「花子とアン」第89回★銀河の乙女「ほらこの女の子想像の翼を広げてる。」

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第89回
    (7月11日)


    昨日の続き。
    ドミンゴで村岡英治(鈴木亮平)と朝市(窪田正孝)。

    朝市「あんたに言っておきてえ事がある。はなは…甲府に帰ってきた時あの辞書を捨てようとしたです。」

    あのときのシーンが回想されました。

    朝市「ほん時のはなは…おらが見た事もねえような悲しい目してたです。あの辞書をくれたあんたのこと、必死に忘れようとしてただと思います。
    今は元の明るいはなに戻ったみてえに見えるけんどやっぱりおらには違って見えます。
    いっくら明るく笑ってても昔の屈託のないはなの笑顔とは違うです。
    はなはきっともうおらの知らんはなになっちまった。あんたのせいじゃないですか?」


    さすが朝市、はなのかすかな変化に気づいてる。

    小生は野次馬的な第三者でしかないから、かつての「屈託のないはな」と「今のはな」の差が見えない。

    朝市は英治に強い視線を送り「あんたも はなの事が好きなら はなの気持ちこぴっと受け止めてやってくりょう。」と、自分が愛するはなを英治に託します。

    英治も朝市を見つめ返して「どうして僕にそんな事言うんですか?あなたは僕よりずっと彼女の事を分かってる。朝市さんこそはなさんの事が好きなんじゃないんですか?」

    朝市「はい。おらははなが好きです。いつか…おらの嫁さんになってほしいと思ってました。」

    英治「そんなに思ってるなら…あなたが彼女と結ばれるべきだ。」

    はな本人の意思を無視して譲り合い!?

    朝市、苛ついて「まだ分からんだけ。おらじゃ駄目じゃん!あんたじゃなきゃ駄目どう!」

    酒をあおった朝市は、思ってたことを全て吐き出して爽やかそうな表情。
    すぐ横には酔って爆睡のはな(吉高由里子)。

    結婚の日がオンエアされるまであとわずかなんだから、英治(鈴木亮平)、こびっと気張れよ!
    −◆−

    朝市たちが甲府に帰る日がやって来ました。
    徳丸武はワインのセールスとかちゃんとできたんやろか?

    かよが朝市に「お姉やんに会わんで帰っちまうだけ?」

    朝市「うんいいだ。こぴっと頑張れって かよちゃんから言っといてくりょう。」

    村岡との会話を聞いていたかよは「ゆんべの朝市 うんとこさかっこよかったよ。」

    黒木華、さすがに良い表情を見せるなぁ。

    <朝市がはなのために そんなかっこいい事をしてくれたなんてつゆほども知らないはなでした。>

    はなを愛するがゆえに身を引いて英治に託した朝市は、たしかに騎士道的なかっこうよさがあったかもしれないけど、それはかよ(黒木華)が一度言えば充分で、ナレーションでまで重ねて言うと値打ちが下がる気がします。
    −◆−

    反対派の村岡郁弥(町田啓太)がはなに話を付けに来ました。

    郁弥「義姉さんの気持ちを思うと僕は兄とあなたが一緒になるのだけは許せないんです。」

    はな「そうだと思います。私も自分のこと許せないんです。正直に言います。お兄さんの離婚話を聞いた時、一瞬だけ考えてしまいました。お兄さんと一緒になれるんじゃないかって…。もうそんな事二度と考えません。好きだとか一緒にいてえだとか そういう気持ちは全部甲州の山ん中に捨ててきましたからどうか安心して下さい。」

    この期に及んでこんな会話、辛気くさいなぁ!!

    カメオを託された郁弥は、義姉・香澄の気持ちを汲み取れよ!!

    どうも湿っぽくて、恋バナでワクワク出来ないわ。
    −◆−

    翌日かな? 聡文堂に郁弥が『銀河の乙女』の挿絵を納品にやってきました。

    早速、挿絵を検分する面々。
    はな「すてき! これなら宇田川先生も気に入って下さるわよね。」

    醍醐がえらそうに「これは、はなさんよね。だってほらこの女の子想像の翼を広げてる。」

    なんで醍醐が訳知り顔で解説するねん!!
    梶原編集長たちも顔を揃えてる前で、ストレートな発言するなよ!!
    だから醍醐(高梨臨)は苦手やねん・・・。

    ナレーション<英治の心の中にいる銀河の乙女というのはひょっとして…。>

    はな「てっ!」
    その「てっ!」は、どういう心境を表してるの?

    次回へ続く・・・・。
    −◆−

    以上『花子とアン』第89話でした。

    結婚までの日程が詰まってるから、明日からせわしなくなりそうです。















    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.09.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      朝市(窪田正孝)は英治(鈴木亮平)に、はな(吉高由里子)が甲府へ帰って来たときに 英治が贈った英英辞典を捨てようとしたこと、その時の彼女は自分が見たこともないような 悲しい様子であったことを話す。 酔いつぶれたはなが眠っている横で、朝市は英治に、はなのこ
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/07/12 1:15 PM
      台風は大したことなく通過 『花アン』も大したことなく通過 …してはいるんだけど “連続ドラマ”であるだけに その積み重ねの無さがシンドイ …シンドイ思いばかりが積み重なる 台風被害に遭われた方々には 心からお見舞い申し上げます …ひじゅ
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/07/12 12:08 PM
      台風は大したことなく通過『花アン』も大したことなく通過…してはいるんだけど“連続ドラマ”であるだけにその積み重ねの無さがシンドイ…シンドイ思いばかりが積み重...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/07/12 12:07 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第15週『最高のクリスマス』【第89回】の感想。 朝市(窪田正孝)は英治(鈴木亮平)に、はな(吉高由里子)が甲府へ帰って来たときに英治が贈った英英辞典を捨てようとしたこと、その時の彼女は自分が見たこ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/07/11 10:32 AM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten