そこまで言って委員会 ★田母神氏、原発廃棄物「再処理とか考えると、もっと減ってくる」

0
    2014年7月6日の『たかじんのそこまで言って委員会』

    「原発の再稼働と輸出」に関する議論があって、田母神俊雄氏が「新潟県の柏崎刈羽、あそこは7基の原発が、平均すると23年置いてあるんですよ。この原発のごみが、まとめると一体どのぐらいの量になるのか、10メートル×10メートル×10メートルですよ。
    今後、再処理とか考えると、もっと減ってくるんですよ。」
    と楽観的な発言をされました。

    原発の技術者から聞いた話なんだそうです。

    反論する出演者に対して、ちゃんと勉強するようにと自信たっぷりの田母神氏。
    −◆−

    素人の小生が「柏崎刈羽原発7基の使用済み核燃料総量が10m×10m×10m」だと聞くと、いかにも少量でどうにかなりそうな気になっちゃうけど、田母神さんがお勉強された先生が「原発の技術者」ってのがね・・。

    この「原発の技術者」が、いわゆる原子力ムラの一員だとしたら、話を鵜呑みに出来ない気がしちゃう。

    田母神さんは原子力ムラに洗脳されてるような感じさえします。
    −◆−

    「再処理とか考えると、もっと減ってくる」ってのも、理想と現実ではギャップがあるんじゃないの?

    高速増殖炉・プルサーマルの問題点はクリアできてないんじゃないの?
    現実問題として難儀してるんでしょ・・・。
    −◆−

    話は変わりますが、東電は、福島第一原子力発電所5号機で配管が破損し、燃料の保管プールを冷やすための海水約1・3トンが原子炉建屋内に漏れたと発表・・・。

    この冷却系統が停まってるんだけど、とりあえず9日間程度は停まっていても燃料プールは大丈夫なんだそうな・・・。


    でね、5.6号機は1〜4号機に比べて落ち着いてると思い込んでいたけど、なんだかんだ言って燃料の保管プールを冷却し続けなきゃいけないんだと再認識。

    廃炉になるにしても、神経質に監視する必要があるんだから難儀です。

    要するに原発というのは手間暇と金が掛かる代物で、とっても危なっかしいと言うことでしょうか・・・。

    こんなものを経済的で安全だと行って使い続けるのはヤバすぎる気がしますけどねぇ。

    田母神さんの話を聞いても、一向に楽観的にはなれませんでした。






    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2017.05.13 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten