ほんとにあった怖い話15周年スペシャル★ボットン便所で島崎遥香が…

0
    2014年8月16日『ほんとにあった怖い話15周年スペシャル』

    『石原さとみ:S銅山の女』

    取引先から車で帰社していた山辺夏美(石原さとみ)は、山道で迷い、閉山して荒れ果てた「S銅山」と呼ばれる廃墟にたどり着いてしまう。

    この一帯は心霊スポットとして有名だったときいた営業部長(池田鉄洋)がS銅山からマスクを持ち帰って呪われて入院してしまいます。

    責任を感じた夏美(石原さとみ)がマスクをS銅山に返しに行くと、ディメンターみたいな不気味で黒い女のお化けと遭遇!!

    キャーーー。
    自動車で逃げるも、車体後部にへばりついていたお化け・・・。

    約30分と、尺は長目でしたが、凄く怖いと言うほどでもないエピソードでした。
    −◆−

    『剛力彩芽:さとるくん』

    恋人のアパートから見知らぬ女性が出てくるところを目撃してしまった笹岡里奈(剛力彩芽)は、ひどく落ち込んでいた。
    失意の中、里奈はある噂を思い出した。公衆電話から自分の携帯に 「さとるくん」と3回唱えると知りたいことを何でも教えてくれるというもの。
    あの女性が誰なのか、軽い気持ちで「さとるくん」に聞いてしまった里奈…。

    里奈(剛力彩芽)に電話が掛かってきます。
    子供の声で「僕さとるくん。今名古屋にいるよ」

    最初は信じない里奈でしたが、同じ声で繰り返し電話が入ります。
    「僕さとるくん。今駅にいるよ。」
    「僕さとるくん。今酒屋さんの前にいるよ。」
    「僕さとるくん。今玄関の前にいるよ。」

    恐る恐る玄関を開ける里奈でしたが、誰も居ません。
    玄関を閉めて部屋に戻ろうとしたとき、里奈(剛力彩芽)の後ろに黒い子供の影がクッキリ!

    お化け屋敷的なオチが付いたエピソードでした。
    だいたい想像がつく範囲。
    分かっていても気色が悪いと思う人も居るのかな?

    結局、剛力彩芽のゴリ押し企画??
    −◆−

    『草なぎ剛:犯人は誰だ』

    課長に昇進したばかりの三沢健太(草なぎ剛)の部下である派遣社員の熊谷美咲(北乃きい)にはニュース映像を見ただけで殺人事件の犯人を言い当てることができる能力があるという話。

    警察に行っても相手にされないと言うだけでオチもなく、面白味のないエピソードでした。
    −◆−

    『島崎遥香(AKB48):誘いの森』

    仲間たちと森でキャンプを楽しんでいた住田葵(島崎遥香)は、怖がりの友人に付き合わされ、森の中にあるトイレに行くことに。今どき珍しい“ボットン便所”を気味が悪いと言いながらも中へ入っていく友人(広瀬アリス)。

    友人がポーチを忘れたので葵(島崎遥香)がボックスの中からポーチを取って・・・。
    和式便器に背を向けた瞬間、便壺の穴の中からお化けがガーッと出てきた!!

    そういうお化け屋敷的なエピソード。
    分かっていても、うちの子はビビっていました。

    小生も子供のころ、“ボットン便所”から何か出てきそうで怖いと思ったのを思い出しました。
    −◆−

    『桐谷美玲:腕をちょうだい』

    『叫ぶ廃病院』 入社4年目でプロジェクトチーフを任されることになった滝本理沙(桐谷美玲)は、公私ともに順調な日々を送っていた。その成功を目の当たりにした同期の雅美(菜々緒)は、理沙への態度を急変させ、ねたみからとげとげしく接してくる。 ある夜、眠っていた理沙は金縛りに遭い、この世のものでない何者かに右腕をつかまれる。

    昔、右腕を失った女子社員の霊らしい。
    理沙(桐谷美玲)のベッドの横に霊が現れて「ちょうだい。右腕ちょうだい。誰でもいいの。誰でもいいの。」

    理沙は「雅美の腕をあげる」と口走ってしまいました。

    すると、後日雅美が階段から落ちて右腕を負傷・・・。
    自責の念に駆られる理沙(桐谷美玲)・・・。

    あと一ひねり有ればもっと怖かったかも?
    ベッドの横に来たお化けが気色悪いだけの「お化け屋敷」的なエピソードでした。
    −◆−

    『坂上忍:タクシードライバーは語る』

    会社からリストラされ、タクシー運転手として働き始めた中川行雄(坂上忍)。ある日、夜道を流していると病院の前でひとりの女性客を拾ってしまう。うつむきながら何も語らない彼女。

    客は霊でした。
    これでオチが付いた感じで、中川(坂上忍)が「墓参り行っておふくろに会わないとな。」と呟いた瞬間に真横にお化けが出てきて「私が会わせてあげる。」

    もう終わったと思ったときにお化けが出てきたから、ちょびっとビックリでした。
    −◆−

    『黒木瞳:闇への視覚』

    工場で働く森川千尋(黒木瞳)は、不思議な能力を持っていた。
    “霊”が見えてしまうのだ。

    で、多恵子(宮崎美子)の死んだ息子(町田啓太・劇団EXILE)の霊が見えて、多恵子に残してあった手紙を見つけて彼女が感動するという良いお話。

    たいして面白くありませんでした。
    −◆−

    以上、クオリティが必ずしも高い感じではなかった『ほんとにあった怖い話15周年スペシャル』でした。

    ジャニーズ事務所に、ゴリ押しと言われている剛力彩芽や桐谷美玲に、AKBに劇団EXILE・・・。
    営業力の強い芸能事務所の都合で出演者が決まってるような企画だった印象です。












    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.02.17 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten