福岡追突3児死亡事故/飲酒検知前の容疑者に水飲ませ証拠隠滅を図った学生ら逮捕

0
    : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    飲酒検知前の容疑者に水飲ます、学生ら逮捕…福岡追突 福岡市東区の海の中道大橋で、会社員大上哲央(あきお)さん(33)一家5人の乗った車が追突されて海に転落し、子供3人が死亡した事故で、福岡県警東署は5日、追突した車を運転し、業務上過失致死傷容疑などで逮捕された同区奈多、市職員今林大(ふとし)容疑者(22)に、飲酒検知前に水を飲ませたとして、同区三苫3、大学生中山勝志容疑者(22)を証拠隠滅容疑で逮捕した。 さらに、今林容疑者と事故直前まで一緒に酒を飲んでいた同区奈多3、会社員今林健(けん)容疑者(32)も道交法違反(酒気帯び運転ほう助)の疑いで逮捕した。 調べによると、中山容疑者は、今林大容疑者が飲酒検知の検査を受ける前に、飲酒していたことを隠す目的で大量の水を飲ませた疑い。今林大容疑者の呼気からは1リットル当たり0・25ミリ・グラムのアルコールが検出されている。 今林健容疑者は、今林大容疑者と同じソフトボールチームに所属する先輩。事故前、居酒屋とスナックで一緒に酒を飲んだ後、今林大容疑者が運転する車で自宅まで送らせた疑い。(2006年9月5日19時13分 読売新聞)
     前にも書いたけど、この事件では、今林大容疑者の飲酒運転を知りながら放置していた飲み仲間も逮捕すべきだと思っていました。
     しかし、あれだけの悲惨な事故を起こした直後に、飲酒検知前に水を飲ませ証拠隠滅を図った者までいたとは想像もしていませんでした。
     逮捕は歓迎ですが、証拠隠滅容疑、道交法違反(酒気帯び運転ほう助)程度でしか逮捕できないのでしょうか?
     彼らは殺人の共犯と同程度の罪に問われるべきだと思います。
     少々ヒステリックな意見だと思われるかもしれませんが、大上さん御一家のお子様と年齢の近い子供を持つ親としては、許し難い事件なので、どうしても許し難いのです。
     この事件をキッカケに、飲酒運転を知りながら、それを制止しない人が厳しく罪に問われることを周知して、飲酒運転撲滅が推進されることを願います。

    予約受付中Armstrong アームストロング ROBOSAPIEN(ロボサピエン)V2 (10月発売予定)
    予約受付中Armstrong アームストロング ROBOSAPIEN(ロボサピエン)V2 (10月発売予定)

    スポンサーサイト

    • 2020.02.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten