励みながら、奨学金制度を受けることが出来ないかと動き始める。一方、成瀬(窪田正孝)は両親が経営する料亭・
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/10/25 8:15 PM
       それぞれが自分の大切なNのために動いた。 苦しみから始まった希美と慎司の絆・・・ でも、それは二人をこの世界の留めておける唯一のものだったのかもしれない。 HPはこち ...
      • トリ猫家族
      • 2014/10/25 6:21 PM
      『放火事件の謎…許されない罪の共有』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/10/25 12:36 PM
      TBS系『Nのために』(公式) 第2話『放火事件の謎…許されない罪の共有』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 2000年、瀬戸内海・青景島。東京の大学を目指す希美(榮倉奈々)は、新聞配達のアルバイトを続けていた。一方、成瀬(窪田正孝)
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/10/25 11:08 AM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten