「花子とアン」第138回★有馬アナ(堀部圭亮)の矜持

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第138回
    (9月6日)


    1941年(昭和16年)12月8日。
    <日本は太平洋戦争へと突入したのでした。>

    カフェ・タイムではラジオのチャイムが鳴って「臨時ニュースを申し上げます。帝国海軍はハワイ方面のアメリカ艦隊ならびに航空兵力に対し決死の大空襲を敢行しシンガポールその他をも大爆撃しました。」

    客一同「万歳!万歳!祝いだ祝い!こっちも酒頼む!」

    この光景を見て、この前の蓮子のセリフを思い出しました。
    <なぜみなさん、あんな風に一色(ひといろ)になれるのかしら?>

    あの時代に居たら、小生も一色に染まったかもしれないから単純にあの時代の人を非難出来る気がしない。
    −◆−

    村岡家でもラジオに齧りつく面々。

    花子「私やっぱりJOAKに行ってくるわ。」

    英治「えっ…今日はいいって言われたんだろ?」
    花子「でもひょっとしたら『コドモの新聞』の放送をやるかもしれないから。」

    来なくて良いって言われてるのに・・・。
    あまり行動を起こさない受け身のヒロインが珍しく動きました。
    (ここで家にとどまっていたらドラマにならないし・・・)
    −◆−

    花子がラジオ局に行くと、殺気立った雰囲気で喧噪に包まれています。

    花子が居ることが場違いな感じさえします。

    騒々しい廊下で黒沢と漆原に出会った花子。
    「今日の『コドモの新聞』の放送はどうなるんでしょう?」

    黒沢「内閣情報局の方でその時間帯に重要な放送をする事が決定しましたので『コドモの新聞』の放送は見合わせます。」

    男尊女卑キャラの漆原は「アメリカイギリス軍と戦闘状態に入ったという事は非常に勇ましいニュースですからいらっしゃらなくて結構と申し上げたんです。これほど重要なニュースを女の声で伝えるのはよろしくありませんから。」

    まさか2014年に「女性活躍大臣」などというポストが出来るとは予想もしていない漆原部長(岩松了)であります。
    −◆−

    情報局情報課長の進藤(信太昌之)という禿頭の男が部下を引き連れて現れ、進藤が自ら原稿を読むことになってる様子。

    マイクの前に座った進藤に有馬アナ(堀部圭亮)が「僭越ながら原稿は抑揚をつけず淡々とお読み下さい。発音滑舌に特に注意を払ってお読み頂くとよろしいかと思います。」

    しかし進藤の部下が有馬アナの両脇を抱えるようにして廊下に連れ出してしまいました。
    −◆−

    村岡家でラジオ前に集まってる面々。

    もも「そろそろ6時ね。」
    無邪気な美里がニコニコ顔で「お母様今日は何のお話するのかな?」

    英治「今日はお母様のお話はないみたいだ。」
    美里「えっ?だってお母様ラジオ局へ行ったんでしょう?」
    −◆−

    チャイムが鳴って、いよいよ情報局・進藤による放送が始まりました。

    「国民の方々ラジオの前にお集まり下さい。いよいよその時が来ました。国民総進軍の時が来ました。政府と国民ががっちりと一つになり1億の国民が互いに手を取り互いに助け合って進まなければなりません!」云々と、勇ましい話で国民を煽り立てます。

    甲府では吉平(伊原剛志)たち、宮本家では蓮子(仲間由紀恵)たちが耳をそばだてて放送に聞き入っております。

    蓮子と龍一、怖い顔。
    純平は興奮してる?

    調整室で放送を聞いている有馬アナが「あんな…雄たけびを上げるかのように原稿を読んで…。原稿を読む人間が感情を入れてはいけない。それをあんな、一方的に押しつけるような…。今日から、ラジオ放送の在り方は変わってしまう…。」と苦渋の表情。

    プロのアナウンサーが思う放送の在り方への矜持が滲みます。

    常日頃から花子に厳しく接していたのは、花子が嫌いだったのではなく、プロフェッショナルとしての思い入れだったんですねぇ・・・。

    で、進藤の放送は続いています。
    「国民一つになって総進軍致しますところ烏合の衆である敵はいかに大敵でありましても断じて恐るるところはありません!」

    茶坊主の漆原が放送を終えた進藤に「すばらしい放送でした。」とお追従の言葉。

    で、花子と廊下で出会ったので進藤課長に「こちらは子ども向けの番組を担当する村岡花子女史です。」

    進藤「国論統一のために今後一層ラジオ放送は重要になります。放送を通じて子どもたちをよき少国民へと導く事を期待します。」
    −◆−

    直後、花子は「今日限りで『コドモの新聞』を辞めさせて頂きます。私の口から戦争のニュースを子どもたちに放送する事はできません。」

    やっと朝ドラヒロインらしくなってきた!?

    「たった今情報局情報課長からあんなにありがたいお言葉を賜ったばかりでしょうが!」

    花子「それで決心がつきました。」

    漆原「お辞め下さって結構です。ラジオを通じて国民の心を一つにしようという時に…。あなたは所詮『ごきげんよう』のおばさんだ!」

    花子は有馬アナに「有馬さん。後をお願いします。」

    有馬「私は感情を込めず、正しい発音滑舌に注意して、一字一句正確に原稿を読み続けます。」と職人的な発言。
    (異様に芝居じみた口調でコメントする古館キャスターとは真逆)
    −◆−

    黒沢がファンレターを持ってきて「これ持っていらして下さい。村岡先生宛てに届いた子どもたちからの手紙です。お考えは変わりませんか?」

    翻意することない花子は「9年間お世話になりました。」

    せいぜい1年くらいにしか思えないけど、タイムスリップしながらもう「9年」も経ってたのね。

    <日本はとうとう大きな曲がり角を曲がってしまいました。ごきげんよう。さようなら。>
    −◆−

    こんな感じだった『花子とアン』第138話。

    はじめて有馬というアナウンサーの心意気が垣間見えてちょっぴり格好良かった。

    『Anne of Green Gables』は早くも埋没気味!?















    ・ふるさと納税〜総務省HP






    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      昨日の脚本家in『あさイチ』が物議を醸している と聞いたので ネット検索してみた チラッと見ただけでも批判の嵐(笑) 今迄は朝ドラがダメダメ化してくると NHK上層部からの余計な干渉があるからじゃ… という疑いが真っ先に上がってきたりしたけど そん
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/09/07 9:45 PM
      昨日の脚本家in『あさイチ』が物議を醸していると聞いたのでネット検索してみたチラッと見ただけでも批判の嵐(笑)今迄は朝ドラがダメダメ化してくるとNHK上層部からの余計な干渉が...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/09/07 9:44 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第23週『アンとの出会い』【第138回】の感想。 なお、本作は8/26にクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重隅突きはウザいと思
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/09/07 7:43 PM
      1941年(昭和16年)12月8日。 ラジオから流れる日米開戦のニュースに花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)は がく然とする。 旭(金井勇太)、もも(土屋太鳳)や近所の人が大勢村岡家へつめかけ、ラジオの 前で次のニュースを待つ。 やがて「緒戦は日本大勝利
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/09/06 3:12 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten