ルーズヴェルト・ゲーム 第3話★細川社長(唐沢寿明)、一人っきりの和解交渉

0
    ルーズヴェルト・ゲーム 第3話

    原作を けっこう改変している『ルーズヴェルト・ゲーム』
    原作に無い部分や書き換えた部分が微妙です。
    −◆−

    野球パート。
    調子の上がらない左腕・萬田(馬場徹)を3回で降板させる大道監督(手塚とおる)。
    交代を告げる監督に、古賀(高橋和也)らがあからさまに「監督まだ3回です。」

    わっ、采配批判!?
    采配に口を出したら、DeNAベイスターズの中村紀洋みたいに登録抹消されるぞ!!

    このとき、監督の真意に気づいていない選手たちが腹の中で「まだ3回やのに!?」と思うのは良いけど、ベンチの前で采配批判するのはどうなのよ??
    −◆−

    監督は、その日のピッチング内容や投球データから左腕・萬田が肘を故障していることに気づいて交代させたのでした。

    故障で投げられない投手は リストラ対象にされるので、チームメイトは故障を隠し通そうとしますが、萬田は密かに退職を決意した様子。

    で、沖原(工藤阿須加)をグランドに連れ出した萬田がキャッチボールを始めます。
    さらには腰を落としてキャッチャーの姿勢になって沖原の剛速球を受けたり・・・。

    そして、今度は萬田が得意のシュートを投げて見せます。
    シュートは肘に悪いのに、沖原に手本を見せてシュートの投げ方を伝授。

    萬田「シュートはこうやるんだ」「お前にも教えてやるよ網目に対して握りはこうだ投げてみろ。」

    自分は野球を諦めようとしている萬田が、素質のある沖原にシュートを伝授する良い場面・・・の筈なんだけど、小さなところが気になって気持ちが散漫に・・・。

    どこが気になったかというと「(ボールの)網目に対して握りはこうだ…」というセリフ。
    ボールの「縫い目(ぬいめ)」に指をかけるならシックリくるんだけど、ボールの「網目(あみめ)」ってのはピンとこない。

    小生、40年ほど野球ファンを続けているけど、ボールの「網目(あみめ)」って言葉は耳にした記憶が無いような・・・。

    野球ドラマで、ここまで堂々と「ボールの網目(あみめ)」って言うくらいだから、そういう言い方もあるんですかねぇ??

    小生はボールに「網目(あみめ)」は無いと思うんだけどなぁ・・・。
    −◆−

    大道監督(手塚とおる)と細川社長(唐沢寿明)が食堂みたいな場所で会話したシーンについて。

    社長「賭けをしたんですよ。青島会長とね。でも私が負けてしまってそれで仕方なく野球部を延命したんですよ。ただそれだけのことです。」

    監督は表情が急変して「ふざけんなよ。あんたにとっちゃ遊び半分の賭けに負けて 仕方なく存続させてるちっぽけでつまらない野球部かもしんないけどな。こっちは生き残るために必死なんだよ。」と啖呵を切っちゃう。

    ここらが原作と似て非なる場面の一つ。
    ウケ狙いなんだろうけど、なんか取って付けた感じがあって収まりが良くないシーンだったし、細川社長の性格が原作からかなり変更されてる印象を受けます。
    −◆−

    経営パート。
    イツワとの訴訟について役員会。

    反・細川の朝比奈製造部部長(六角精児)が「もとを正せば、イメージセンサーなんかに手を出したあなたの責任だ!」と喚いてる。

    前回エピソードで出荷ミスに掛かる隠蔽と、それを全て沖原のせいにしようとした不正が発覚した朝比奈が、何のおとがめもなしに役員会に顔を並べ、社長に文句を言ってる!?

    細川社長が処分を見送ったんだとしても、あんなことをやらかした朝比奈(六角精児)が偉そうにしてるのは不自然だと思います。

    前回の《出荷ミス・エピソード》も原作には無い部分なので、帳尻が合わなくなってきたのかな・・・。
    −◆−

    イツワ電器が「実用新案権侵害」で200億円の賠償を青島製作所求めている問題。

    風評被害で取引相手が逃げていって、ますます経営がやばくなってる青島製作所。

    どうにか状況を打開しようとしてイツワ電器との和解交渉の席につく細川社長(唐沢寿明)。

    ジャパニクスの社長・諸田(香川照之)が仲裁役をつとめるんだけど、これが全然公平じゃないからムカつきます。

    あれやこれやがあって、諸田が「細川さん…これはもう無理だないくら私でもフォローのしようがない今日はこれまでとしましょう。」

    言葉遣いとは裏腹に、腹黒さが滲み出てる。
    大和田常務状態!?

    『半沢直樹』をヒットさせた制作サイドの「二匹目のドジョウ狙い」の思惑が透けて見えます。

    で、まんまと諸田&坂東社長(立川談春)にしてやられた細川社長(唐沢寿明)は、雨の中を傘も差さずに一人で青島製作所へと戻ってきます・・・。

    んん・・・200億円の賠償を求められてる案件で、社員を誰も随行させずに社長一人で乗り込んでたのって不自然じゃないかな??

    速水弁護士(木本武宏)が逃げちゃったから細川は一人っきりな訳なんだけど、それでも法務担当役員なりの社員が随行してないのって、考えにくいなぁ・・・。

    細部が甘いような気がしちゃう・・・・。
    −◆−

    とりとめの無い感想になってしまった『ルーズヴェルト・ゲーム』第3話。

    諸田(香川照之)や坂東社長(立川談春)のムカムカ感とかはそれなりに面白味があるし、退職の挨拶をする萬田が、必死のパッチで「あいつら 今負ければ廃部とかとんでもない状況で すごく不安だと思うんです。応援に行って力になってやってください。みんなが球場に来てくれたら死ぬほど嬉しいと思うんです。どうかお願いしますお願いしますお願いします!お願いします!お願いします!球場に行って…球場に行ってやってくださいお願いしますッ!」と懇願した場面なんかはウルッと来そうになるんだけど、上述したような欠点部分が長所を相殺してる印象です。

    あと、細川社長(唐沢寿明)はライバルから会社を守る「正義の味方」なのか、リストラを強行する「悪人」なのか。イメージセンサーで社を発展させた「仕事人」なのか、和解交渉でも有効な手を打てなかった「非力な社長」なのか。細川というキャラの描かれ方が鋭角的では無いのが残念ポイントでもあるような気がします。

    で、現在 青島製作所は0−7で負けてる感じだから、8点取って青島製作所が大逆転する痛快ドラマを期待。





    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #39 #38 #36 #35 #33 #30 #29

    ◇◆◇ ムロツヨシ「新解釈・日本史」感想 ◇◆◇
    #3 #2 #1

    ◇◆◇ 滝藤賢一「俺のダンディズム」感想 ◇◆◇
    #5 #4 #3 #2 #1







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      男の友情・涙には弱いんですよね〜。野球部のために夢を諦める萬田(馬場徹)の気持ち。辞める覚悟で自分のシュートを沖原に教えるシーンには涙(・・、)「やっぱりお前はスゲーよ。ありがとな」ピッチャーの萬田役・馬場徹くん(25)の声がステキで…あまりお見かけした
      • 美容師は見た…
      • 2014/05/16 12:41 PM
      細川社長@唐沢寿明がイツワ電器の謀略に苦慮する一方、 野球部はリストラ危機にあった沖原@工藤阿須加を獲得するが、 代わりに故障した投手萬田@馬場徹がチームを去ったと 総務部長@石丸幹二や野球部監督@手塚とおるが細川社長に啖呵を切ったトコが 痛快に感じる
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/05/13 9:11 PM
      「ルーズヴェルト・ゲーム」第3話はイツワ電器からの訴訟により倒産寸前に追い込まれた青島製作所は訴訟によって青島製作所の信用を落とす事がこの訴訟の目的だと考えた。そんな ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2014/05/12 11:03 PM
      第3話「仲間と涙の大逆転!倒産の危機も大逆転なるか?」 2014年5月11日 onair ライバル会社・イツワ電器から実用新案権の侵害で提訴された青島製作所。細川(唐沢寿明)はイツワ電器の狙いが訴訟に勝つことではなく、訴訟を起こされたという風評によって青島製作所の
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/05/12 10:22 PM
      TBS系『ルーズヴェルト・ゲーム』(公式) 第3話『仲間と涙の大逆転!倒産の危機も大逆転なるか?』の感想。 なお、原作(池井戸潤氏の小説)は未読。 イツワ電器に訴えられたと知った得意先から、取引の一時停止や縮小の通告が殺到。細川(唐沢寿明)はイツ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/05/12 4:46 PM
      萬田、野球をやめることを終点にするな。 通過点にしろ。 これまでの経験は、絶対に無駄じゃない ルーズヴェルト・ゲーム 第3話        あらすじ込みの簡単感想で。 青島製作所のイメージセンサーに使われているカラーフィルターが実用新
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/05/12 12:41 PM
      『仲間と涙の大逆転!倒産の危機も大逆転なるか?』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/05/12 12:38 PM
      青島製作所はライバル会社のイツワ電器の策略にはまり、訴訟を起こされたという風評被害を受けて取引先から発注の中止や見合わせを受けてしまいます。 細川社長(唐沢寿明)は、倒産へと追いやられる危機を打開するため、笹井専務(江口洋介)の力を借りて、経団連副
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2014/05/12 12:13 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten