「花子とアン」第38回★蓮子が嘉納伝助と結婚。吉高と仲間由紀恵が涙…

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第38回
    (5月13日)


    はな「そんな結婚なさるなんて恥ずかしくないの!?蓮様の嘘つき。」「自分は操り人形じゃないって蓮様言ってたじゃないですか!それも嘘だったの!?」

    純粋無垢なはな(吉高由里子)は、腹心の友・蓮子(仲間由紀恵)のことを おもんぱかっていると同時に、裏切られたような気分になっていて、思いっきり言葉が尖っちゃってるんでしょうね。

    痛々しいほど純粋なはな(吉高由里子)です。
    −◆−

    蓮子は感情を押し隠しながら「この結婚は私が望んだんです。あの方と結婚すれば何不自由なく暮らせるわ。もう兄たちの世話にならなくて済むわ。これでやっと私も自由の身になれるのよ。」

    蓮子の言葉を真に受けたはなは「お金のために結婚するの? そんなの自由って言える? これからは男の人に寄りかからずに自分の足で歩ける時代が来るって蓮様が教えてくれたのよ!」

    蓮子は「これからは石炭王の妻として新しい土地で楽しくやっていくつもりよ。お金があるってすてきね。」

    はな「情けないわ。それじゃお金で買われていくのと同じじゃない!」
    面倒くさいほどピュアです。

    蓮子、しれっと「世間の誰もがそう思ってるのは知ってるわ。新興成金の石炭王が莫大な結納金で伯爵家の娘を妻に迎えようとしている。お金で買われた花嫁だって三面記事にも書いてあるもの。でもそれがどうかして?」

    はな「やっぱりおかしい。蓮様 何か大事な事ごまかそうとしてる。だってちっとも蓮様らしくないもの。」

    舞台演劇のような二人の会話がこの調子で続き、披露宴への誘いを断るはな(吉高由里子)。

    ついに涙がこみ上げてきたはな(吉高由里子)は「蓮様 どうしてそんなに冷静でいられるの?もう会えなくなるかもしれないのに。」

    なんだか「別れろ切れろは芸者のときに言う言葉。今の私にはいっそ死ねと言って…」の『湯島の白梅』みたいになっているはな(吉高由里子)です。

    こみ上げるものを必死で抑えるも 目が潤んでいる蓮子(仲間由紀恵)は「ごきげんよう。」と言って部屋を出て行きました。

    二人の熱のこもった演技----吉高ファンも仲間由紀恵ファンも心打たれそうな場面でしたねぇ。

    変な感想を書くのも憚れますが、はな(吉高由里子)の友情は一線を越えていて、ほとんど「同性愛」に近いような雰囲気さえ・・・。
    −◆−

    部屋を出て行った蓮子を追いかけてきたはな「やっぱりそんな結婚間違ってるわ! 結婚式なんかすっぽかしてどっかに逃げましょう!しばらくどっかに隠れるの。そうだ山梨のうちはどうかしら?」

    蓮子「私がいつそんな事頼んだ?」

    はな「蓮様が夢を諦めてしまうのは 私どうしても嫌なんです!言ってたじゃないですか。一度でいいから誰かを心から愛したいって。蓮様まだその方と巡り会ってないじゃない! 今結婚したらきっと後悔する。今ならまだ引き返せるわ。」

    こういう芝居をしてるときは 吉高の整った顔立ちが際立つなぁ・・・。

    目が潤んでいる蓮子が声を荒げ「いい加減にして下さらない!? 子どもじみた友情ごっこはもう飽き飽きしました! まさか本当に私と腹心の友になれたと思った訳じゃないでしょうね? そもそも伯爵家で育った私と山梨の貧しい農家で育ったあなたとでは住む世界が違い過ぎるんです! さようなら。」

    自分への友情を断ち切らせたくてキッツイ言葉を連ねた感じ。
    無理してはなとの友情にピリオドを打とうとしてるんでしょうね。

    登場人物に感情移入できている視聴者には堪らないシーン。

    一方で『花子とアン』に距離感を感じている視聴者には、『金色夜叉』や『湯島の白梅』みたいにクラシカルなノリはベタすぎるかもしれない?

    で、去って行く蓮子の後ろ姿を見つめて涙を流したはな---吉高由里子は整った顔立ちしてるなぁ、と また同じことを思っちゃった。
    −◆−

    美輪ナレ<そして結婚式の日がやってまいりました。>

    美輪さんの「そして」の一言で、あっという間に結婚式って 強引やなぁ・・・

    控え室に茂木先生(浅田美代子)醍醐(高梨臨)畠山(大西礼芳)がやって来て蓮子の花嫁姿に感心。
    蓮子の目線がはな(吉高由里子)を探してますが、彼女は不参加。

    < その時蓮子は思い知ったのです。掛けがえのない親友を得た喜びとそれを失う事の悲しみがどんなに大きいか。>

    自分で断ち切ってきた友情だけど、今になってやはり心が痛むのでしょうねぇ。

    楽しかった日々を思い起こして涙をこぼす葉山蓮子(仲間由紀恵)が「はなちゃん。ごめんなさい。」

    思い入れのある視聴者には、堪らない名場面になったかも?
    ある意味、クライマックスになってるのかもしれないなぁ・・。
    −◆−

    <筑豊の石炭王嘉納伝助氏と葉山伯爵ご令妹蓮子様の結婚式は東京で二百余名の客を招き盛大に執り行われました。式の後 福岡での祝宴は三日三晩続きました。>

    炭坑節やらなんやらの派手で下品な宴会。
    こんな披露宴、嫌や〜〜〜。

    <そこは蓮子がこれまで見てきた世界とはあまりにもかけ離れていました。>
    −◆−

    以上、吉高由里子と仲間由紀恵のWヒロインの泣きのシーンがふんだんに盛り込まれて古典的な展開だった『花子とアン』第38話でした。

    吉高由里子と仲間由紀恵の涙で、視聴者の心を鷲づかみにしたかもしれませんねぇ。

    本当のところ、小生は心が歪んでいるので、なかなか感情が反応しない・・・トホホ。
    『花子とアン』の面白味を理解できず、置き去りにされてるような気分です。




    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #39 #36 #35 #33 #30 #29 #28 #27


    ◇◆◇ ムロツヨシ「新解釈・日本史」感想 ◇◆◇
    #3 #2 #1

    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #4 #3 #2 #1








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.09.30 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      いつの時代も女性はパーティ好き …と 美輪様はおっしゃるけれど 私は別に好きじゃないですぜ え? だから女性扱いされないんだって? …ひじゅにですが何か? 「寒くて鼻水が出てきただけ」by花子 ↑四草@加藤虎之介様が『スタパ』出演さ
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/05/14 11:00 AM
      いつの時代も女性はパーティ好き…と美輪様はおっしゃるけれど私は別に好きじゃないですぜえ?だから女性扱いされないんだって?…ひじゅにですが何か?「寒くて鼻水が出て...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/05/14 10:59 AM
      何でも言いあえるのが友達なんだが、時には言えないこともあるのではないかと思う。はなと蓮子の関係もそんな感じなのだろうと思う。蓮子は心にもない悪態をはなについた。一件元の蓮子に戻ってしまったように感じるが、一番辛かったのは蓮子だと私は思う。蓮子の部屋に
      • JAOの趣味日誌
      • 2014/05/13 5:46 PM
      何でも言いあえるのが友達なんだが、時には言えないこともあるのではないかと思う。 はなと蓮子の関係もそんな感じなのだろうと思う。蓮子は心にもない悪態をはなに ついた。一件元の蓮子に戻ってしまったように感じるが、一番辛かったのは 蓮子だと私は思う。蓮子の
      • ジャオステーション
      • 2014/05/13 5:09 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第7週『さらば修和女学校』【第38回】の感想。 寄宿舎に蓮子(仲間由紀恵)が来ていると聞いて、急いで駆けつけたはな(吉高由里子)。感情を抑えられず蓮子を責めるはなに、蓮子はこの結婚は自分が望んだこと
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/05/13 11:20 AM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten