「花子とアン」第83回★一瞬で離婚成立!?

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第83回
    (7月4日)


    今日は話を全部追うのはやめて、英治(鈴木亮平)の「離婚成立」に集中。
    −◆−

    梶原編集長(藤本隆宏)が創刊号発行の報告と謝意を伝えるために村岡家を訪ねました。

    平祐(中原丈雄)と郁弥(町田啓太)が応対。英治(鈴木亮平)は不在。

    梶原編集長「『にじいろ』おかげさまで評判もよくて次の号の問い合わせもたくさん入ってます。」

    村岡父「それはよかった。英治が聞いたら喜びます。」

    梶原編集長が郁弥に「英治君奥さんの病院?」
    口ごもる郁弥。

    父・平祐が「実は英治は離婚したんです。嫁の方から別れてほしいと言ってきまして英治は最後まで納得しませんでしたが嫁の意志が固く先方の親とも話し合って区切りをつけました。」

    梶原編集長「そうでしたか…。」
    父・平祐「ところがあいつは夫婦でなくなった今も病室に通い続けています。」

    郁弥「当然だよ。義姉さんは兄さんのためを思って別れたんだから。」

    これほど簡単に話が進むとは驚きです。
    離縁するのは分かっていたけど、父・平祐に「離婚成立」を語らせてサクサクと話が進むとは思いませんでした。
    −◆−

    英治(鈴木亮平)が帰って来ました。

    梶原編集長「俺も一度結婚に失敗してる。実は結婚する前愛していた女性がいたんだ。だが親の勧めるまま別な人と一緒になった。でも俺は妻を幸せにしてやる事はできなかった。別れる時彼女に言われた言葉が今も耳に残っててね。『結婚しても私はずっと寂しかった』 そう言われたんだ。俺と一緒にいると一人でいる時より孤独を感じたそうだ。」

    富山先生(ともさかりえ)と梶原編集長の”過去”については脚本家さんが忘れちゃったのかと思ってたんだけど、ここでようやく ほんのちょっとだけ言及されましたですね。

    英治は「香澄も、そうだったのかもしれません。僕は2人の女性を傷つけてしまいました。」

    梶原編集長「安東君は甲府の実家に帰した。ここんとこずっとうわの空だったからね。」

    重箱の隅をつつくようだけど、梶原編集長がはなを甲府に帰郷させたんじゃなくて、かよ(黒木華)が気を遣ってはなを帰郷させたんでしょ。

    梶原編集長のセリフは正確には「安東君には休みを取らした。」じゃないの?

    それとも、梶原編集長がかよ(黒木華)に働きかけて”はな”を帰郷させるよう仕向けたってコト??

    ま、そんな細かいこと気にしてもこのドラマが面白くなる訳じゃないからスルーしておこっかな・・・。
    −◆−

    一応、帰郷したはなにもちょっとだけ触れておくことに・・・。

    リン(松本明子)が「ありゃあ男に裏切られただよ。」などとわーわー騒いでるのがうっとうしい。

    だから”はな”は教会の本の部屋に行って翻訳作業に・・・。

    雨音が聞こえてきたので村岡に抱きしめられたときのことが頭をよぎっちゃって、はなの脳内ホルモンのバランスが崩れちゃいます。

    魂が抜けたような”はな”は英治(鈴木亮平)から貰った辞書を窓から外に放り投げようとして「今度こそ忘れてやらあ!」

    これを朝市(窪田正孝)が制止。

    これがオリジナルのドラマだったら、ここから大逆転ではな(吉高由里子)と朝市(窪田正孝)が結ばれるなんてことも考えられるけど、現実にはそうならないことが分かってるから面白味が半減しますね。

    結果は見えてるんですもんねぇ・・・。
    −◆−

    こんな感じだった『花子とアン』第83話。

    とにかく村岡英治(鈴木亮平)と香澄(中村ゆり)の離婚成立の顛末がだった印象・・・。

    村岡が既婚者だと分かるまではダラダラと時間を使い、離婚成立は一瞬。

    ん・・・・・・。



    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #84 #82 #81 #80 #79 #78 #77
    ★スタジオパーク「吉田鋼太郎」










    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      明日が楽しみ〜!って毎日見てる訳でもなくヾ(゚∇゚*)コラブログ仲間やツイッター情報で別ネタの方で楽しむ。あるがままに書かれるMこさん、情報ありがとう♪白蓮事件を知ってから、蓮子と宮本龍一の行く末の方が気になって…花子のドジを見てるのが辛いずら。早くくっ
      • 美容師は見た…
      • 2014/07/05 5:51 PM
      失恋のあげく仕事でも失敗続きのはな(吉高由里子)は、梶原(藤本隆宏)にしばらく 休むよう告げられ、甲府へ帰ることに。 吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)は突然帰ってきたはなに驚き、はなは新しい雑誌が 完成したからお休みをもらったと嘘をつく。 しかし肝心の雑誌
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/07/05 2:24 PM
      お父ったら 久しぶりに出てきて何を言うかと思ったら 花子と村岡さんがお似合いだと示唆? …ひじゅにですが何か? 「ハナの訳した言葉にピッタリじゃ」byお父 梶原:さあ、いよいよだぞ〜 醍醐:編集長、随分張り切ってますわね 梶:ああ、今
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/07/05 12:42 PM
      お父ったら久しぶりに出てきて何を言うかと思ったら花子と村岡さんがお似合いだと示唆?…ひじゅにですが何か?「ハナの訳した言葉にピッタリじゃ」byお父梶原:さあ、いよいよ...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/07/05 12:42 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第14週『ゆれる思い』【第83回】の感想。 失恋のあげく仕事でも失敗続きのはな(吉高由里子)は、梶原(藤本隆宏)にしばらく休むよう告げられ、甲府へ帰ることに。吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)は突然帰
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/07/04 9:43 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten