「マッサン」第20回★『乱れ髪』女は結婚前が一番揺れるんよ!

0
    連続テレビ小説「マッサン」
    第20回
    (10月21日)


    井戸端会議でキャサリン(濱田マリ)から見合い結婚について説明して貰ってるエリー。

    「日本のお見合い結婚は人と人との結婚ちがう。家と家の結婚や。」

    自由恋愛派のキャサリンですが、優子(相武紗季)の見合い相手が波華銀行のエリーと行員だと聞いて目の色が変わっております。

    エリー「お金よりラブでしょ。」

    キャサリン「人間、ラブだけでは生きて行かれへんねん。」
    −◆−

    エリーが見合い写真を片手にして優子(相武紗季)に話しかけます。

    「優子さん、この人と結婚する?」
    優子「家柄もお勤め先も一流。いずれは、うちの会社を継ぐ事も約束してくれてる。断る理由、一つもないやろ。」

    思いっきり、家の都合やねぇ。

    エリー「優子さん。本当は、お見合いしたくないんじゃない?」

    少し戸惑いを見せた優子は「何でそう思うの? もう決めたの。うちはその人と一緒になって、幸せになる。」と自分に言い聞かせるように述べました。

    優子さん、気丈にしてるけどエリーには本心が見えてる?
    −◆−

    マッサンのウイスキー造りも一時中断。
    太陽ワインの安全性を証明する実験にかりだされていました。

    ウヰスキー研究室で真剣に実験をしているマッサンのもとにエリーがやって来て「マッサン! マッサン! 優子さん、お見合い。」

    思いっきり実験作業の邪魔になっております。
    エリー、仕事の邪魔したらあかんわ。公私混同じゃよ。
    小生はちょっとイラッときちゃった。

    それでもエリーは「どうしよう?」
    マッサン「どうしよう言われても…。」

    35度の温度の中、各社のワインを日差しに当ててあったうちの1本がボンッ!!

    驚くエリー。

    「おお、おお、よっしゃ! これでええど!」

    ボンッ! 次々と他社のワインが爆発。

    今ならこの様子を動画に撮影できるのに、そうはいかないあの時代。
    実験テーブルごと移動して鴨居社長(堤真一)に実験結果を見て貰います。

    マッサン「住吉酒造が誇る、ろ過装置を通して造られた葡萄酒は、酵母は除去され、更に、火入れした加熱処理によって、残留酵母は100%ありません! 当然、住吉酒造で造った太陽ワインも同様言う訳です。」

    小渕前大臣も「やましいことは100%ありません!」と言いたかったろうなぁ。
        
    鴨居社長、いつもの調子で「これではっきり、安全宣言できるんやな? 太陽ワインは、安心安全やて胸張ってええんやな?」

    マッサン「はい! 住吉酒造が作った太陽ワインは、安心安全! 絶対中身に問題はありゃぁせん!」
    鴨居社長「よっしゃ! ほな、行こか?」

    マッサン「一体どこに?」
    鴨居社長は「行けばわかる。」

    マッサンを自動車の乗せてどこかへ走り去ってゆきました。
    −◆−

    賄いを食べながら優子の噂話している好子(江口のりこ)たち・・・。

    好子「乙女心は揺れまくるからね。」
    池田「好子さん、乙女心分かるんですか?」

    好子が優子のふりをして「お見合いなんて、嫌!やっぱりマッサンが好き!」
        
    池田「まさか与謝野晶子やあるまいし。」
    好子「きっと読んでるで、『みだれ髪』。女は結婚前が一番揺れるんよ!」

    案の定、与謝野晶子の歌集『みだれ髪』をこっそり読んでる優子(相武紗季)。
    あの本、発行当時の「表紙」を再現しているのかな。
    −◆−

    で、あるとき優子は『ゴンドラの歌』を歌いながら庭に水まき。

    「いのち短し 恋せよ乙女〜♪ 朱き唇 褪せぬ間に〜♪」
         
    エリーが声を掛けると「もうやめる。こんな歌うとてたら、泣きたなるわ。」

    気丈に見えるけど、内心泣きたい気持ちなのかぁ・・・。

    エリー「お見合い…本当は、したくない?」

    優子「エリーさんが思てるとおり、うちはまだ、結婚なんかしたないんよ。そやけど、うちは、この家の一人娘やから。婿さんもろて、この家を継ぐのは、うちの仕事。」

    縁側でエリー「仕事って?」
    優子「ほんまは、他の仕事もしたかってんけどな。」

    エリー「どんな仕事?」
    優子「英文タイピスト。英語をもっと勉強せなあかんのやけど。」

    優子が英語を話せると知って驚くエリー。
        
    優子「あかんあかん。エリーさんには、ちゃんと自分の仕事せなあかんて言うたくせに。自分がこんなんやったら、情けないわ…。」と憂い顔。

    優子の横に座ったエリーはシンプルに「結婚したくないなら、結婚しない方がイイ。」
    優子「羨ましいな、エリーさんが。」

    <エリーは思いました。日本の女性の結婚って、本当にムズカシイ。>
    −◆−

    以上、優子(相武紗季)の作り笑顔や憂い顔など、表情の変化が見所だった『マッサン』第20話でした。

    鴨居社長(堤真一)や好子(江口のりこ)の会話はそれなりに面白いんだけど、クスッと笑えるシーンをもう少し増やしてもらえる方が小生の好みに合うんだけどなぁ・・・。

    今のところネガティブな感想は湧いていませんが、かといってポジティブな感想が沸き上がってくるほどでもありません。



    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #21 #19 #18 #17 #16









    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2019.10.22 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      マッサン&エリーの家 いつも出入りしている門の左側に屋根があるので そこに昔風の木の門でもあるのかと勝手に思ってたら 何と…井戸だった 今日はバッチリ映ってたね え?以前にも映ってた? 気付かなかったのは私だけ? 公式HPに行って見たら
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/10/22 11:45 AM
      マッサン&エリーの家いつも出入りしている門の左側に屋根があるのでそこに昔風の木の門でもあるのかと勝手に思ってたら何と…井戸だった今日はバッチリ映ってたねえ?以前に...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/10/22 11:44 AM
      次々に返品される太陽ワインの安全性を証明すべく実験に励むマッサン (玉山鉄二)。 一方、エリー(シャーロット)は優子(相武紗季)に見合いへの意思を問う。 実験によりようやく証明できた太陽ワインの安全性の説明を聞いた鴨居 (堤真一)は、マッサンを連れ得意先
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/10/22 2:19 AM
      命短し、恋せよ乙女〜 優子さん、やっぱり結婚したくないんですね。どうなるのかな? 井戸端会議がほんとに井戸端でやってるとこも注目やわw マッサンは、爆発実験完成させたけど、鴨居の大将は何をするのかしらw
      • シフォンなキモチ
      • 2014/10/21 8:57 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第4週『破れ鍋に綴じ蓋』【第20回】の感想。 次々に返品される太陽ワインの安全性を証明すべく実験に励むマッサン(玉山鉄二)。一方、エリー(シャーロット)は優子(相武紗季)に見合いへの意思を問う。実験によ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/10/21 12:06 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten