信長協奏曲(コンツェルト)第2話★斎藤道三(西田敏行)!!

0
    信長協奏曲(コンツェルト)第2話

    小生は原作コミックもアニメ版も知らないので、予備知識もゼロ。
    −◆−

    斎藤道三(西田敏行)と会談を申し込んできました。

    信長「絶対嫌だ!」

    恒興「会見を断れば逆鱗に触れ、殿は斬り殺されます。」

    信長「どっか遠くに逃げちゃえば良いでしょ」

    恒興「無駄です。道三殿は地の果てまで殿を追いかけてきます。そして殿は斬り殺されます。」

    信長「斬り殺されます、斬り殺されますって連呼しないでよ。」

    会話のテンポが良いから可笑しい。
    −◆−

    会見に臨む衣装がなかなか決まらない信長。

    派手目の衣装を試着した信長。

    恒興「派手すぎます。」
    柴田勝家「まぶしいと言われ、戦になるでしょう。」

    濃い灰色の衣装を試着。

    恒興「地味すぎます。」
    勝家「辛気くさいと言われ、戦になるでしょう。」

    明るいグレーの衣装を試着。

    恒興「平凡すぎます。」
    勝家「特徴がなさ過ぎて、確実に戦になるでしょう。」

    またまた”被せ”の手法を使った会話がオモロイ。
    −◆−

    結局、信長(小栗旬)が選んだ正装は「学生服」

    一目見た斎藤道三(西田敏行)が一旦引っ込んでから着替えてくると、なんと巡査姿!!!

    実は彼も1972年からタイムスリップしてきていたのです。

    道三「もう人類は月に住んでますか?」
    信長「普通に地球暮らしです。」

    道三「車は、もう空飛ぶような車、出てますか?」
    信長「逆にエコまっしぐらです。」

    どうやら斎藤道三(西田敏行)の頭にある21世紀は”手塚治虫”が描いたような未来像そのもの。

    1972年からタイムスリップってことは、1975年の大阪万博も見られずに戦国時代に飛んで来ちゃったわけかぁ・・。

    せめて大阪万博に行けば未来を体感できたのになぁ。

    というわけで、西田敏行と信長の会見が面白かった。

    で、会見後に斎藤道三(西田敏行)は「偽物かぁ、じゃあもう用はねぇな」

    これがどういう意味か、あとで分かる仕組みになってました。
    −◆−

    帰蝶(柴咲コウ)に武田の妾になれと迫る道三(西田敏行)。

    さもなくば尾張を滅ぼすとまで言う有様。

    これまでも帰蝶を長屋家に人質に出し、織田家に嫁がせ、そして今度は武田へ行けという理不尽さ。
    故に帰蝶の心は道三から離れてしまい反発のみ・・・。

    しかし、道三の行いには訳があったのです。

    この乱世を帰蝶(柴咲コウ)が無事に生きてゆけるようにと、天下を盗る武将に嫁がせようとする親心だったのです。

    だから偽物の信長に嫁がせても仕方が無いと思い「偽物かぁ、じゃあもう用はねぇな」という言葉になったのでした。

    巧いこと出来たエピソードですねぇ。
    −◆−

    さらには、織田家などから家臣の名がずらりと示された台帳が奪われる”事件”についてもちゃんとした理由がありました。

    道三(西田敏行)が台帳を間者に奪わせ、そこに天下人となる徳川家康豊臣秀吉の名を探していたのです。

    これももちろん帰蝶(柴咲コウ)のためのこと・・・。

    「台帳紛失事件」のオチがよく出来ているわ。
    −◆−

    義龍(新井浩文)が謀反を起こします。

    信長(小栗旬)が家臣を説得して救援に駆けつけますが、道三(西田敏行)を救うことは出来ませんでした。

    かろうじて道三の家臣がことづかった文を受け取ることが出来ました。

    そこには<わしは勘違いをしていたようだ。史実通りお前がわしの援軍に来たと知り確信した。
    お前は偽者の信長ではない。お前こそが歴史に名を残す信長だったのだな。帰蝶を頼む。
    歴史はお前の手で切り開け。お前なら運命をも越えて行ける。>


    なんか沁みるなぁ・・・。
    −◆−

    前回、織田信秀を殺害した間者が馬番に化けて織田家に潜入してきました。

    名を問われて「木下藤吉郎にござります」

    わちゃ〜〜〜。
    前回は明智光秀に驚かされ、今回は木下藤吉郎=秀吉の名が・・・。

    巧い造りになってるなぁ。
    −◆−

    竹中半兵衛(藤木直人)と徳川家康(濱田岳)もちょっぴり顔出しして次回へ続く・・・。

    斎藤道三(西田敏行)がなぜ帰蝶(柴咲コウ)に冷たい仕打ちをしてきたのか、なぜ台長がなくなるのか、その答えがちゃんと用意されていたので納得の『信長協奏曲』第2話でした。

    面白かったです。




    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #19 #18 #17 #16 #15 #14







    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.09.20 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ・SAKURA 事件を聞く女第1話 表向きは生活安全課の警察官水沢桜@仲間由紀恵が 特命を受けると潜入捜査を開始、 人々の声を聞き取りながら難事件を解決していく話。 第1話を観ましたが、リタイアです。 面白かった方、ごめんなさい。 仲間由紀恵ファンが仲間由紀恵の
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/10/24 2:46 AM
      サブタイトルから、タイムスリップしてきてる人物がもう一人いるのか〜と思いながら観てましたが、西田敏行さん演じる「斎藤道三」だったんですね。 そして警察官…。 着物の柄一つで戦になるやも…な前フリだったので、一体信長はどんな着物を選ぶのかと思ったら
      • ドラマ de りんりん
      • 2014/10/22 8:41 PM
      当初、マムシの道三に西田敏行がキャスティングされてるのが、斬新だなぁ、と感じたのですが、まさか、こういうオチというか、大胆展開だったとは!タイムスリップものは数あれど、ダブルとはね (^^;)実は、斉藤道三(西田敏行)はタイムスリップの先輩。会見にあたり
      • のほほん便り
      • 2014/10/22 7:53 AM
      「信長協奏曲」第2話はサブローは信長として装う。しかし今度は斉藤道三と会見する事となりさすがにサブローも怖気づく。しかしサブローは覚悟を決めて学生服で道三と会見するが ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2014/10/21 10:57 PM
      第2話「学生服vs警官制服!!奇跡の出会いが、運命を変える!!」10.20 ONAIR 15分拡大。夜10時09分まで放送 戦国時代に迷い込んだサブロー(小栗旬)は、織田信長(小栗旬・二役)に容姿がそっくりなことを理由に身代わりを頼まれてしまう。折しも織田家は家督争いの真
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/10/21 7:35 PM
      ひと肌脱ぐ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410210000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】信長協奏曲天下布武之帳 [ 石井あゆみ ]価格:907円(税込、送料込)
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2014/10/21 4:26 PM
      織田信長として織田家当主となったサブロー(小栗旬)は、お城に務める人たちの名簿の確認を恒興(向井理)の頼まれてやっていましたが、あまりの人数に嫌気がさしてさぼっていたところに、妻・帰蝶(柴咲コウ)がやって来て、いつものごとくサブローをうつけ呼ばわりす
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2014/10/21 1:09 PM
      『学生服vs警官制服!!奇跡の出会いが運命を変える!!』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/10/21 12:46 PM
      あいつは俺たちと一緒なんだよ。 いきなり 知らない土地に嫁に行かされて、たった 一人で自分の生きる場所 見つけなきゃなんないってタイムスリップした俺たちと一緒だと思わない? 気持ちぐらい分かんでしょ? 信長協奏曲(コンツェルト) 第2話「サブロー初
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/10/21 12:01 PM
      上手いですね〜。『JIN』を思い出しますわぁ。。。歴史音痴な私でさえも感心したもんですけどね、今回はその当時より分かりやすい。大河のお陰かしらん(笑)貴一ちゃんの『武田信玄』の頃、信玄の里・山梨へお泊りツアーにも参加したのですよ。母親が大河を見てまして、
      • 美容師は見た…
      • 2014/10/21 11:54 AM
      フジテレビ系『信長協奏曲』(公式) 第2話/15分拡大『学生服vs警官制服!!奇跡の出会いが、運命を変える!!』の感想。 なお、原作:石井あゆみ『信長協奏曲 (小学館)』は未読。 「美濃のマムシ」と恐れられる帰蝶(柴咲コウ)の父・道三(西田敏行)から会見
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/10/21 9:50 AM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten