大阪桐蔭15−9敦賀気比★猛烈、打撃戦!

0
    第96回全国高校野球選手権大会「準決勝」

    大阪桐蔭15−9敦賀気比


    初回に満塁弾を食らって0−5になったときは、さすがの大阪桐蔭も負けたと思っちゃった。

    ところがその裏、先頭の中村キャプテンが先頭打者弾を放って反撃開始。
    この回、3点奪って試合は分からなくなった。

    シュンとならずに反撃していく精神力が凄いわ。
    −◆−

    その後も空中戦。
    両軍、スィングが速い。
    敦賀気比は、6秒に1回のペースで1時間もスィングし続ける練習をしてるんだそうな・・・。
    −◆−

    4回に大阪桐蔭が5点取って逆転したけど、「この試合は15点勝負」って印象。

    案の定、5回に敦賀気比が2点返して10−8の2点差。

    6回に大阪桐蔭が3点取って駄目押しにかかるけど、7回に1点取ってすがりついてくる敦賀気比。

    ヒット数では敦賀気比が上回っていて、何が起きてもおかしくない雰囲気。
    −◆−

    敦賀気比は最終回も走者を出しましたが、大阪桐蔭の投手・福島君が160球投げきって逃げ切り。

    福島君、よく投げきったわ。
    15安打食らって9失点でも粘り強く完投したんだから頭が下がります。

    普通は、あれだけ打たれたら頭真っ白で「白旗」状態だろうに、根気強い!
    −◆−

    というわけで、まれに見る打撃戦を制して、我が故郷代表の大阪桐蔭が決勝に進出。

    辻内(元巨人)、平田(中日)、中田翔(ハム)、藤浪(阪神)、森(西武)らのような超高校級のスター選手はいないけど、なかなかの粒ぞろいのチームですね。






    ・ふるさと納税〜総務省HP






    JUGEMテーマ:高校野球



    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      とうとう準決勝まできた。 三重5−0日本文理 初回に三重がタイムリーで先制。その後も小刻みに加点し、文理打線を5安打に封じ込めた。 大阪桐蔭15−9敦賀気比 初回、気 ...
      • 虎哲徒然日記
      • 2014/08/24 8:12 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten