「花子とアン」第50回★吉平(伊原剛志)を責める吉太郎(賀来賢人)尖りまくり

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第50回
    (5月27日)


    なぜか職員室でくつろいでいる吉平(伊原剛志)。

    吉平さん、自慢の娘について「どうです?はなの先生ぶりは。立派に教えてるでしょう?」

    緑川先生(相島一之)が「問題起こしてばっかしじゃん。」

    吉平「ほんなはずはねえ!はなは東京のすばらしい女学校で人一倍頑張って…。」

    緑川「こういう父親だからああいう娘になったでごいすね。」

    緑川先生は腹の中で色々思うことがあるにしても、初めて会った父親の前であからさまに娘の悪口を言うもんですかねぇ。

    会話として、いかにも「作り物」って印象・・・。

    で、校長から地主の跡取り息子との縁談を聞かされて、これを阻止すべく自宅に急ぐ吉平(伊原剛志)さん。
    −◆−

    4年ぶりに自宅に帰ってきた父・吉平(伊原剛志)。
    もも(土屋太鳳)は無邪気に父の帰還を喜んでます。

    吉平「おお吉太郎。変わりはねえか?」
    すでに強烈にツンケンしている吉太郎(賀来賢人)は「よくものこのこ帰ってこれたもんだな!」

    ふじさんも「今まで何の便りもしなんで一体どこで何してただ!」

    吉平「ほれは…。」
    ふじ「どんだけみんなが心配してたか分かってるか!」

    仕送りもしないで音信不通だったことを責めてるのではなく、みんなが心配してたことを強く伝えてる・・・。

    吉平「いろいろあって…。」
    ふじ「いろいろって?」

    吉平「ほの事は後でこぴっと話すから俺の事よりはな!」

    どんな理由で帰ってこなかったかを簡素に答えれば良いのに、事の真相を先送りにしちゃうからイラッとします。
    脚本家さんの計算尽くの流れだとは思いますが、なんか気持ち悪い・・・。
    −◆−

    吉平「望月さんとの縁談なんもちろん断るずらな? はなを東京の学校で勉強さしたのは広い世界で英語を使って活躍してほしかったからじゃん。地主に嫁がせるためなんかじゃねえ!こんな狭っ苦しい田舎で一生終えてもいいだか!? 俺が今っから徳丸さんとこ行って縁談断ってくるだ!」

    吉太郎、カチーーーン。
    「はなが見合いしたのは何でだか知ってたけ!? 家族のためじゃんか!結婚したら望月さんがこのうちの借金肩代わりして家族の面倒まで見てくれるちゅうでほれではなは見合いしただ!」

    ふじ(室井滋)さんが「かよがこせえた借金さ。」と、かよ(黒木華)の女工哀史を説明。

    「我慢強え かよが…。」と肩を落とす吉平。

    吉太郎は吉平に容赦ない言葉を浴びせかけます。
    「はなが甲府に戻ってきたんだって何でだか知ってたけ? おとうの代わりに金稼いで借金返すためじゃん! おとうが帰ってこねえ間みんながどんだけ苦労しただか知ってたけ。おとうの代わりにおかあが徳丸さんに何べんも何べんも頭下げてる事おとうは知ってたけ!? おじぃやんは腰も足も痛えの我慢して 人手が足りねえから休む事もできねえで毎日毎日畑仕事してきただ。 ももはちっくい頃から友達と遊ぶのも我慢して朝から晩まで畑仕事手伝ってきただ。 ほれでも田んぼと畑だけじゃ食っちゃいけんから みんなで必死で夜なべもして こんなに働いてもちっとも生活は楽になんねえっておとうは知ってたけ!?」とワーキングプアな有様を吐き出し「何一つ知らねえくせに、知ろうともしなんだくせに、こんなおとうなんか おらたち家族に必要ねえ!」

    極貧生活について述べ立てたわけですが、これまでの放送ではそこまでの悲壮感が伝わってきてましたっけ??

    はな以外の家族はボロをまとい顔が黒く汚れているから安東家の窮乏ぶりは分かるんだけど、貧乏ながらも おっとりと暮らしてたじゃん。

    あと、人手が足りないから祖父・周造(石橋蓮司)が腰も足も痛いのを我慢して畑仕事をしているのに、自分は軍隊に入営しようとしてるのは矛盾してない??
    −◆−

    周造さん「キチはおまんに代わって家族の事を支えようとボコの頃から歯ぁ食いしばって頑張ってきただ。こぴっと考えろ。ここにいるのはおまんの家族だぞ。」

    美輪ナレ<おとう本当に何にも知らなかったんですね。せめて今日から愛する家族のためにお励みあそばせ。ごきげんよう。さようなら。>

    なにこれ! このナレーション、なんか変!
    −◆−

    こんな感じだった『花子とアン』第50話。

    吉平(伊原剛志)が4年も帰ってこなかった理由を先送りにしてるから、なんだか見ていてストレスを感じました。

    父・吉平に食ってかかった吉太郎(賀来賢人)の気持ちはわかるけども、朝からハードな揉め事を見せられるのは精神衛生上良くないですしね・・・。

    朝からホワっとしたいのに・・・・。


    たまたまだけど『あさイチ』で三重の海女さんの企画があって、『あまちゃん』のオープニング曲が流れています。

    あの曲を聴くと、無条件にホワっとします。



    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #49 #48 #47 #46 #45 #44 #43


    ◇◆◇ ムロツヨシの新解釈・日本史 ◇◆◇
    #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #6「鞄」 #5「眼鏡」 #4「手帳」
    #3「靴」 #2「万年筆」 #1「時計」







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.10.01 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      4年ぶりに突然甲府へ帰って来て、はな(吉高由里子)の教室へ現れた吉平(伊原剛志)。 家族のもとへ帰っても追い返されないようにしてくれと頼む吉平のために、はなは一計を 案じ、一足先に家へ帰る。 はなはふじ(室井滋)たちの前でさりげなく吉平の話題を出そうとす
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/05/29 1:38 AM
      某前作では理屈で無理クリ纏めるなあ…と揶揄したこと、ほぼ毎週今作の場合理屈がここまでズレまくるとは…と混乱すること、ほぼ毎日理系と文系の差?なんてことも思ったり...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/05/27 11:00 AM
      某前作では 理屈で無理クリ纏めるなあ… と揶揄したこと、ほぼ毎週 今作の場合 理屈がここまでズレまくるとは… と混乱すること、ほぼ毎日 理系と文系の差? なんてことも思ったりしたけど それでは文系に失礼過ぎる(笑) …ひじゅにですが何か?
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/05/27 10:59 AM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第9週『はな、お見合いする』【第50回】の感想。 4年ぶりに突然甲府へ帰って来て、はな(吉高由里子)の教室へ現れた吉平(伊原剛志)。家族のもとへ帰っても追い返されないようにしてくれと頼む吉平のために
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/05/27 10:11 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten