上野樹里の「アリスの棘」第8話★有馬(國村隼)が闇の臓器移植!

0
    アリスの棘 第8話

    今回は、良い部分と悪い部分が混在していました。
    −◆−

    良かった点は、有馬教授(國村隼)がラスボスで、闇の臓器移植が影で行われていたという意外性・・・・。

    前回、少し違和感がある会話を西門(オダギリジョー)を交わした腎臓病患者の鈴(藤原令子)有馬の娘だったことには驚かされました。

    父親は厳つい顔なのに、娘は似ても似つかぬ可愛らしさ!

    それに、健太(竹場龍生)くんも単なる患者だと思っていたら、有馬がこの子から腎臓を摘出して娘・鈴に移植しようという大それた計画を企てていたんだから話が大がかりです。

    こういう裏での動きが隠されていて、健太くんらの存在自体が伏線だったというのは予想外の展開。
    15年前の出来事とも関係していたというからスケール感が有って小説にしても通用するプロットだと思います。

    少々無理筋ではありますが、チマチマしていない所が良いんじゃないでしょうか。
    −◆−

    良くなかった点。

    まずは悠真(中村蒼)の死。
    伊達(藤原紀香)に刺されて虫の息の悠真「よかった。あなたを守るって約束してたから・・・。」

    そんな約束してたっけ?
    と言うのも、悠真(中村蒼)と明日美(上野樹里)の関係性を精緻に描くことなく、上っ面だけを描いてきたために、悠真の死という悲劇の物語性を薄くしちゃった印象です。

    悠真って気の毒なほどキャラ薄かったものね・・・。

    (悠真が残した「診察ノート」は 小保方さんの「実験ノート」よりキチンと書かれていたかも?)
    −◆−

    伊達(藤原紀香)が殺人(逮捕時点では殺人未遂かな)の容疑で拘束されたら、明日美(上野樹里)がやらかしたことを警察に話しちゃうやろう・・・・と思っていたら、服毒自殺を図って意識不明だという情報が入りました。

    いかにも辻褄合わせのための意識不明。
    意識があったら、ドラマが成立しませんものね。

    それでも病院に運び込まれたら伊達(藤原紀香)の腹に彫られた文字を見られて不審に思われるだろうに・・・。

    ツッコミどころを完全に払拭できたわけではなさそうです。
    −◆−

    磐台教授(岩城滉一)の死もあっさりしてましたね。

    西門(オダギリジョー)と銀座で7時に待ち合わせをした時点でフラグが立った感じがして、案の定 待ち合わせ前に殺されちゃった・・・。

    有馬がラスボスだと分かった時点から、急に小物感を漂わせ、あっさ殺された磐台教授・・・。
    登場人物の扱いが粗雑。

    これで、磐台親子、一気に死亡。
    これだけの大事があった割には、病院内は平静でしたね。
    普通は蜂の巣をつついたような騒ぎになりそうなのに、何事も無かったかのような院内。

    なんか、微妙にシックリ来ません。
    −◆−

    再び、良かったところ。
    悠真(中村蒼)の死等を受けて、引きこもった明日美(上野樹里)が、二階にため込んでいた膨大な資料を床に投げ捨てるシーン。

    上野樹里が薄暗い部屋で見せた鬼気迫る演技がヨカッタ。
    −◆−

    こんどはイマイチなところ・・・。

    有馬が意図的に健太くんの心臓機能が弱ってくるように仕向けてることを察知した明日美(上野樹里)は、密かにドブタミンを注射して心機能を回復させようとしています。

    「健太くんは私が守ります」

    こそこそ注射するなどして健太くんを救える確信があるのかもしれないけど、子供の患者に有馬教授(國村隼)が悪さをしていることを察知した時点で、もはや警察に通報するしかないと思うけどなぁ。

    だって明日美は復讐の経過において「誰かを傷つけたら、自分もあいつらと同じになってしまう」と気づいたわけでしょ。

    万が一、健太くんを救えなかったら、誰かを傷ることになるじゃん。

    やっぱ、直ちに通報して健太くんを確実にすくうべきだと思うけど、証拠が足りないとか、そういう感じなのかなぁ・・・。
    −◆−

    盤台の背広に入っていたICレコーダーを見つけた美羽(栗山千明)。

    再生すると、明日美の声が・・・。

    明日美の運命や如何に・・・・続く。
    −◆−

    こんな感じで、臓器食を巡る大がかりな「謀略」が隠されていた点などは良かったけど、磐台親子の扱いなどが粗雑だったり、ツッコミどころがあるのが惜しい「アリスの棘」 第8話でした。

    しばらくお休みしていたアリスのカードも復活して、最終盤になだれ込みます。

    繊細さや緻密さが無くて完璧にはほど遠い出来なんだけど、なんとなく見続けちゃってるから、それなりに面白いってことなのかなぁ・・・。

    (『復讐の女再び…狂気のオペ計画始動』 ってサブタイトルは煽りすぎで趣味が悪いなぁ。)



    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #50 #49 #48 #47 #46 #45 #44

    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #7「財布」 #6「鞄」 #5「眼鏡」 #4「手帳」
    #3「靴」 #2「万年筆」 #1「時計」

    ◇◆◇ ムロツヨシの新解釈・日本史 ◇◆◇
    #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


    スポンサーサイト

    • 2019.06.04 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      盤台がラスボスだと思い込んでたけど、本当の諸悪の根源的ラスボスは有馬教授だったのか…(^_^;) 明日美が散々手こずったのに、最後はあっさり。 息子をあんな形で亡くして、西門に過去の悪事をリークしようとしたら息の根を止められたという。ww 有馬は自分の娘の為
      • ドラマ de りんりん
      • 2014/06/02 10:18 PM
      伊達理沙@藤原紀香の凶刃から庇った磐台悠真@中村蒼は死亡、 西門@オダギリジョーに何かを伝えようとした磐台教授@岩城滉一も 不審な死を遂げる。 悠真の死に水野明日美@上野樹里は放心状態となるが、 すべての事件の裏に有馬教授@國村隼がいたことを知り、宣戦布
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/06/02 7:25 AM
      第8話「復讐の女再び…狂気のオペ計画始動」2014年5月30日放送 磐台教授(岩城滉一)ら医師たちの懸命な救命にも関わらず、悠真(中村蒼)は帰らぬ人となった。力なく手術室から出てきた磐台とショックを隠せない美羽(栗山千明)から、「これで満足か?」「あんたのせ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/05/31 9:00 PM
      明日美(上野樹里)を庇って伊達(藤原紀香)に刺された悠真(中村蒼)が瀕死の状態になります。 悠真は、明日美との約束通り守ることが出来て良かったと言い残して・・・ 磐台教授(岩城滉一)に「これで満足か?」と言われ、美羽(栗山千明)からは「あんたのせ
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2014/05/31 1:49 PM
      『復讐の女再び…狂気のオペ計画始動』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/05/31 12:21 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten