シドニアの騎士 第12話(最終回)「帰艦」★お前なんて星白でも人間でもない!

0
    シドニアの騎士 第12話(最終回)「帰艦」

    シドニアとの衝突コースにある体積8000倍「超巨大奇居子ガ542」との息もつかせぬ攻防!!

    『シドニアの騎士』素晴らしい。
    −◆−

    すでに第二小隊24機を失い第一小隊も残り14機。

    対惑星誘導飛翔体着弾まであと1時間。

    シドニアの全ヘイグス粒子を集束して目標に撃ち込んで胞衣に穴を開け、そこから突入する衛人がガウナ本体を攻撃し、対惑星誘導飛翔体着弾の妨害を阻止する決死の作戦。

    巨象に蜂が挑むような戦いです。

    本体からはぐれている継衛と仄煉の衛人。
    谷風「煉は負傷した仲間の救出を頼む。」

    「谷風はどうするの!?」
    谷風「継衛の背部推進機関には新型ヘイグス機関の試作機が入ってるんだ。俺一人なら間に合う。」

    「谷風、またお前だけ特別な装備だな。ずるい。」

    一人突撃しようとする谷風に煉が貫通弾を手渡して「これ、烽の敵を取るために1発だけ残しておいたの。私の代わりに烽の敵を取ってくれる?」

    これがあとから効いてきます。

    706の煉を残して飛んでいく谷風の継衛。
    −◆−

    第一小隊が開口部から突入。

    10機編隊を追って赤く光る紅天蛾。
    フェイスガードを被ったまま「ウフフフッ。」

    腐った動物を思わせる”非直線”の紅天蛾の赤い機体がすごく不気味です。

    紅天蛾がサマリを捉えたかと思った瞬間、二機の間をヘイグス粒子砲が切り裂きます。

    谷風の継衛!
    宙を漂う岩塊を縫うように紅天蛾を追う継衛。

    谷風「ここは俺に任せてください。主本体の破壊を頼みます!」

    サマリ「しかしお前一人で…。」
    谷風「継衛には対ヘイグスコーティングがあります。」

    管制官「開口部の胞衣が急速に再生しています。」
    サマリ「分かった!全機突入!」

    凄いテンポで物語が進みます・・・。
    −◆−

    谷風が紅天蛾を引きつけている間に第一小隊が開口部を突破を試みます。
    閉じ始めた開口部に1機激突。

    第一小隊が侵入した直後、開口部は閉じてしまいました。

    残された谷風と紅天蛾が一騎打ち。
    赤い光りと青い光りが宇宙空間を舞い、アムロとシャアみたいな。

    いや、むしろ谷風と星白のことを思うと この場合はアムロとララァか・・・。

    加速しても紅天蛾を振り切れない長道。
    紅天蛾「ウフフフッ。」

    紅天蛾と交錯する間に弾丸を連射で撃ち込む谷風。

    紅天蛾、一瞬焦った?

    ガウナからの一斉攻撃を受け損傷する継衛。
    衝撃で長道が意識を失います。

    ガウナの引力で墜落してゆく継衛。

    管制官「あの高度じゃ助かりません!」
    「谷風機応答して!谷風!」

    その瞬間、もう一つの青い光!
    本体からはぐれていたイザナの機体です。

    落ちてゆく継衛の手をつかむイザナ機。

    管制官「科戸瀬機 荷重限界です。このままでは機関暴走して爆発します!」

    かろうじて墜落コースから反転。
    耐えるイザナ「長道の命は消さないよ。シドニアの希望の光。」

    管制官「科戸瀬機上昇。ガ542体表から離脱していきます。」

    管制官「科戸瀬機後方から紅天蛾急接近! 紅天蛾から高密度ヘイグス粒子反応!」

    攻撃を受けて目を覚ました谷風。
    紅天蛾「ウフフフッ。」

    ジェットコースターのような展開です。

    再び一騎打ちが始まった紅天蛾と継衛。
    貫通弾を放つ継衛。「当たれ〜!!」ドォンーーン!

    紅天蛾は高速移動して弾を避け続けます。

    管制官「継衛の奇居子本体貫通弾残弾ゼロ!」
    ついに弾切れ!!

    正面から紅天蛾。
    煉が1発だけ残しておいた貫通弾を手渡してくれたことを思い出した谷風。

    紅天蛾は勝利を確信して「ウフフッ。ホシジロイッキゲキハ。」

    しかし谷風は「お前なんて…星白でも人間でもない!」

    ひ弱に見える谷風だけど、戦いで精神的に壊れてしまったカミーユ・ビダンより強いなぁ。

    谷風は、貫通弾をつかんだままの継衛の腕を「ロケットパンチ」のようにして紅天蛾に向かって発射。

    谷風「行けーーーーーー!!!」

    紅天蛾にロケットパンチが命中。
    粒子となって飛び散っていく紅天蛾。

    やはりララァフォウをなんとなく思い出しちゃう・・・・。
    −◆−

    第一小隊はガウナ本体を攻撃。
    サマリ「見えた!あれが主本体だ。」
    BGMが良いなぁ・・・。

    管制官「飛翔体小惑星表面に着弾!中心核到達まで5秒、3、2、1・・・中心核到達。爆縮します。」

    全速力で中心部からの脱出を図る第一小隊!

    管制官「崩壊する小惑星の中から飛び出した飛行物体を確認! これは…衛人です!七機掌位の衛人隊です!」

    こうして超巨大奇居子の破壊に成功。
    しかしシドニア軍の衛人隊による殲滅作戦は出撃48機中 撃墜38機という甚大な損害を被りました。

    大きすぎる代償・・・。
    −◆−

    帰還してきた谷風は岐神を訪ねて「正直に言ってしまうけど俺はお前を許せないという気持ちはまだある。だけど岐神お前も俺が大好きなシドニアの人間の一人なんだ。それに、岐神お前はいい操縦士だ。また一緒にシドニアを守るために戦おう!」

    谷風、一皮むけて大人になった・・・。
    −◆−

    仄煉が谷風に「焔のことがあって谷風には素直になれなかったんだ。あれは事故だったのに…。私たち実年齢はまだ5歳くらいなんだ。特殊な方法で圧縮された知育は受けたけどやっぱりまだ未熟なんだと思う。」

    谷風「煉がくれた貫通弾すごく役に立ったよ。ありがとう。」

    「谷風こそ約束を守ってくれてありがとう。あんな使い方谷風にしかできないよ。」
    そうか、烽の敵を取るという約束してたんでしたね・・・。

    この場面も、絵面が良い。
    コンクリート打ちっ放しのような建造物の壁、階段の錆びてる手すり。

    シドニア内部って、雰囲気有るよなぁ・・・。
    −◆−

    谷風が鼻歌を歌いながら外生研に向かいます。

    隔離槽のガラスに内側から「ながて」と書かれているのが映って、とりあえずTHE END。

    エナ星白、どうなる???

    「タビハツヅク」
    −◆−

    ざっくりこんな感じだった『シドニアの騎士』最終回。

    この先のことは待つしか無いので・・・・。

    いやぁ『シドニアの騎士』、ヨカッタですねぇ。
    最近のアニメの中では出色の出来映え。

    これだけ個性を出せるのは大したものです。
    登場人物のキャラ付けが派手すぎないのが良かったなぁ・・・・。

    そして「絵面」については『ロボットもの』なのに、ビビットな色使いは皆無で、白を軸に使った静かな絵柄が魅力的。

    艦長の仮面なんかも独特の和風テイストが効果的!

    シドニア内部の構造物の色使いも良いし、パイプの這わせ方などの全体の質感もとっても良かったし、無機質な艦内にあって床など所々に「木」が用いられていて味わいがありました。

    またCGの「親和性」も素晴らしくて、浮いてる感じがぜんぜん無かった。
    −◆−

    奇居子、紅天蛾、衛人、継衛など「漢字名」にも独特の魅力がありました。

    そして不死の船員会であったり、100年前、600年前にも繋がっている物語のスケール感とSFテイストに痺れました!!

    第2期『シドニアの騎士 第九惑星戦役』の放送が待ちきれない!!!




    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #80 #79 #78 #77 #76 #75 #74 #73
    ★スタジオパーク「吉田鋼太郎」









    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ



    スポンサーサイト

    • 2017.04.25 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      2期の制作が決定したようですが、とりあえず第1期の最終回です! 巨大ガウナとシドニアの戦いが続いています。味方の半数を失った衛人隊でしたが、そんなギリギリの状況の中、緑川はシドニアのヘイグス粒子砲を使ってガウナ本体に穴を開ける作戦を考え出しました。こ
      • 日々の記録
      • 2014/07/01 5:38 PM
      『シドニアの騎士』 第12話「帰艦」を観ました。<ストーリー>紅天蛾により、第二小隊は全滅した。対惑星誘導飛翔体の着弾まで時間がない中、シドニアは巨大
      • オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? |『シドニアの騎士』 第12話の感想と考
      • 2014/06/30 6:20 PM
      シドニアから放たれたヘイグス粒子砲がガ542の先頭部に到達し、戦場は眩い輝きに包まれていく。 その影響でイザナは班とはぐれ、衞人各機もシドニアとの通信障害に襲われてしまう。 そんな中、紅天蛾撃墜に向かおうとする長道は、仄煉の操縦する706から一発の貫通弾
      • 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
      • 2014/06/28 11:26 AM
      熱きバトルの最終回! そして2期発表きました♪ シドニアの旅はまだつづく(笑)   連結型ガウナを内部から破壊するため第2小隊は突入。 長道は紅天蛾と戦うが…  
      • 空 と 夏 の 間 ...
      • 2014/06/28 10:27 AM
      シドニアのヘイグス砲によりガ542のエナが大きく欠損し内部構造露出。 突入しようとする長道は煉から烽の仇を取る為に残していた貫通弾を託される。 わだかまりがあって複雑そうだったけど、一人でも向かおうとした長道には思う所があったみたいだな。 紅天蛾が襲
      • 趣味人の宿部屋
      • 2014/06/28 9:38 AM
      最終回 第12話 帰艦 高圧縮ヘイグス粒子砲で連結型奇居子の胞衣に穴が開いた。仄は兵の救出係となり長道に残しておいた貫通弾を手渡す。イザナは弾き飛ばされて通信障害発生、受信可能状態。胞衣が空いた穴を閉じようと収縮を始める。サマリ小隊は開口部から内部へ侵
      • ぬる〜くまったりと
      • 2014/06/28 8:54 AM
      【最終話のあらすじ】 小惑星をも飲み込む巨大ガウナに苦戦する衛人隊。 纈はシドニアのヘイグス粒子砲により開いた穴への突入を命ずる。 サマリら第一小隊が人類の存亡をかけたこの大博打を請け負う。 長道は班を離れ、単独行動を取る。 煉は烽
      • RelaxMediaPark
      • 2014/06/28 6:35 AM
      熱い戦いでしたね。 2期製作決定!は嬉しいですね。 冬作品となりそうで、来年1月が楽しみです。 対話不能の異生物・奇居子に破壊された太陽系。 かろうじて生き残った人類の一部は、小惑星を船体とした巨大なる宇宙船 シドニアで繁殖しながら宇宙を旅する道を選
      • ひえんきゃく
      • 2014/06/27 10:07 PM
      シドニアの騎士の第12話を見ました。 #12 帰艦 第二小隊が全滅し、第一小隊の面々はシドニアの全へイグス粒子を使って主本体を破壊するために奇居子の内部へと侵入しようとするが、紅天蛾が邪魔に現れる。 長道は煉と共に負傷した衛人の救出をしていたが、
      • MAGI☆の日記
      • 2014/06/27 12:59 PM
      『帰艦』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/06/27 12:34 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten