「花子とアン」第105回★1年経過。郁弥(町田啓太)求婚でやっちまった!?

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第105回
    (7月30日)


    <それから1年がたとうとしておりました。>

    おい! また得意のタイムスリップ攻撃かよ!!
    で、時は1923年(大正12年)夏。

    予告編にあるから書いちゃいますけど、関東大震災は1923年(大正12年)9月1日11時58分に起きるので、時が迫っています。

    登場人物は当然ながら大地震が来るとも知らず日々を過ごしております。
    −◆−

    <花子の「王子と乞食」の翻訳が完結した事を祝ってささやかなパーティーが開かれました。>

    このくだりはパス。
    あえて書くとしたら、「りっぱ」とか「しゃちょう」とか喋った歩くんがめっちゃ可愛いことくらい。
    −◆−

    ルー大柴状態の郁弥(町田啓太)が花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)と平祐(中原丈雄)さんに「実は明日求婚するつもりなんです。明日は彼女のバースデーですよね。だからかよさんがカフェーで働いているところにサプライズで。」

    この日が何月何日か分かんないから震災がどう絡むのかまだ不明。
    しかしながら、嫌な予感はする訳です。
    −◆−

    縁側で涼んでいる英治(鈴木亮平)がカメオを取り出しました。
    「母の形見なんだ。」

    花子「すてきなカメオ…。」
    英治「これは、一度香澄が母から受け継いだもので彼女が亡くなる前に郁弥に託したんだ。郁弥が僕にくれたんだ。花子さんに渡すようにって。あの時郁弥が背中を押してくれたから僕は君と歩とこんなに幸せな家庭を持てた。これ…花子さんに持っていてほしい。」

    んん・・・なんでこのタイミングなんだろう??
    (カメオのことをすっかり忘れてた・・・。)

    脚本家さんの意図をつかみかねます。
    −◆−

    翌日。ドミンゴにやって来た緊張気味の郁弥(町田啓太)。

    椅子に腰掛けて腕時計を見る郁弥。
    11:50頃。

    これ何月何日??
    もしも9月1日だったら発災まで10分ほどしかない。

    少しして楽隊が現れます。
    「少し早いけど…いいか。」

    郁弥「ハッピーバースデー!お誕生日おめでとう!」

    演奏が始まって郁弥がかよ(黒木華)の前に跪きプロポーズの格好。

    郁弥「かよさん。あなたは僕の女神です。」
    かよ「てっ…。」

    郁弥「僕と…結婚して下さい。」

    客たち「いよっご両人!おめでとう!おめでとう!」

    かよ「郁弥さんの バカっちょ!」
    ドミンゴから駆け出ていくかよ。

    <郁弥さんやっちまいましたね。ごきげんよう。さようなら。>

    ?? 郁弥、何を間違った?
    −◆−

    ざっとこんな感じの『花子とアン』第105話でした。

    大震災が近づいてるという設定はドキドキです。













    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.06.04 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      庭で収穫したゴーヤーと茄子に 玉ねぎ・竹輪を加えて、かき揚げにしたら 美味しゅうございました …ひじゅにですが何か? 「何、良い考えって?」by花子    ↑村岡弟が度々挟む英単語には目を瞑っても    ちゃんとした一文になると放っては
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/07/31 1:28 PM
      庭で収穫したゴーヤーと茄子に玉ねぎ・竹輪を加えて、かき揚げにしたら美味しゅうございました…ひじゅにですが何か?「何、良い考えって?」by花子   ↑村岡弟が度々挟む...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/07/31 1:24 PM
      『王子と乞食』の翻訳を完結させた花子(吉高由里子)をねぎらうため、聡文堂で 祝賀会が催される。 その席で、醍醐(高梨臨)が退職することと、村岡印刷が平祐(中原丈雄)から 英治(鈴木亮平)へ代替わりすることが発表される。 郁弥(町田啓太)は『王子と乞
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/07/30 7:51 PM
      「王子と乞食」の翻訳を完成させた花子。花子をねぎらうため聡文堂で祝賀会が催される。その席で醍醐の退職が発表された。蓮子の一代記を書くため。醍醐さんならきっといいものが書けるさ頑張れ醍醐さん。 村岡印刷は平祐から英治に代替わりされた。頑張れ新社長。 郁
      • JAOの趣味日誌
      • 2014/07/30 6:06 PM
      「王子と乞食」の翻訳を完成させた花子。花子をねぎらうため聡文堂で祝賀会が催される。 その席で醍醐の退職が発表された。蓮子の一代記を書くため。醍醐さんならきっと いいものが書けるさ頑張れ醍醐さん。 村岡印刷は平祐から英治に代替わりされた。 頑張れ新社長
      • ジャオステーション
      • 2014/07/30 6:06 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第18週『涙はいつか笑顔になる』【第105回】の感想。 『王子と乞食』の翻訳を完結させた花子(吉高由里子)をねぎらうため、聡文堂で祝賀会が催される。その席で、醍醐(高梨臨)が退職することと、村岡印刷が
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/07/30 1:26 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten