「花子とアン」第110回★明日は必ず来るものじゃない

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第110回
    (8月5日)


    蓮子「ねえかよちゃん。私ってそんなにしゃべるの遅い?」

    仲間由紀恵ファンにはこういうシーンが堪らなく楽しいのかなぁ??
    小生は苦手。

    蓮子「ねえかよちゃん。私の先生になって下さらない?ねっ私に家事を教えて。」

    こうしてかよ(黒木華)は無料のお手伝いさんにされてしまい、仕事に合間を縫って宮本家で家事・・・。

    なんだかなぁ・・・。
    −◆−

    食欲が無くて食事に手をつけない平祐(中原丈雄)さん。

    花子「お口に合いませんでした? 明日はお義父様の好きなライスカレーにしますね。」

    着物姿の平祐「明日は必ず来るものじゃない…。郁弥を失ってから強くそう感じるようになった。」

    まともで説得力のあるセリフ。
    小生は阪神淡路大震災を体験して初めて死を意識したから、なんとなく平祐(中原丈雄)さんの気持ちが分かる気がしました。
    −◆−

    英治が王様と乞食の装丁案を作って花子に見せました。

    喜ぶ花子。
    かよが帰ってきたので「ねえかよ見て。英治さんが『王子と乞食』の装丁描いて下さったのよ。
    こういうしゃれた装丁なら郁弥さんも喜んでくれるらね。」


    かよの精神状態は分かりそうなものなのに、どうして迂闊に郁弥の名前を出すかなぁ・・・。

    案の定、表情を失ったかよは「ほんなこんしても意味ないじゃん…。」と投げやり発言。


    でね、このまえ花子に「もう一遍だけでもいいから…郁弥さんに会いてえ・・」云々とかよが大泣きして、あれで気持ちに一区切りついたのかと思ったんだけど、それでもまだ引きずるのね。

    普通はあれで一段落じゃ無いのかなぁ・・・なんか脚本がチグハグな気がするなぁ。
    −◆−

    無料のお手伝いさんをしながらボーっとしちゃったかよ。

    蓮子(仲間由紀恵)に声を掛けられて我に返ったかよは「お姉やんたち『王子と乞食』の単行本を作ろうとしてるです。お姉やんたちは郁弥さんの夢をかなえようとして頑張ってる。ほれでも郁弥さんは…。郁弥さんの時計はあの日からずっと止まったまんま…。前に進まんきゃいけんのかな…。おらは…このまま止まっていてえ。郁弥さんのいた時間に…。」

    止まっているのは脚本だと思う。
    −◆−

    村岡家に嘉納伝助(吉田鋼太郎)がやってきました。
    どうして花子はもっとビックリしないんだろうか?

    伝助「はなちゃん久しぶりやね。ここんちは無事やったようで何よりばい。」

    花子「今日はどうなさったんですか?」
    伝助が村岡家の無事を喜んでくれてるのに、どうして「ありがとうございます」の一言も言えないのか!?

    で、伝助は英文の手紙の翻訳を依頼。

    花子が翻訳<最愛の伝助様。お慕いしております。アメリカに帰ってもあなたの事はわ…忘れません。あなたと過ごした神戸での熱い夜…>

    さすがに伝助が制止し「神戸の博覧会で会うた金髪の踊り子たい。」

    蓮子への思いを断ち切るために遊んでるのかもよ・・・。

    伝助は「はなちゃんはまた本を書いて出さんとか? 蓮子は、あんたの本を読みよる時が一番ご機嫌やったばい。俺は無学で字が読めん。ばってんあいつが読みよるのを見て分かった。本ちゅうのは読むもんを夢見心地にするとやろね。東京はこげなありさまやきこげん時こそあんたの本を待っちょる人がほかにも大勢おるとやろね。」

    ドラマ的に、嘉納伝助が素敵なオジサンであって良いのかなぁ??

    嘉納伝助が良い人だったら、出奔した蓮子(仲間由紀恵)が罪深く思えてくるじゃん。

    伝助「もう一つ…聞きたい事がある。」

    <何でしょう?石炭王は一体何を聞きたいのでしょうか?ごきげんよう。さようなら。>
    −◆−

    こんな感じで、ベテランの中原丈雄吉田鋼太郎が存在感を発揮した『花子とアン』第110話でした。

    昼も夜も働いてるかよ(黒木華)が家事の先生という名目で無料家政婦をしてるくだりには違和感を覚えました。














    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    スポンサーサイト

    • 2020.11.25 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      デン氏ったら 金髪の踊り子からの恋文持参で 離婚後もそれなりに楽しくやってると示唆することで 一気に明るいお笑いキャラに変身? 実話に沿ったカッコイイ退場をした後で トホホなオリジナル再登場 …人気者は辛いわね …ひじゅにですが何か?
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/08/06 11:46 AM
      デン氏ったら金髪の踊り子からの恋文持参で離婚後もそれなりに楽しくやってると示唆することで一気に明るいお笑いキャラに変身?実話に沿ったカッコイイ退場をした後でトホホなオリ...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/08/06 11:46 AM
      屋台にやってきた蓮子(仲間由紀恵)はかよ(黒木華)を相手に、姑・浪子 (角替和枝)のことで愚痴をこぼす。 かよは蓮子に頼まれ、宮本家を訪れることになる。 かよから料理のコツを教えてもらう蓮子だが、うっかり浪子に見つかってしまう。 一方、かよと同じく
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/08/05 6:34 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第19週『春の贈りもの』【第110回】の感想。 屋台にやってきた蓮子(仲間由紀恵)はかよ(黒木華)を相手に、姑・浪子(角替和枝)のことで愚痴をこぼす。かよは蓮子に頼まれ、宮本家を訪れることになる。かよ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/08/05 1:38 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << November 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten