「花子とアン」第62回★修羅場:ふじ(室井滋)が強烈ビンタ

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第62回
    (6月10日)


    ふじ(室井滋)と謎の女・サダ(霧島れいか)が対面して空気が凍り付いている安藤家。
    サダって名前からして「阿部定」を連想しちゃう。

    はなが 妙な色気を漂わす女に茶を出すと「お母さんと違って気が利くのね。はなさん。」

    はな「何で私の名前をご存知なんですか?」
    サダ「吉平さんがいつも自慢してたんですよ。娘のはなは東京の女学校を出て英語も喋れるって。」

    あらまぁ、そんな家族のことまで知ってるのね。
    吉平(伊原剛志)さんの容疑が濃くなっちゃうじゃん。

    サダ「新潟で知り合って、しばらく一緒に過ごしました。まるで夫婦のように。」
        
    リン「てっ!」
    サダ「吉平さんは新潟を去る時、こう言いました。『必ずサダさんを迎えに来るから』って。こうも言いました。『山梨に置いてきた古女房とは別れるから、一緒になろう』と。」

    わちゃーーー。
    ふじ(室井滋)さん、癇に障ったのか急に立ち上がって瓶の水を飲みに行きました。

    サダはさらに「それから私、ずっと待ってたんですけど。寒くなると、ぬくもりが恋しくて。お嬢さんの前でなんですけど。吉平さんのぬくもりが恋しくなって こっちから迎えに来ちゃいました。」と微妙にエロい発言。

    ふじ「うちの人に限ってほんな事。絶対に、信じれんねえ。」
        
    余裕の薄笑いを浮かべていたサダが髪から櫛を抜いて「このくしも、吉平さんがくれました。『私によく似合う』って。『このくしには、俺の気持ちが籠ってる』って。」

    膝の力が抜けて崩れ落ちるふじ(室井滋)さん。
    吉平さんは昔 ふじさんにもを渡してたよねぇ。

    サダ「それにしても、吉平さん遅いわね。よっぽどこのうち、居心地が悪いのかしら。そういえば、フジさんの話もしてくれたっけ。」
        
    はな「おとう、おかあの事何て言ってたですか!?」

    サダが外を指さして「違いますよ。あの富士山。甲府から見えるのは裏富士で、吉平さんの生まれ故郷の静岡から見えるのが表富士だって、教えてくれました。『いつかお前には、表側の富士山を見せてやる』って。」

    周造さんが過敏に反応して「バカっちょが! こっちが表に決まってるら!」と噴火。

    リン(松本明子)の発言やら周造(石橋蓮司)の富士山怒りやら、ギャグなんだか本気なのか微妙な脚本じゃなぁ・・・。

    それはさておき、この女は吉平が静岡生まれであることも把握してる。
    小生は知らなかったけど・・・。
    −◆−

    タイミング良く(悪く?)帰って来た吉平(伊原剛志)。

    サダは一旦撤退。
    全然悪びれた様子がなく、いつもの調子の吉平。

    朝市「おじさんと約束したって。結婚・・・。」
    吉平「てっ! 結婚!? ほんな事あるわけねえら!何でえ? みんなほんな話信じただけ! バカ言え! サダさんにはちゃ〜んと旦那がいるだ。ふんだけんど、ほの旦那が、荒くれもんで、喧嘩っ早くってな。サダさんは、いっつもあっちこっち行って謝って、ほれでまた、旦那に叩かれたりして、気の毒な身の上じゃん。」

    しかし一緒に酒を飲んだ後、何かがあったかどうかは記憶が無い吉平。

    ふじ「ふんじゃあ、あの、白くて高そうな櫛は何でえ?」

    吉平「櫛? ああ〜、サダさん気に入ってくれたからな。ハハハハハ。」

    ふじ(室井滋)さん、アントニオ猪木もビックリの凄まじいビンタを「バシッ!!」っと炸裂させます。

    もはや阿鼻叫喚の修羅場。
    「あんたみてえな男もう、愛想がつきたじゃん!出てってくりょう! 出てってくりょう! 出てけ!!!」

    吉平「何かの間違えだ。」
    聞く耳持たないふじさん。

    吉平は追い出され、ふじは号泣・・・。
    −◆−

    吉平は徳丸(カンニング竹山)の所に転がり込んで一夜を過ごし、次は朝市を頼って教会で泊まらせて貰うことに・・・。

    はながこれを察知して現れ「おとう! おかあがもう帰ってこなんでいいって。」

    はなは背負ってきた吉平の荷物を床にドスンッと落としました。
    まるで1トンくらいありそうなほど埃が舞い上がりました。

    <秋深し。おとうとおかあの間も、このまま冷え切ってしまうのでしょうか。ごきげんよう。さようなら。>
    −◆−

    概ねこんな感じだった『花子とアン』第62話。

    吉平に後ろ暗いことがないにしても、サダに櫛をプレゼントしたのは宜しくないわ。

    で、《サダ騒動》で、ふじと吉平が深い愛を再確認するなんてベタな展開になるの??

    最近つとにつまらないので、なにか面白いエピソードになることを期待。




    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #63 #60 #59 #58 #57 #54 #51 #50


    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #8「傘」 #7「財布」 #6「鞄」 #5「眼鏡」
     #4「手帳」 #3「靴」 #2「万年筆」 #1「時計」

    ◇◆◇ ムロツヨシの新解釈・日本史 ◇◆◇
    #6 #4 #3 #2 #1









    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.15 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      せめて もうちょい 面白ければなあ …ひじゅにですが何か? 「古女房とは別れるから一緒になろうって」byサダ 『蓮子とデン』パートでは あくまでも蓮子とデンのエピに限定し あくまでも主軸は蓮様で 内容的にも一応実話を基にしているのに対
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/06/11 12:33 PM
      せめてもうちょい面白ければなあ…ひじゅにですが何か?「古女房とは別れるから一緒になろうって」byサダ『蓮子とデン』パートではあくまでも蓮子とデンのエピに限定しあくまで...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/06/11 12:33 PM
      はな(吉高由里子)がリン(松本明子)に連れられ家に駆けつけると、ふじ(室井滋)が 見知らぬ女・サダ(霧島れいか)と対じしていた。 サダは、かつて木賃宿で吉平(伊原剛志)と夫婦のように暮らし、一緒になると約束 したから迎えに来た、と話す。 ふじは「うちの人に限
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/06/10 11:42 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第11週『グッバイ!はな先生』【第62回】の感想。 はな(吉高由里子)がリン(松本明子)に連れられ家に駆けつけると、ふじ(室井滋)が見知らぬ女・サダ(霧島れいか)と対じしていた。サダは、かつて木賃宿
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/06/10 2:34 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten