「花子とアン」第45回★はな(吉高由里子)が「みみずの女王」を…

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第45回
    (5月21日)


    教師になってひと月がたち、しばらく欠席の続くたえ(伊藤真弓)のことが気になるはな(吉高由里子)。本多校長(マキタスポーツ)から、たえが親戚の家に引き取られる話を聞いたはなが、たえを案じながら帰宅すると、家の前でたえが待っていました。

    「おらも明日親戚んちに行く事になってるだ。親戚んちに双子が生まれて子守が要るんだ。最後におらどうしても先生にお別れ言いたくて。」

    はな「よく来てくれたね。」
    たえ「もう学校には行けなくなるけんど、おらには”想像の翼”があるじゃん。いつだって翼を広げて先生やみんなに会いに帰ってこられるじゃん。」

    不安が無いわけは無いけど、”想像の翼”で不安を解消しようとしてる様子のたえ(伊藤真弓)。

    はなの子供時代よりたえ(伊藤真弓)の方が苦労を強いられており、”想像の翼”が一層必要なのかも。

    現に修和女学校時代の”はな”は、たいして”想像の翼”を必要としてなかったでしょ。
    −◆−

    ふじ(室井滋)の招きで夕食を摂ることになったたえ(伊藤真弓)。

    「家族+たえ」でいろりを囲んで食事。
    毎回思うけど、他の面々は汚れまくってるのに はな(吉高由里子)だけ垢抜けて綺麗なのが異様。

    食事中に、勝手に立ち上がって本をチェックするたえ(伊藤真弓)。
    (行儀が良くないぞ。)

    手に取ったのは、例の親指姫の絵本。
    「先生これ読んでもいいけ?」

    その流れで、はなは「たえさん。連れていきたいとこがあるの。先生の大好きな場所。きっとたえさんも気に入るから早く食べて行こう!」

    夜遅いから非常識な話なんだけど、たえは明日親戚に貰われちゃうから「今日しかないの。」とはな。
    −◆−

    夜の教会の図書室にたえ(伊藤真弓)を連れて行きました。

    たえ「てっ!本がいっぺえじゃん! ここにある本全部読んでもいいだけ?」
    はなの子供時代と同じリアクションですね。

    たえ「先生。おらもここが大好きだ。」
    はなは「先生の夢はね、子どもも大人もわくわくするような本をいつか自分で作る事なの。」

    たえの「ここが大好き」という言葉に対して、どうしてはなが自分の夢の話を持ち出したのか---微妙につながりが悪い気がするなぁ・・・。

    とりあえず、たえは「どんな物語でえ? 聞かしてくりょう。」

    はなが自作の童話を披露し始めます。
    「ある所に大層太った長い”みみず”がおりました。『私のように立派な体を持ってる”みみず”はどこにもいやしない。お庭から道端からどこからどこまで探したって私ほどの器量よしは見つからないわ。』
    こんな事を口にするほどの威張りん坊でしたからお庭中の”みみず”はみんなこの太ったみみずが嫌いでした。」


    ミミズの話に食いついたたえが目を光らせて「みみずの名前は何ちゅうでえ?」

    はな「まだ考えてなかったけんど…。」
    たえ「ほれじゃあフト子さんは?」

    村岡花子の童話『みみずの女王』のルーツ的な場面。

    はなが寓話を作ってるってのは初耳だけど、文句を言っても始まらないので先に進んじゃいましょう。
    −◆−

    教会に朝市(窪田正孝)と親ネギ星人---ではなく用務員の寅次(長江英和)がやって来ました。

    たえが自宅に居ないことで大騒ぎになっていて、たえを探しにやって来たのでした。

    寅次に連行されるたえは「はな先生ありがとう。この部屋の事も先生の事もずっとずっと忘れねえ。」

    <はなは祈りました。つらい時 苦しい時想像の翼が たえさんを支えてくれるようにと。>

    目に涙をためた吉高。整った顔立ちが美しい。
    −◆−

    翌朝。学校で絞られてるはな「本当に申し訳ありません。」

    本多校長(マキタスポーツ)がデスクを叩いて「おまんのぉ! 『申し訳ありません』はもう聞き飽きた。はっきし言っておまんは教師に向いちゃいんだ。今日はもううち帰ってゆっくり考えろし。」

    「お言葉を返すようですが」と前作ヒロインならば別のドラマで頻繁に口にする決まり文句を発するかも知れないけど、本作ヒロイン・はなには反抗の気配がありません。

    帰宅して放心状態のはなは、以前、朝市から言われたことを思い起こします。
    <はなは心のどっかで思ってるじゃねえだけ。本当はこんな田舎の学校の教師になんかなりたくなかったって。>

    「そのとおりかもしれない…。」とポツリ。
    −◆−

    学校では朝市が校長に「おらからもお願えします。安東先生のこと許してやって下さい。安東先生はたえさんがお気に入りだから目をかけたじゃないと思います。今すぐ手を差し伸べなきゃいけねえ生徒だったから…。」

    そうかもしれないけど、想像の翼という共通項を持つたえ(伊藤真弓)がお気に入りであることを否定できない気もするなぁ・・・。

    朝市「10歳で甲府を離れて一人きりで東京の学校で頑張ってきた安東先生だからたえさんがこれっから経験する寂しさやつらさを分かってたじゃないでしょうか。」

    良い環境の女学校に給費生として進学した”はな”に、子守要員として貰われていく”たえ”の苦労を汲み取れるかどうかは微妙かも・・・。

    朝市「つらい時こそ夢をみる力が大切だから どうしてもゆんべ あの本の部屋に連れていきたかっただと思います。お願えします。安東先生を辞めさせないで下さい。」

    朝市も、本の部屋には世話になったものなぁ・・・。

    <はなはどうなってしまうのでしょう。ごきげんよう。さようなら。>
    −◆−

    こんな感じだった『花子とアン』第45話でした。

    ポジティブな感想が湧いてこないので、感想じゃなくて粗筋みたいになっちゃいました。

    『赤毛のアン』であったり村岡花子のエッセーや童話等々に通じている方には興味深いエピソードなんでしょうか??

    退屈・・・・前作ほど「厭な感じ」がしないのが救いですかねぇ。


    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #46 #44 #43 #40 #39 #38 #36 #35


    ◇◆◇ ムロツヨシの新解釈・日本史 ◇◆◇
    #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #6「鞄」 #5「眼鏡」 #4「手帳」
    #3「靴」 #2「万年筆」 #1「時計」








    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.16 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      教師になってひと月がたち、しばらく欠席の続くたえ(伊藤真弓)のことが気になるはな (吉高由里子)。 校長の本多(マキタスポーツ)から、たえが親戚の家に引き取られる話を聞いたはなが、 たえを案じながら帰宅すると、家の前でたえが待っていた。 自分には“想像の
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/05/22 8:11 PM
      はなが教師になって1か月が過ぎた。少しずつ先生らしくなってきたはな。だが気がかりなことが一つ。しばらく欠席が続くたえちゃんのことだ。本多校長によるとたえちゃんは親戚の家にもらわれていくとのこと。たえちゃんのことを案じながら、帰宅するとたえちゃんが待っ
      • JAOの趣味日誌
      • 2014/05/21 5:14 PM
      はなが教師になって1か月が過ぎた。少しずつ先生らしくなってきたはな。 だが気がかりなことが一つ。しばらく欠席が続くたえちゃんのことだ。 本多校長によるとたえちゃんは親戚の家にもらわれていくとのこと。 たえちゃんのことを案じながら、帰宅するとたえちゃん
      • ジャオステーション
      • 2014/05/21 4:59 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第8週『想像のツバサ?』【第45回】の感想。 教師になってひと月がたち、しばらく欠席の続くたえ(伊藤真弓)のことが気になるはな(吉高由里子)。校長の本多(マキタスポーツ)から、たえが親戚の家に引き取
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/05/21 12:39 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten