「花子とアン」第117回★歩くんが疫痢で臨終

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第117回
    (8月13日)


    「お注射やだな〜…。」
    花子「じゃあお母ちゃまが代わりにしてもらうわ。」

    病気自体、子供と代わってあげたいのが親心。

    高熱の歩「それじゃあ僕の病気よくならないよ…。」

    横山歩くん、本当に演技が上手い。

    英治「歩は強いから注射痛くても大丈夫だよな。」
    花子「お医者様の言う事を聞いていい子にしてればすぐよくなりますからね。元気になったら今度こそ海に行こうね。」

    歩の回復を信じている両親。。。
    −◆−

    お医者さんが往診。
    診察の結果「残念ながら疫痢の可能性が高い。」

    顔色が変わった花子は必死に「先生歩を助けて下さい!お願いします!お願いします!」

    <当時疫痢はたくさんの子どもたちが命を落とす最も怖い病気とされていました。>

    かなり容態が悪いようで、医師が「もう一度強心剤をうとう。」
    今ならエピネフリンかな・・・。
    −◆−

    ほぼ昏睡状態の歩(横山歩)が目を開きます。

    花子「まあ…やっと気持ちよくなったのね。歩のお目めのなんてキレイなこと…。こんなに高い熱が出たのにちっとも目が曇らないのね…。」

    この事態にあって、こんな文学的な言葉が出るものなのだろうか?

    反応が弱まる歩。
    医師「もうお時間がないので抱いてあげて下さい。」

    英治に促されて歩を抱っこする花子。
    歩が奇跡的に声を発します。
    「お母ちゃま。僕が『お母ちゃま』と言ったら「はい」ってお返事するんだよ。」

    花子「お返事しますとも。」
    「お母ちゃま。」

    花子「はい。」

    反応が弱まり・・・。

    <その日の明け方歩は息を引き取りました。>

    つい何日か前まで元気にしていた我が子が逝ってしまうなんて、切なすぎる・・・。
    −◆−

    宮本家に電報が届きました。
    《アユム ケサ エキリデ シス》

    いつもは蓮子に厳しい姑・浪子(角替和枝)が「何をぐずぐずしてるの!母親にとって子どもを亡くすのは心臓をもがれるよりもつらい事よ!子どもたちの世話は私に任せて早く行きなさい!」

    さすがに人生経験を積んでるだけ有って、親心を知悉してる。

    で、村岡家に駆けつけや蓮子は、歩の遺体の横で茫然自失の花子に声を掛け、歩に合掌。。

    嗚咽し始め、やがて号泣に到った花子を抱きしめる蓮子・・・。

    涙のシーン・・・。
    −◆−

    翻訳の仕事を頼んでいた梶原(藤本隆宏)が原稿を取りに来たのかな・・・。

    しかし、それどころではありません。
    英治「申し訳ありませんが翻訳の締め切りは遅らせて頂けないでしょうか。当分仕事は手につかないと思いますので…。」

    家の奥では泣き声・・・。

    梶原「翻訳の事は心配しないでくれと花子さんに伝えてくれ。」
    英治「すみません。」

    梶原「英治君。君は大丈夫か?」

    このセリフは沁みました。
    英治も歩の親ですから大丈夫な訳がないんですよね。
    英治も、花子と同じように号泣したいはずなんですよね・・・・。

    なのに、花子のために気丈に振る舞っていることを梶原は気づいていて、英治の心配をしてる・・・。

    男同士の会話が沁みた。
    −◆−

    歩の遺体と添い寝する花子。

    かわいかった歩を回想。
    「こっちがママアのダアリングこっちがパパアのダアリング♪」

    在りし日の歩がたらいにじょうろで水を撒いて「虹が出たよ!」

    添い寝したまま眠ってしまった花子の横で蓮子。
    <あすよりの 淋しき胸を思ひやる 心に悲し夜の雨の音>

    次回へ続く。
    −◆−

    以上『花子とアン』第117話。
    脚本がどうの、演出がどうのという問題はあっても、やはり小生も親の端くれとして「子を亡くす」くだりには涙腺が反応しちゃいました。


    で、こういう回に理屈に走るのは気が引けるんですが・・・・。
    他人の蓮子が村岡家に来てるのに、どうして身内のかよ(黒木華)と吉太郎(賀来賢人)がその場に居ないのかが気になりました。

    そんな理屈は抜きにしてみるべき回なんでしょうけど、やはり気になりました。

    かよと吉太郎は 村岡家に向かって駆けつけてる最中なのかも知れないけど、鉱石ラジオを作って歩に優しくした吉太郎や、花子を慕っているかよ(黒木華)が真っ先に来ていないことに違和感を覚えました。

    ドラマ的には、花子と蓮子が抱き合う方が絵になるのは分かるんですけど・・・・。













    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.17 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      何だか胸の辺りが重苦しくて 息苦しい感じで 朝の内は吐き気もしたので まだ休みに入っていない医院を探して行ってきた 持病があるので念のためと 心電図とレントゲン検査もしたが 幸い心臓は正常 最近流行っている風邪だろう とのこと 腸に菌が増えてガ
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/08/14 10:52 AM
      何だか胸の辺りが重苦しくて息苦しい感じで朝の内は吐き気もしたのでまだ休みに入っていない医院を探して行ってきた持病があるので念のためと心電図とレントゲン検査もしたが幸い心...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/08/14 10:51 AM
      歩君、疫痢にかかって、亡くなってしまいました(汗) 一人息子の死、とても辛いでし
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2014/08/14 2:11 AM
      「熱があるかも」と言い出した歩(横山歩)が、ほんとうに高い熱を出していることに 驚く花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)。 花子は急いで歩を布団に寝かせ、つきっきりで看病を始める。 歩はぐったりしながらも花子に「痛いお注射する?」などと問いかけ、花子は元
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/08/13 5:02 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第20週『海にかかる虹』【第117回】の感想。 「熱があるかも」と言い出した歩(横山歩)が、ほんとうに高い熱を出していることに驚く花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)。花子は急いで歩を布団に寝かせ、つ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/08/13 10:29 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten