「花子とアン」第91回★村岡が甲府訪問〜吉平さん「英治君。頼む。」

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第91回
    (7月14日)


    今ごろになって感じるんだけど、前週は「最高のクリスマス」ってサブタイトルだったけど、そんな印象有りましたかぁ?

    結果的に年末にプロポーズされたから「最高のクリスマス」なのかもしれないけど、クリスマスとプロポーズがリンクした印象が残らなかった気がするんですけど・・・・。
    −◆−

    さて今週もはじまりました。

    甲府の両親に結婚の許しを貰うために実家にやって来たはな(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)。

    別にどうでも良いんですけど、リン(松本明子)が一緒に待ち受けていて、何か面白かったり効果的だったりしましたか?

    小生にはあそこにリン(松本明子)がいる必然性や意図が汲み取れませんでした。
    別に邪魔って訳でも無いんですけどね・・・。
    −◆−

    はな(吉高由里子)が偉いのは、あのボロ家と黒ずんでいる両親を恥じていないところやね。

    会社経営のカネモ育ちの村岡に、貧困で非文化的な安藤家を見せるのは気後れしそうなものですけどね、はなには全然そういうところがないです。

    で、夕食になって村岡が土産で持ってきた洋酒を茶碗で飲む吉平(伊原剛志)。
    だって、オシャレなグラスなんて無いんだから仕方ない。

    緊張気味の村岡がつかえながら「お父さん、あの、今日は、大事なお話があって伺いました。え〜っと、そのですね…。」

    吉平「村岡さん!もう英治君でいいら?」
    村岡「はい・」

    吉平は「俺は君の事が気に入ったぞ。ボコの頃から本が大好きなはなにぴったりの相手じゃん。はなのこん嫁にもらってくれちゃあ。」と村岡が結婚を申し込んでくる前に、逆申し込み。

    ふじ「てっ!おとうが先に言っちゃ駄目じゃんけ!」

    その後、酔いつぶれて寝てしまう吉平&村岡。
    −◆−

    翌朝。
    村岡は妻が居たこと、半年前に妻が亡くなったこと。妻が健在な内からはなを好きになったことを吉平とふじにカミングアウト。

    俯きがちに「僕は…妻がいる身でありながら花子さんの事を好きになってしまいました。」とか、ジメジメしちゃってかないません。

    吉平「駄目だ。この結婚は認められん!離婚しただけならいい。ふんだけんど…奥さんを亡くしてる男とは一緒になっても幸せになれん。」

    はな「どうして?」
    吉平「亡くなった奥さんへの思いはこの人の中に生き続ける。ほんな男と一緒になってもはなは幸せになれん。」

    吉平さんって進歩的なオジサンだと思っていたけど、やっぱ我が娘のことになると保守的になっちゃう??

    はな「前の奥さんの事も全部含めておら今の村岡さんを好きになったの。おとうおかあ…。おら村岡さんと一緒に生きていきたい。」(本当は長ゼリフだったけど、大した内容じゃないので省略)

    村岡が珍しく体育会系の発声で「お願いします!必ず!!花子さんを幸せにします!!!」

    そんな村岡の様子を目の当たりにしたふじ(室井滋)が、自分たちの結婚を周造(石橋蓮司)さんに必死でお願いしたときのことを思い起こします。

    ふじ「お父やんは随分と頑固で。本当に許してくれたのはおじぃやんが亡くなる間際だ。ほんなに待ってたら はなはオバァヤンになっちもう。英治さん。今のうちにもらってやってくりょう。」

    さっき「駄目だ」と言ってからまだ5分ほどしか経ってないけど、自分たちの結婚を思い出して あっさりと気が変わった吉平(伊原剛志)も「英治君。頼む。」


    番組開始からここまで12分。
    吉平さんは最初は村岡を気に入っちゃって、話を聞いて「駄目だ」になって、5分後に「英治君。頼む。」だものなぁ・・・。

    6分で4失点したブラジルよりはマシだけど、12分でコロコロ気が変わるってどうよ??

    これを「とんだ茶番でした」などと言っては申し訳ない気がするけど、吉平さんの気が変わるのが簡単すぎて茶番だと思えちゃうからどうしようもありません。
    −◆−

    教会の本の部屋に村岡を連れて行ったはな。

    村岡「ここが花子さんの一番好きな場所ですか。そうだ花子さん。ここで結婚式をやりましょう。」

    <甲府で結婚式?さてどんな式になるのでしょう。ごきげんよう。さようなら。>

    結婚式はドタバタするのかな??
    また茶番??
    −◆−

    以上、『花子とアン』第91話の感想でした。

    ようやく村岡英治(鈴木亮平)と結婚できることになったはな(吉高由里子)の嬉しい気持ちとかが伝わってきません。

    ウキウキ、ワクワクが薄くて、なんかジメジメしてるような・・・。
    そりゃ、先妻が亡くなって1周忌も済んでないんだからウキウキ、ワクワクってわけにもいかないですね。



    うあ〜〜〜、あくびが出る〜〜〜。『ワールドカップ』を早朝4時から見たせいで眠いのか、『花子とアン』がつまらないから眠いのか????












    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.08.23 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今朝は火野正平の番組を観ることができたんだけど 視聴者からのお手紙に 息子さんに背負われたお母さんの写真が添えられてて その息子さんは27歳の若さで亡くなられたと続いていて そこだけで泣けたのに 「あの温もりも忘れてしまいそうです」 の一言に胸が痛
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/07/15 2:51 PM
      今朝は火野正平の番組を観ることができたんだけど視聴者からのお手紙に息子さんに背負われたお母さんの写真が添えられててその息子さんは27歳の若さで亡くなられたと続いていてそこ...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/07/15 2:50 PM
      はなは英治を吉平さんとふじさんに会わせるために甲府へ行った。 英治と酒を酌み交わすうち英治のことが気に入った吉平さん。 娘を嫁にもらってくれと言い出す吉平さん。逆でしょ英治が困っているよ・・・ 酔って「はなは英語の辞書をくれた男にひどい目にあった」と
      • ジャオステーション
      • 2014/07/14 7:23 PM
      はなは英治を吉平さんとふじさんに会わせるために甲府へ行った。英治と酒を酌み交わすうち英治のことが気に入った吉平さん。娘を嫁にもらってくれと言い出す吉平さん。逆でしょ英治が困っているよ・・・酔って「はなは英語の辞書をくれた男にひどい目にあった」と言った
      • JAOの趣味日誌
      • 2014/07/14 7:22 PM
      はな(吉高由里子)から「会わせたい人がいる」と電報をもらい、驚く吉平(伊原剛志)と ふじ(室井滋)。 うわさを聞いたリン(松本明子)とともに安東家で待っていると、はなが英治(鈴木亮平)を 連れてやってくる。 酒をくみ交わすうちに英治を気に入った吉平
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/07/14 1:36 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第16週『あなたがいる限り』【第91回】の感想。 はな(吉高由里子)から「会わせたい人がいる」と電報をもらい、驚く吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)。うわさを聞いたリン(松本明子)とともに安東家で待っ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/07/14 10:55 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten