「花子とアン」第97回★焼き芋を色っぽく食べる蓮子(仲間由紀恵)

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第97回
    (7月21日)


    先に書いちゃうけど、蓮子(仲間由紀恵)が焼き芋を食べるシーンがありましたでしょ。

    小生の思考が桃色だからかも知れないけど、けっこうエロチックじゃ無かったですか?

    特に仲間由紀恵ファンは芋を食ってるだけでも「綺麗!!」「可愛いーー!」とか思ってたりして・・・。
    −◆−

    宮本龍一(中島歩)の隠れ家に左翼仲里療鎮罎塙唹罎やって来ました。

    田中「今朝の新聞見たか?」
    荒井「してやったりだ!」

    龍一「どうしてこれが!?一体どういう事だ…。蓮子の手紙は投函するはずだったろう。なぜ新聞に載ってる?」

    荒井「俺たちが新聞社に持ち込んだんだ。」
    龍一「俺たちを売ったのか!俺はお前を信用して蓮子の手紙を託したんだ!新聞に載せるために渡したんじゃない!」

    蓮子は宮本龍一を信じて手紙を託したのに、荒井に投函を頼んだ宮本龍一が一番悪いと思うわ。

    無責任だわ。
    だから左翼は駄目なんじゃよ。

    田中「2人を売ろうと思って新聞社に持ち込んだ訳ではない!」

    荒井「持たない者が持つ者から奪う。女房から夫に絶縁状を出すなんて前代未聞の事だ。どうせやるなら世間に衝撃を与えるようなやり方の方がいい。」

    これで革命だって!? だから左翼は駄目なんじゃよ。
    −◆−

    村岡家の玄関を叩く音。
    「村岡さん!」

    花子が玄関を開けちゃうと、記者が群がってきて「こちらに安東はなさんいらっしゃいますか?」

    花子「安東は、私の旧姓ですが…。」
    記者「帝都新報です。嘉納蓮子について話を聞かせて下さい。」

    バカじゃないの花子は・・・。
    先日、嘉納伝助(吉田鋼太郎)が蓮子を探してやって来たときは、ガラス越しに見て嘉納伝助だと分かるのに誰か確かめてから鍵を回して戸を開けたでしょ。

    なのに、相手が誰かも分かんない今回は、あっさりと戸を開けるんだもの・・・。

    記者「ひょっとしたらここに嘉納蓮子をかくまってるんじゃないですか?」

    大正の時代もマスコミはウザイわけで、花子が難儀をしていましたら、「帝都物語」みたいな雰囲気の憲兵・吉太郎(賀来賢人)が現れて「いい加減にしろ!度が過ぎる!」

    憲兵さん、化粧してない?

    で、未だに賀来賢人は吉高由里子に兄に見えないし、ましてや鈴木亮平の義兄には見えないけど、まあそんなことはどうでも良いか・・。
    −◆−

    カフェードミンゴにも取材陣が集まっております。

    なぜかインタビューを受けてる宇田川満代(山田真歩)。
    今日は髪飾りにブラジル代表カラーの鳥の羽を付けてる!

    記者「白蓮女史と同じく文壇で活躍する女性として宇田川先生は絶縁状の新聞掲載はどのように思われますか?」

    宇田川「新聞を私物化するなど良識を疑います。そもそも彼女は我が儘な駄々っ子としか思えません。ぜいたくな暮らしがしたくて石炭王に嫁いだのに、今度は愛が欲しくなったから駆け落ちだなんて女としてどうこうではなく、人としていかがなものでしょうか。」

    こいつ、ただ蓮子が嫌いで言ってるだけでしょ。
    以前、蓮子のことを「私がこの世で一番嫌いな女」だと言ってたもんねぇ。
    −◆−

    龍一「すまない!本当は見知らぬ土地に行って2人で新しい生活を始めるつもりだったのにこんなことになってしまって…。」

    蓮子「あなたのそばにいられるのなら 石を投げられたってどんな恥だって私は耐え忍びます。あなたのそばで生きていけるのならそれだけでいいの。」

    「蓮子…。」
    龍一の手を取って「私今すごく幸せよ。」

    龍一「約束します。必ずあなたを守る。何があっても2人で一緒に生きよう。」

    高視聴率の内、何パーセントかは こういう場面にうっとりしてる視聴者なんだろうなぁ・・・。
    −◆−

    嘉納伝助(吉田鋼太郎)が腹黒・女中頭のタミ(筒井真理子)に「新聞記者を呼べ…。今すぐ記者を呼べ!こっちもあの女に反論するったい!」

    <ついにこの男が反撃に出ました。ごきげんよう。さようなら。>
    −◆−

    こんな感じだった『花子とアン』第97話。

    『総集編』まで見る気には、ほとほとなれませんです。














    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.05.27 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      蓮子(仲間由紀恵)の“絶縁状”がなぜか新聞に載り、花子(吉高由里子)と英治 (鈴木亮平)は驚くばかり。 記事には「友人の家に行くと偽って」とあり、その「友人」である花子はショックを受ける。 同じく新聞で事を知った蓮子の兄・晶貴(飯田基祐)は、部下に蓮子を探
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/07/21 6:58 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第17週『腹心の友ふたたび』【第97回】の感想。 蓮子(仲間由紀恵)の“絶縁状”がなぜか新聞に載り、花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)は驚くばかり。記事には「友人の家に行くと偽って」とあり、その「
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/07/21 10:17 AM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten