GTO(第2期)第2回★イルカの耳骨と地味な鬼塚(AKIRA)

0
    GTO(2ndシーズン)第2回
    家族崩壊の危機…純情少年を救え
    鬼塚絶叫マラソン大会涙の結末


    2年A組の生徒・宇佐美太一(佐野玲於)が、ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つと診断され、父親の雅史(奥田達士)は、母親の美代子(山下容莉枝)の反対を押しきり障害支援クラスのある高校に転校させようと決めるのだが・・・。
    −◆−

    転校のことをからかわれた宇佐美(佐野玲於)がさつき(木崎ゆりあ)を追って教室から飛び出してきます。

    椅子で殴りかかる宇佐美。

    スローなどを交えた映像が良い。
    映画っぽい演出。

    隙を見て椅子を振り上げる宇佐美(佐野玲於)。
    さつき(木崎ゆりあ)を身を挺して庇った鬼塚(AKIRA)の背に椅子がガツン。

    無言の鬼塚。

    ここが前シリーズとの決定的な違いじゃ無いかな?
    第1期『GTO』の鬼塚(AKIRA)なら、ここで黙っていたりせず、暑苦しくセリフを畳みかけてきたと思う。

    で、宇佐美は「お父さんやお母さんや佑二と離れて暮らすなんて絶対に嫌だ!」

    さつき「ちょっとからかっただけだって。そしたらがんギレしてきて。」

    まだ無言の鬼塚。
    これが第2期の鬼塚。


    学校に来ていた父親の雅史(奥田達士)が現れ「ご迷惑をおかけしました。やはり太一は転校させます。」

    抑え気味の鬼塚「今の聞いてなかったんすか?」

    父・雅史「この子は普通じゃない、普通じゃないんですよ。」

    鬼塚「普通なんて人間いるんすかね?そもそも普通とかそうじゃないとか神様でも決められないと思うんすけど。」

    やはり前シリーズの鬼塚なら火傷しそうなほど熱く語りそうなシーンなんだけど、口調が抑制的。

    第2期の鬼塚は生徒をサポートして生徒自らが問題を解決するよう導いてる。

    第1期みたいに超人的な乱闘でチンピラを倒して生徒を守ったりなんてする構図は作らない様子。
    そもそも第2期の鬼塚は暴力に頼らない。

    第1期では、エピソードのど真ん中に鬼塚がいたけど、第2期ではど真ん中に居るのは生徒や保護者。
    随分と構成が変わっていて、同じ鬼塚(AKIRA)が主役でも、別物のドラマになってる印象。
    −◆−

    第1期ではよく見受けられた「おふざけ」みたいなシーンも消えてる。

    おふざけシーンに顔を出すことの多かった冴島(山本裕典)の影の薄さに象徴されてるんじゃ無いかな・・・・。
    −◆−

    全体のカメラワークが好みに合います。

    引きの場面だったり、急ズームや、カメラの揺れだったり、色々考えて撮影されてる。

    好みは分かれるかも知れないけど、何も考えないで在り来たりな絵面のシーンを繋ぐよりは作り手の思いが籠もってる気がします。
    −◆−

    生徒や教師を含めて、誰が味方で誰が敵なのか、わかりにくい。

    本当の人間関係は、敵同士が仲悪かったりすることもあるし、仲間同士で意見が分かれることもあるから、二進法的に敵か味方かに別れる訳じゃ無いですよね。

    ただ、ドラマ的には、白黒ハッキリする方が痛快なんでしょうけどね。
    −◆−

    なんか感想が抽象的になってしまいましたが、前シリーズとの差異がハッキリと出た『GTO』第2期・第2話でした。

    なんとなくだけど、ヒゲがない上に印籠が出てこない石坂浩二版『水戸黄門』を思い起こさせますね。

    固定観念として抱いていた『水戸黄門』とイメージが違いすぎて戸惑っちゃったご老公(石坂浩二)がね・・・。

    第2期・鬼塚(AKIRA)もそんな感じでしょうかね・・・。


    「変化」が今のところは視聴率には繋がってないようだけど、漫然とシリーズものを放映するよりはチャレンジングで良いと思います。
    −◆−

    追記。第2話平均視聴率が7.1%
    ヤバすぎ。










    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.09.20 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「GTO」第2話はADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ生徒を父親が転校させようとしてそれを知った生徒が自暴自棄になり暴れ出す。事情を知った鬼塚だったが家庭の問題故なかなか介入で ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2014/07/18 6:07 AM
      「家族崩壊の危機…純情少年を救え・鬼塚絶叫マラソン大会涙の結末」7.15(火)よる10時15分スタート 2年A組の生徒・宇佐美太一(佐野玲於)が、ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つと診断された。父親の雅史(奥田達士)は、母親の美代子(山下容莉枝)の反対を押し
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/07/16 11:03 PM
      鬼塚(AKIRA)が副担任を務める2年A組の宇佐美太一(佐野怜於)が、ADHD(注意欠陥多動性障害)だと診断されます。 太一の父親が母親・美代子(山下容莉枝)の反対を押し切り、衝動的な行動が抑えられない太一を障害支援クラスのある学校へ転校させようと決めてしま
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2014/07/16 12:05 PM
      フジテレビ系『GTO[2]』(公式) 第2話『家族崩壊の危機…純情少年を救え・鬼塚絶叫マラソン大会涙の結末』の感想。 クラスで変人扱いされている太一(佐野玲於)が、授業を抜け出して浜辺へ。鬼塚(AKIRA)はイルカの耳骨を探す太一から、きれいな丸い耳骨は
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/07/16 10:31 AM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten