「花子とアン」第95回★美輪明宏「愛の讃歌」大熱唱

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第95回
    (7月18日)


    ナレーター美輪明宏がまさかの熱唱。凄いのなんのって!
    シュール!?
    −◆−

    ジジ・ババも帰郷して静かになった村岡家。
    せっかく『スタパ』に出た村岡英治(鈴木亮平)は、今日もセリフが少なく影が薄い・・・。

    で、花子は腹心の友・蓮子が赤ん坊に会いに来るのを待ち続けています。

    本日大活躍することになるナレーター<そのころ蓮子は東京に来ていたのです。ところが花子と赤ちゃんに会いに行くというのは真っ赤な嘘でした。>

    東京の屋敷(東京事務所?)に居る嘉納伝助(吉田鋼太郎)と蓮子。

    成金らしく鰻重をつつきながら伝助は「やっと会えるな。はなちゃんと赤ん坊に。」

    この人、宮本龍一のことを知っていて知らんぷりしてるのか、マジで何にも気づいていないのか?

    気づいていない感じかな??

    気がはやるのを抑えるのに必死な蓮子は「あなたは4時の汽車でしたわね。お迎えの車もう呼んでありますから。」と、秘書みたいに伝助の仕事の手配。

    5時にドミンゴで宮本龍一と待ち合わせをしている蓮子は、伝助を早く追い出したくて仕方が無い様子。

    ようやく伝助が出発して一安心の蓮子。
    駆け落ちの第一関門突破!
    −◆−

    蓮子(仲間由紀恵)がやってこないので心配になった自称花子(吉高由里子)が福岡に電話します。
    「恐れ入りますが蓮子さんはいらっしゃいますでしょうか?」

    腹黒い女中頭のタミ(筒井真理子)が「奥様は東京に行っとらっしゃあですけど。」

    花子「てっ…東京?本当ですか? 奥様はいつまで東京にいらっしゃいますか?」

    タミ「今日は東京に泊まりますばい。」

    電話が切れたあと、タミは「どうも出発前からおかしいち思うちょったんよ。奥様嘘ついちょる。友達の赤ん坊の顔を見に行くために東京に行ったとやない。」

    タミは早速東京の屋敷に電話しますが、伝助は高崎に向けて出発した後だったので蓮子が電話に出ます。

    タミ「旦那様に代わってくれんね?緊急の話ばい。」
    蓮子「主人は予定どおり高崎にたちました。」

    そのまま電話を切っちゃうタミ。
    <タミに感づかれたかもしれない。だとしたら早くここを出なければと蓮子は思いました。>

    駆け落ちの第二関門はタミでした。
    次々と難関が待ち受ける「駆け落ちRPG」的なゲーム感覚でしょうか!?

    で、今までは宮本龍一との文通を開封して中身を読んでもアクションを起こしていなかったタミが、今回だけ伝助に急ぎ電話したというのは、ややご都合主義的だったかも・・・。

    行動原則の統一性が破れてるでしょ。
    −◆−

    宮本龍一からの手紙を入れたデッカイ「がま口」みたいなのを手に持った蓮子が屋敷から出て行こうとしていましたら、玄関から物音。

    あちゃ〜〜、嘉納伝助(吉田鋼太郎)が帰って来た!?
    蓮子、顔が歪みます。

    伝助「高崎ん仕事は先方の都合で明日に延期になったき。」

    本日の第三関門は仕事がキャンセルになった伝助!!
    なかなか駆け落ちに進めないから、この番組に好意的な視聴者や仲間由紀恵ファンはハラハラしちゃってる??

    伝助「これ食わんか。お前の好きなきんつばばい。」
    良い人モードの伝助の優しさが沁みるじゃん。

    そのころ、宮本龍一はすでにドミンゴに現れています。
    焦燥感を煽る演出になっております。
    −◆−

    蓮子「私はなちゃんと約束がありますのでもうすぐ出ます。」

    伝助「俺も一緒にはなちゃんとこに行こうかね。」
    わちゃ〜〜、これは最大の難関か!!

    蓮子「高崎にはいつおたちになるんですか?」
    伝助「明日の汽車で行くごとしたき はなちゃんに会いに行っても十分余裕があると。何ならみんなで牛鍋でも食いに行くか。」とノリノリ。

    最後の難関は「牛鍋」!?

    ところがたまたまこのタイミング(16:20頃)に番頭さんが声を掛けてきて「社長。貴族院議員の漆原様が社長が東京に来とんしゃあとなら今晩会食をしたいち言うておられます。」

    伝助「しょうがないたい。はなちゃんとこはお前一人で行ってこい。」

    難関、完全クリア!!!

    さっそく、くだんの「がま口」だけを手にし、出産祝いは置きっ放しで立ち上がった蓮子(仲間由紀恵)が伝助に向かって「あなた。ありがとうございました。」と改まった口調。

    何も知らない伝助「きんつばぐらいで大げさやき。ハッハッハッハ。」

    蓮子「ごきげんよう。」

    番組開始11分。
    ナレーター美輪明宏の熱唱開始。

    <高く碧い空が〜〜〜〜落ちてきたとしても〜〜〜〜♪>

    美輪明宏バージョンの『愛の賛歌』
    脚本家・中園さん、いつか美輪明宏の歌を使おうと狙ってたな・・・。

    <海が轟いて押し寄せたとて〜〜〜〜♪>
    ドミンゴに向かって駆ける蓮子(仲間由紀恵)。

    5時5分前、蓮子を待ちわびる宮本龍一。
    <貴方がいる限り私は恐れない〜〜〜〜♪>

    セリフも何にも無く、ひたすら美輪明宏バージョンの『愛の賛歌』が鳴り響いています。

    赤ん坊を抱いて蓮子を待ってる花子(吉高由里子)。
    <愛す〜〜る心に 恐れるものは無〜〜〜〜い♪>

    5時10分になってドミンゴに現れない蓮子。
    <貴方が言うならたとえ地の涯て世界の涯ても♪>

    夕日の中、ドミンゴに急ぐ蓮子。
    <貴方が言うなら愛する国も、友も捨てよう〜〜♪>

    「友も捨てよう」というセリフと、「友・花子」に待ちぼうけを食らわしてる蓮子がバッチリ重なった!!

    ドミンゴの扉を開け、宮本の姿を探す蓮子。

    <いつか人生が〜〜貴方を奪っても〜〜〜〜この愛があればそれで幸福♪>

    ついに出会って見つめ合う色呆け・蓮子(仲間由紀恵)と年増好き・宮本。

    <死んでもあの空で〜〜苦しみも何もなく〜〜永久に歌おう愛を讃える歌♪>

    屋敷に出産祝いが捨て置かれていることに気づき、全てを察した嘉納伝助(吉田鋼太郎)。
    切ない。

    番組開始14分が過ぎました。
    赤ん坊に白い羽がついていて、手にとって吹き飛ばす花子(吉高由里子)。
    あの羽は何を表してる?
    白蓮と白い羽を結びつけた??

    『愛の賛歌』は延々と続いていて、いよいよクライマックス<神よ〜〜結び給え〜〜!! 愛し合う我等を♪>

    蓮子と宮本、夕暮れの路地で熱く抱擁。

    二人にスポットライトが当たって、恒例のナレーションはお休みで『愛の賛歌』とともに次回へ続く。

    美輪明宏さん、4分ほどの熱唱でした!!!
    (今年の紅白はこれできまり?)
    −◆−

    こんな感じだった『花子とアン』第95話。

    文章を書いていて、色んな意味でエネルギーを使い果たしたので、結びの感想はパス。

    美輪さんにの代わりに「ごきげんよう。さようなら。」













    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.08.23 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      スマソ じゃなかった スマン 今日これから書く感想について 最初に謝っておきます まことにスマン! …ひじゅにですが何か? 「しょーがないたい」byデン えっとね ほら ひじゅにって真面目じゃん?>ぇ 自分的に 「ひっで〜」
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/07/19 11:18 AM
      スマソじゃなかったスマン今日これから書く感想について最初に謝っておきますまことにスマン!…ひじゅにですが何か?「しょーがないたい」byデンえっとねほらひじゅにって真面...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/07/19 11:17 AM
      先週(第15週「最高のクリスマス」)の週間最高視聴率は、関東25.2%(7/11
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2014/07/18 11:32 PM
      吉平さん・ふじさんが甲府へ帰り、英治・花子・歩は親子水入らずの時を過ごしていた。後会いに来てくれていないのは蓮子だけ、しかし蓮子は龍一との駆け落ちを実行しようとしていた。口実に使われたことを花子はまだ知らない。 いよいよ決行かと思ったら伝助の高崎の仕
      • JAOの趣味日誌
      • 2014/07/18 6:02 PM
      吉平さん・ふじさんが甲府へ帰り、英治・花子・歩は親子水入らずの時を 過ごしていた。後会いに来てくれていないのは蓮子だけ、しかし蓮子は 龍一との駆け落ちを実行しようとしていた。口実に使われたことを 花子はまだ知らない。 いよいよ決行かと思ったら伝助の高
      • ジャオステーション
      • 2014/07/18 6:01 PM
      吉平(伊原剛志)やふじ(室井滋)が甲府へと帰り、静かになった家の中で花子 (吉高由里子)は、蓮子(仲間由紀恵)がいつ赤ん坊に会いに来てくれるだろうか、 と待ちつづけていた。 一方、赤ん坊に会いに行くのを口実にして、龍一(中島歩)との駆け落ちをいよい
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/07/18 12:21 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第16週『あなたがいる限り』【第95回】の感想。 吉平(伊原剛志)やふじ(室井滋)が甲府へと帰り、静かになった家の中で花子(吉高由里子)は、蓮子(仲間由紀恵)がいつ赤ん坊に会いに来てくれるだろうか、
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/07/18 10:36 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten