「花子とアン」第152回★かよはマリラ、蓮様は慟哭

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第152回〜最終週・曲り角の先に〜
    (9月23日)


    かよの店に逃げ込んできた戦災孤児のことを話す村岡家の面々。

    美里「かわいそう…。何かしてあげられる事はないのかしら。」

    常日頃からセレブ家庭みたいな丁寧語をしゃべる美里と、可哀想な幸子(木村心結)と育子(新井美羽)のギャップ感がデカイわぁ。

    小生はひねくれ者の庶民なので、嫌味なほど言葉遣いが丁寧すぎる美里(岩崎未来)は苦手であります。

    性格が良すぎる点と合わせて、なんかイラッとします。
    −◆−

    かよが戦災孤児の姉妹を引き取るつもりだと言いだしたので、花子は闇市に駆けつけ、かよに真意を問います。

    かよは「これから先何が起きようと引き受ける覚悟は出来てる。あの子たちさえよければ私引き取りたい。」と決意を述べ、さらに「世の中を渡っていくにはそれぞれ割り当てられた苦労をしなきゃいけないって最近よく思うの。お姉やんには子どもたちに夢を与える仕事があるしももは家族のために頑張ってる。私はこれまで自分のためだけに生きてきたけど今度はあの子たちのために何か役に立ちたいの。」

    すると花子は「ゴリラみたい。『PLANET OF THE APES/猿の惑星』に出てくるの」・・なんてことを言うはずがなく、本当は「マリラみたい。『Anne of Green Gables』に出てくるの。みなしごのアンを引き取って育てるのよ。それを決心した時マリラはこう言うの。「My time has come at last」。ついに番が来たという意味よ。」

    花子の言葉で勢いづいたかよは「そう…。ついに私の番が来たの。」

    花子「かよがそこまで覚悟してるなら応援するわ。」

    なんか、強引に『赤毛のアン』に結びつくエピソードを作り上げちゃった感じですねぇ・・・。

    最終週に、この戦災孤児エピソードを突っ込む必然性はさほどじゃない気がしました。
    (「良い話」にケチを付ける小生は、性格が歪んでる?)
    −◆−

    村岡家に宮本龍一(中島歩)がやって来て、蓮子(仲間由紀恵)の窮状を述べます。

    「蓮子はずっとふさぎ込んでいて…。歌を詠む気力すらなくなってしまって…。戻ってきた遺骨を見てもまだ純平の死を受け止められないんです。もうどうしてやればいいか僕には分からなくて…。蓮子を立ち直らせる事ができるのは花子さんだけです。ずっとうつろだった蓮子が一度だけ感情を取り戻した事があったんです。ラジオから流れる花子さんの声を聞いた時です。お願いします!蓮子に会ってやって下さい!お願いします!」

    英治も花子を促し、花子は蓮子のもとを訪ねます。
    −◆−

    宮本家に到着した花子。
    「蓮様。」
    「はなちゃん…。」

    「純平君のお参りさせて頂いても?」

    蓮子は遺骨の入った骨箱をガタガタ揺らして「信じられる?これが純平ですって…。」

    大事な純平の遺骨を、そんな風にぞんざいに扱うって、蓮様かなり精神的に来てるわ。

    花子はラジオ放送の件を謝罪。
    「私は純平君や大勢の子どもたちを戦地へ駆り立てた。お国のために命をささげなさいとラジオで語りかけて…。」

    蓮子「やめてはなちゃん!あなたにはあんな事言ったけれど時代の波にのみ込まれたのは私も同じなの。この子を守ってやれなかった…。私…戦地へ行く純平を笑顔で送り出したのよ。『武運長久を祈っています』と…。」

    蓮子は泣きながら「お国のために命を取られるくらいなら一緒に連れて逃げればよかった。この子を殺されるくらいなら…。」

    蓮子の慟哭に、全国の蓮様ファン、全国の仲間由紀恵ファンは反応したんだろうなぁ・・・。
    −◆−

    こんな感じで、かよとマリラを重ね合わせ、蓮子が号泣した『花子とアン』第152話でした。

    民放のドラマで数字を撮れなくなって「人気凋落」と言われ、さらに「激太り」「劣化」など、ネガティブな形容ばかりがされはじめていた仲間由紀恵をリサイクルして、紅白司会者の噂まで出るに到らしめたのですから「蓮様」というキャラは一般ウケしたんですねぇ。

    小生は、『花子とアン』の脚本は好みではありませんが、仲間由紀恵人気を復活させたのは中園ミホさんのお手柄なのかなぁ・・・。














    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.10.24 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      蓮様…純平君の死を信じたくないからといって何も…骨箱を振らなくても(^^;)…ひじゅにですが何か?「マリラみたい」by花子良作でも駄作でも好きでも嫌いでも割と淡...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/09/24 1:26 PM
      蓮様… 純平君の死を信じたくないからといって 何も… 骨箱を振らなくても(^^;) …ひじゅにですが何か? 「マリラみたい」by花子 良作でも駄作でも 好きでも嫌いでも 割と淡々と最終回を迎える私なのだが 今日のこの↑台詞に
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/09/24 1:25 PM
      警官に追われて逃げ込んできた戦災孤児の二人をとっさにかくまったかよ (黒木華)と花子(吉高由里子)。 幸子(木村心結)と育子(新井美羽)と名乗る姉妹がすっかりお腹をすかせて いるのを見て、かよはおむすびを食べさせてやる。 数日後、村岡家で花子が英治
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/09/23 1:18 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第26週『曲がり角の先に』【第152回】の感想。 なお、本作は8/26にクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重隅突きはウザいと思
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/09/23 11:23 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten