ドラマ10「聖女」第2回★肘井基子(広末涼子)と面会

0
    ドラマ10「聖女」第2回
    〜愛を乞う女〜


    結婚が決まっている晴樹(永山絢斗)と泉美(蓮佛美沙子)は良い感じでイチャイチャしていて、ほほえましいほどラブラブ。

    この時点ではまだ基子(広末涼子)の影響を受けていない二人。
    −◆−

    基子(広末涼子)への差し入れを拘置所に持って行った晴樹。

    晴樹は、まるで初めて会ったように自己紹介。

    最初は事務的に会話する基子(広末涼子)でしたが、晴樹が帰ろうとしたとき「驚いた、弁護士さんになってたなんて。今いくつになったの?お母様はお元気?」

    晴樹は「僕は肘井基子さんという女性とは会ったことがありません。」と突き放します。

    基子は感情を抑えながら「そうね、でも、嬉しいの。晴樹君がこんなに立派になってたなんて。」

    目が合った晴樹と基子
    徐々に感情が高ぶり始めた基子は「ごめんなさい、嬉しいなんて言って。でも嬉しいの。凄くうれしいの。私、私、ずっとあなたに会いたかった。私・・・」

    激高した晴樹が台を叩いて「何を言ってるんですか!!! あなたという存在は全て嘘だった。内藤あかねという人物でも、小沢まりあという人物でも、山の手女子大学の生徒ですらなかった。何もかも騙した上で僕の前から姿を消したんです。違いますか!?」

    ”まりあ”って偽名は、もしかして聖母マリア様を意識してたんだろうか?

    基子「認めるわ。そのとおり、私は嘘をついた。色んな人に嘘をついて、近づいて、つきあって、お金を援助して貰ったこともある。それで人が私のことを悪女だって呼ぶならそんなの全然構わない。でも、あなたには、・・・あなたはまだ、私を何も知らない。知らないくせに・・・。」と涙し始めます。

    さらに感情を高ぶらせ「だって、私の何がいけないのよ。私は人を殺したりなんかしてない!誰も殺してない!!私が殺せるわけないじゃない!!! だって、こんなのひどすぎる!なんでこんなことに・・・こんなところで晴樹君に会いたくなんてなかった。」

    看守に連れて行かれる基子。
    基子と去り際に「先生」と声を掛けた晴樹。

    基子は晴樹を見つめて「今は、あなたが先生でしょ。どうする、私を信じる?」

    晴樹が基子を「先生」と呼んだのは、その瞬間、かつて彼女を愛した10年前に思考が戻ったってことかなぁ・・・。

    基子を見送った晴樹のモノローグ<今まで、取調や接見の際に肘井基子が取り乱したり、大声を出したという記録は一度も無い。そんな彼女が今、確かに心を乱していた。いや、目の前で見たこの涙や言葉さえも嘘なのだろうか?>

    「ずっとあなたに会いたかった。」「どうする、私を信じる?」云々という基子の言葉が耳に残る晴樹。

    とにかく、晴樹は肘井基子(広末涼子)から何らかの影響を受け、心かき乱されちゃった様子。
    本能的に惹かれるモノがあるのか?

    で、肘井基子の言葉がどこまで真実なのか、はたまた嘘なのかも分からず、見てるこっちも惑わされるような場面でした。
    −◆−

    晴樹は基子と知り合いだったことを前原(岸部一徳)らにカミングアウト。
    恋心を抱いて一度だけ関係を持ったことだけは伏せていますが・・・。

    そのことから、晴樹も基子弁護のサブとして付くことになりました。
    −◆−

    泉美(蓮佛美沙子)と結婚式の相談の約束をしていたのに、基が急に面会を求めてきてドタキャン。
    そんな泉美は、晴樹の母の話から、晴樹と基子が知り合いだったことを知った様子。

    2階では引きこもりの兄・克樹(青柳翔)が様子をうかがってる。

    この克樹の存在も謎やなぁ・・・。
    −◆−

    前原(岸部一徳)黒坂(田畑智子)と晴樹が拘置所に・・・。

    事件の背景について素直に話し始める基子(広末涼子)。
    自分は子供の頃から貧乏で、幼い頃からお金に執着心があったと言います。

    男性から貰ったお金で生計を立てていたこともあっさり認め「幸いなことにお金を出したいとおっしゃる男性はたくさんおられましたから。そのことで私を”悪女”のようにおっしゃる方がいらっしゃるようですけど、恋愛する相手がキチンと稼げる人間かどうか見定めるのは女性ならよくあることじゃないでしょうか。」と開き直ったような発言。

    言葉上は、いかにも悪女っぽい。

    さらに経歴詐称して交際したことも認める基子ですが「そのことと殺人は繋がりません。お金を頂いていたのも詐欺じゃありません。おつきあいした皆さんが最初から了承していたことです。これが私なりの恋愛の形だっただけです。」と容疑を全面否定。

    前原「金銭目的以外では、今まで誰も愛したことが無い?」

    最初は「はい」と答えた基子でしたが「いいえ、一人だけ・・・一人だけ愛してしまったことがあります。と言い直します。

    動揺する晴樹。

    自分にとっては「愛」と「欲」の違いが無いのだとと説明し始めた基子。
    その上で「ただ一人だけ、欲という気持ちでは割り切れない男性が居ました。それが愛なのかもしれないと。そのとき初めて思いました。」

    黙って話を聞いている晴樹。

    基子「私の中ではあり得ない感情でした。だからこれ以上彼を好きになってしまったら、アイデンティティーに関わると判断して自分から離れました。」

    これが10年前に晴樹の前から姿を消した真相か??

    晴樹と目を合わせる基子。
    目を伏せる晴樹。

    互いに凄く意識し合ってる。
    危険な香りが・・・。

    −◆−

    基子の弁護で忙しくなり、すれ違いが増える泉美(蓮佛美沙子)と晴樹。

    泉美は基子を意識して余計にすきま風が生じ始めた??
    あれだけ順調だった二人なのに・・・。

    で、引きこもりの克樹(青柳翔)は泉美を盗撮!?

    何が目的??
    −◆−

    拘置所で母・雅恵(安藤玉恵)の写真に語りかける基子(広末涼子)。
    「お母さん、私ね。ここを出ることができたら、今度こそ聖女になるの。強くて、気高くて、誰にも汚されることの無い、お母さんの言ってたような、そういう女に。きっと今度こそ・・・。」

    何を意味しているのか、今の時点では掴み所がない・・・。
    −◆−

    以上『聖女』第2話でした。
    広末って、独特の雰囲気もってますねぇ。
       
    で、拘置所での面会など印象的なシーンがある一方で、展開が遅くて辛気くさい面もありました。

    面白いのか面白くないのか、まだハッキリ分かりませんから、もう少し様子見かなぁ・・・。



    ◇◆◇ 「聖女」感想 ◇◆◇
    #7(終) #6 #5 #4 #3 #1


    ◇◆◇ マッサン感想 ◇◆◇
    #9 #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2017.03.12 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      1: 公共放送名無しさん:2014/09/01(月) 18:44:43.09 ID:zU9K7SKx.net 女優の広末涼子が千葉県南房総市を旅する後編。 お昼ごはんを求めて街を歩く広末が様々な出会いに驚く。 鶴瓶は、うちわ職人 ...
      • まとめサイト(ブログ)
      • 2014/09/02 12:45 PM
       晴樹(永山絢斗)に気づいた肘井基子(広末涼子)は前原総合法律事務所に弁護の依頼をしてきた。 うちのような弱小弁護新事務所になんで?と思いつつも、マスコミも注目するこ ...
      • トリ猫家族
      • 2014/08/27 7:28 PM
      『芙蓉の人〜富士山頂の妻』(ふようのひと・ふじさんちょうのつま)は、2014年7月26日から毎週土曜21:00 - 22:00、全6回「土曜ドラマ」にて放送中。 概要 “芙蓉峰”と呼ばれる富士山を舞台に、厳冬期の富士山観測に挑んだ民間の気象学者と、その妻を描いた「芙蓉の
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/08/27 6:01 PM
      どこまで話すのかとつい焦ったわ〜(爆
      • エリのささやき
      • 2014/08/27 5:11 PM
      NHK総合ドラマ10『聖女』(公式) 第2話『愛を乞う女』ラテ欄『私は殺してない!』の感想。 連続殺人の容疑者・基子(広末涼子)の弁護を、晴樹(永山絢斗)の事務所の前原(岸部一徳)と黒坂(田畑智子)が担当することになった。だが、基子は事件について何
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/08/27 10:07 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten