NHKプロフェッショナル 仕事の流儀★本田圭佑「弱い自分」

0
    2014年6月2日「プロフェッショナル 仕事の流儀 本田圭佑SP2014(1)密着 世界一への道」を観ました。
    −◆−

    石垣島でのストイックな自主トレ、ACミラン練習施設にある砂地でのキツいランニング練習。自分を追い込む本田の姿が鮮烈。

    そしてインタビューに答えた本田の言葉が心に残りました。
    −◆−

    「僕の場合、困難と向き合ってる時間が長いからか、それを楽しめないようじゃ人生やっていけないと思うんですよね。だから僕はいつも壁にぶつかったときに言い聞かせてるのは、これを体験できるのは世界で俺しか居ない。この状況下における人間は66億人の中で僕だけなんですよね。そんな貴重なことは無いと。『目一杯やりきれ』と、『目一杯生きる』と。」

    ネガティブをねじ伏せる本田の思考が格好良い。
    −◆−

    「凡人がね メッシやクリスティアーノと張り合おうと思ったら毎日 鬱ですよ」

    本田の人間性が滲み出る独特の言い回しですね。
    −◆−

    「常に弱い自分を倒すことから始まるんで、弱い自分が日常から現れない日は無いです。どんな練習をやってても一生懸命やる練習であれば弱い自分は毎日出ます。だから解決されることは無いですよ。そういう弱い自分と毎日向き合って、信念がちょっとずつ太くなっていくんですよね。それとの格闘をやらないことには強い信念も磨かれてこないですから。」

    小生なんか「弱い自分」に負けっぱなしだから、「弱い自分」に妥協しない本田の姿勢がまぶしい。
    ひたすら前に進んでいく本田圭佑に魅せられちゃった。
    −◆−

    上記の以外の言葉にも「金言」となるようなものが多く、いちいち言ってることが心に響きます。
    人生の経験値が高いからか、年齢以上に言葉が奥深いですね。

    そして、ファッションも格好良い。

    プレーだけで無く、言動やファッションも含めて<プロサッカー選手・本田圭佑>なんでしょうね。

    実に魅力的な人物です。




    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #60 #59 #58 #57 #54 #51 #50

    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #8「傘」 #7「財布」 #6「鞄」 #5「眼鏡」
     #4「手帳」 #3「靴」 #2「万年筆」 #1「時計」

    ◇◆◇ ムロツヨシの新解釈・日本史 ◇◆◇
    #6 #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.08.05 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten