『軍師官兵衛』第22話「有岡、最後の日」★荒木村重、自己中!!

0
    『軍師官兵衛』第22話「有岡、最後の日」

    史実が分かっていて、荒木村重(田中哲司)や官兵衛(岡田准一)の運命はある意味ネタバレ状態なんだけど、見ていて面白いのが『軍師官兵衛』
    −◆−

    善助(濱田岳)が有岡に潜入し、ふんどし姿で土地牢のすぐ外まで泳ぎ着きました。

    西島秀俊みたくムキムキではない濱田岳くんではサービスカットにはならないね。
    とりあえず「殿。栗山善助でございます。」
    官兵衛「善助…。」

    こうして幽閉後、初めてコンタクトが取れたのであります。
    −◆−

    書状を手にした職隆(柴田恭兵)さんが「光!光!善助からだ。」

    前回、最高級の熱演を見せてくれた柴田恭兵と中谷美紀の場面。
    官兵衛生存を知って感涙にむせぶ二人。今週も良い感じです!
    −◆−

    秀吉(竹中直人)にも官兵衛生存の書状が届きました。

    半兵衛(谷原章介)が帰って来て「半兵衛喜べ。職隆殿からじゃ。」

    半兵衛「やはり官兵衛は裏切っておりませぬ。」

    秀吉「半兵衛よ。そろそろ誠の事を申してくれぬか?」

    阿吽の呼吸で秀吉が知りたがっていることに思い至った半兵衛は「ご安心下さい。松寿は生きております。」

    秀吉「あははははははは!生きておった!生きておった!はははははははは!」と狂喜乱舞。

    半兵衛「菩提山のそれがしの庵にて匿っております。この事おね様はご存じです。」

    秀吉「おねもか!お主ら2人そろって主をだましおって!ははははははははははははは!」と両手両足をバタバタ。

    普通の役者さんがここまで派手な演技をすると滑稽に見えそうだけど、怪優・竹中直人なら滑稽芝居もアリだわ。
    文句を言わせない個性ですね。
    −◆−

    病状悪化の半兵衛が床に伏せっており、やばい雰囲気。

    秀吉「半兵衛、お主がいなくなったら…わしはどうすればいいんじゃ?」

    半兵衛「官兵衛がおります。これからは、何事も官兵衛をお頼り下され。」

    <天正7年6月13日。希代の軍師竹中半兵衛はこの世を去った。36歳の若さであった。>

    遺骸にすがって号泣の秀吉。
    −◆−

    毛利の援軍が来なくて、危ないオジサンになってる荒木村重(田中哲司)。

    「なぜだ、なぜ毛利は来ぬ・・・。」
    知らない人が見たら、薬物中毒者のような風情。

    少しでも怪しいと見なされれば容赦なく殺されるという情報も出回っております。

    そんなある日。陶器(茶器?)をいっぱい出して品定めしてる荒木村重。

    小生が苦手とするだし(桐谷美玲)が「何をなされているのです?」
    村重「土産を選んでおる。毛利輝元公への土産じゃ。わしは決めた。このまま待っていてもらちが明かぬ。わしがじかに毛利を呼んでくる。そのための土産だ。」

    だし、あきれかえって「殿が城を出られるという事ですか?」
    村重「わし自ら談判に参る。さすればいかに腰の重い毛利とてむげにはできまい。」

    だし「城主が城を抜け出すなど。家中の者が聞いたら何と思うか」

    村重「お前や子どもを守るためにはこれしかないのだ。必ず援軍を連れて戻ってくる。」

    <天正7年9月2日夜。村重は織田軍の厳重な包囲網をかいくぐりひそかに有岡城を脱出した。>

    どんな理屈を付けても、このシチュエーションで殿様の荒木村重が城から出ちゃうのは常識的じゃ無いよなぁ・・・。

    で、荒木村重は城を出たものの、尼崎城で後にも先にも動きが取れなくなって「もはや毛利は来ぬ。」
    −◆−

    <天正7年10月15日。織田軍が有岡城下になだれ込み町を占拠。城の目前に迫った。>

    JR伊丹駅らへんに織田軍が殺到してるのね。
    長いこと発掘調査してたものなぁ・・・。

    十字架に向かっているだし。懐刀を手にして覚悟を決めてる??

    池田和泉守が「尼崎におられる殿が速やかに降伏を承知なされば城の者の命は助けるとの事にございます。」とだしに報告。

    ところが尼崎城の荒木村重は「降伏はせぬ。わしは負けぬ。わしは思いついたのだ。信長に決して負けぬ手だてを。生きる事だ。わしが生きておる限り信長に負けた事にはならぬ。何があろうと生きて生きて生き抜いてやる!」

    有岡城で織田軍に取り囲まれている家臣や女房子供のことなんか頭に無い!?
    荒木村重、自己中!!

    有岡城では和泉が銃を咥え、だしに「お先に!ごめん!」
    ズドーーン。

    だめ上司に仕えたのが運の尽き。
    −◆−

    総攻めが始まって、半死半生の官兵衛救出!!
    まぶしい太陽を見て「生きておる」

    次回へ続く・・・・。
    −◆−

    ざっくりとこんな感じだった『軍師官兵衛』第22話。
    大投手・田中将大を生んだ伊丹での出来事。
    有村架純ちゃんは伊丹大使。

    柴田恭兵、中谷美紀、田中哲司、竹中直人、江口洋介、濱田岳、高橋一生ら演者が良いですね。

    (『ルーズヴェルト・ゲーム』の江口洋介は良いと思わないのですが、『軍師官兵衛』では怜悧な感じが役にフィットしているように思います。)

    相変わらず有岡城、尼崎城などローカルネタにもくすぐられちゃいます。

    そんなこんなを含めて、大河らしい安定感も良い感じです。




    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #60 #59 #58 #57 #54 #51 #50

    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #8「傘」 #7「財布」 #6「鞄」 #5「眼鏡」
     #4「手帳」 #3「靴」 #2「万年筆」 #1「時計」

    ◇◆◇ ムロツヨシの新解釈・日本史 ◇◆◇
    #6 #4 #3 #2 #1






    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    スポンサーサイト

    • 2020.01.28 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      大河ドラマ「軍師官兵衛」第22話は幽閉された官兵衛を救出しようと善助らが時を伺っていた。そんな中半兵衛は秀吉に松寿丸は生きていると告げて官兵衛に後を託すと言い残してこ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2014/06/05 12:08 AM
      竹中半兵衛@谷原章介は黒田官兵衛@岡田准一の嫡男松寿丸@若山耀人を 助けていたことを羽柴秀吉@竹中直人に告げた後病没、 一方、有岡城に孤立した荒木村重@田中哲司は毛利に援軍を要請するため、 だし@桐谷美玲たちを残し、城を脱出、 村重のいなくなった有岡城は
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/06/03 1:15 AM
      大河ドラマ「軍師官兵衛」。第22回、有岡、最後の日。 追い詰められた有岡城主・荒木村重の取った行動とは。 そして、牢に囚われている官兵衛は・・・。
      • センゴク雑記
      • 2014/06/03 12:17 AM
      「有岡、最後の日−遂に奇跡の生還!」 第22回の関東の視聴率は、前回の14.8%
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2014/06/02 10:10 PM
      第二十一話「松寿丸の命」はこちら。 先週負傷したうちの猫は驚異的な回復力を見せ、
      • 事務職員へのこの1冊
      • 2014/06/02 7:26 PM
       専助から姫路に官兵衛の無事を知らせる手紙がとどき、職隆も光も泣いて喜びます。そのころ病の身をおして播磨の秀吉本陣へ復帰した半兵衛は、官兵衛と松寿丸の件を報告。秀吉も、半兵衛の情義ある措置を喜んで認めました。しかし、無理をした半兵衛は倒れてしまい、つ
      • ふるゆきホビー館
      • 2014/06/02 6:37 PM
      公式サイト 劣悪な環境の有岡城の土ろうに1年間幽閉され、官兵衛(岡田准一)は、身
      • 昼寝の時間
      • 2014/06/02 3:46 PM
      「釜底抽薪」とは文字通り、釜の底から焚き木を抜く・・・という意味である。 石川五右衛門は釜ゆでされないために釜の底の薪をあらかじめ盗んでおけばいいのである。 煮えたぎる湯ではなくて・・・その根本にあるものに対処するというのは着眼点を変えるということであ
      • キッドのブログinココログ
      • 2014/06/02 2:11 PM
      劣悪な環境の有岡城の土ろうに1年間幽閉され、官兵衛(岡田准一)は、身も心もぼろぼろに なりながら何とか命をつないでいた。 一方、死期を悟った半兵衛(谷原章介)は秀吉(竹中直人)と最後の面会を果たすため療養先を 引き払う。 そんな中、村重(田中哲司)
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/06/02 1:45 PM
      官兵衛、救い出される… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406010001/ 【送料無料】軍師官兵衛 [ 小和田哲男 ]価格:1,026円(税込、送料込)
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2014/06/02 12:37 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten