上野樹里の「アリスの棘」第5話★磐台(岩城滉一)が書類焼却

0
    アリスの棘 第5話

    今回は、恒例のアリスのカードが無かった?
    −◆−

    有馬毅教授(國村隼)に呼び出されて釈明することになった明日美・・・。

    この場面の上野樹里ちゃん、かすかに闇をたたえた大人の表情がシャープ。
    回が進むにつれて、魅力が増してる。(回復してる)
    −◆−

    明日美(上野樹里)と西門(オダギリジョー)が情報を集めた結果、新たな事実が浮かんできました。

  • 明日美(上野樹里)の父・小山内(眞島秀和)が亡くなる数日前に、小山内と磐台(岩城滉一)が言い争っていた。
  • 小山内が図書室で吐血する寸前にも磐台と小山内が会っていた。
  • 最新の術式でやることなったうえに、磐台教授が わざわざ当直明けで徹夜だった伊達(藤原紀香)とオペの下手な千原(田中直樹)を執刀医に指名した。
  • 通常の止血処置をすれば200〜300ミリリットルで収まるところがあの時は輸血した量を除いてもその10倍の出血があった。


  • これらを総合して勘案した明日美は「父はデュラフォイ胃潰瘍って胃から出血しやすい病気だった。磐台はそれを利用して吐血を促すような薬を飲ませたのかも。薬、例えばステロイド抗炎症剤 もしくは昇圧剤そのどれかを飲まされたら大量に出血して胃から吐血してもおかしくない。 もしこれが本当だとしたら磐台は医者の顔をした殺人鬼だ。」

    恨み骨髄で涙する明日美。
    女優スイッチが入った上野樹里ちゃん、熱のこもった演技!
    (スイッチが切れると、ただの天然系不思議ちゃん?)
    −◆−

    刑事訴訟の渦中にある日向(尾美としのり)が、金が欲しいから8千万円で河口湖の別荘を買ってほしいと磐台教授に迫ります。

    築年数も経っており、そんな不動産価値は無いのですが、日向(尾美としのり)が いざというときのために1999年以降のヤバイ資料を別荘に保管しており、これを買い取れというわけです。

    明日美はこの情報をつかみ、どうにかして別荘にある証拠書類を手に入れようとして息子の磐台悠真(中村蒼)に近づきます。

    磐台(岩城滉一)が別荘に着く前に 先回りして書類をあらためたい明日美ですが、悠真(中村蒼)はなかなか別荘に行こうとしません。

    イライラ・ジリジリする明日美。こっちまでジリジリします。

    最後の手段でハニートラップを仕掛ける明日美は、磐台悠真にキスして「2人きりで歩きたい」といってたぶらかし、強引に別荘に向かいます。

    磐台(岩城滉一)が到着予想時間が迫っており、ハラハラします。
    タイムリミット・サスペンスっぽい展開に乗せられちゃってドキドキ・・・。

    明日美はようやく別荘にたどり着いて 磐台悠真の目を盗んで書架を調べまくりますが、書架は空っぽ。

    ふと窓から明かりが見えて目を向けると、あろうことか磐台(岩城滉一)が焼却炉で書類を燃やしているではありませんか!!

    まだ到着していないはずだったのに、高速道路が空いていたからか、先を越されたのです。

    日向(尾美としのり)が記録しておいた15年前の出来事の記録も灰になったのか---絶望の淵に追いやられた明日美。

    磐台(岩城滉一)が別荘から去った後、まだ火がくすぶっている焼却炉から必死で中身を掻きだして、役に立ちそうなものが無いか 泣きながら探す明日美。

    ようやくほんの数センチ幅の燃え残りを発見。
    わずか1行ほどしか読み取れませんが、そこには「磐台は看護師の三浦にカテコラミンを用意させ・・・」と記されていました。

    1999年の出来事だから、当時は「看護師」ではなく「看護婦」と呼んでいた気がするけど、そんな細かいことはこの際 無視しましょう。

    とにかく”カテコラミン”をデュラフォイ胃潰瘍の患者が飲めば大量出血の原因になるので、これで磐台教授(岩城滉一)が意図的に小山内父を亡き者にしたことが ほぼ確定。

    明日美、氷の表情で「父は磐台に殺された。」
    −◆−

    相前後しますが、テレビのニュースに日向(尾美としのり)が居酒屋で死亡したことが流れます。

    昨夜、磐台教授と別荘売買の話をしていたところですから、またまた磐台教授が激しく怪しい!!

    マジで殺人鬼!?
    −◆−

    だいたいこんな感じで、連ドラとしての体裁を整えながらスリリングに展開した『アリスの棘』第5話。

    荒唐無稽な部分もあるけど、わかっていてもジリジリ・ヒリヒリする感じでドラマに引っ張られました。
    ベタなんだけど、なかなか上手い。

    磐台(岩城滉一)への復讐パートが長々と続いて間延びするかと思っていたけど、意外にも緊張感を維持してる。

    そして、復讐心を秘めた凍った表情を見せる上野樹里ちゃんが良い。

    ときおりハッとするほど鋭い表情を見せるのが番組の魅力になっています。
    −◆−

    オダギリジョーだけど、『リバースエッジ 大川端探偵社』『極悪がんぼ』に掛け持ちしてるから、時々不良刑事に見えたり探偵に見えたりしちゃいます。(さすがに新島襄には見えません)

    オダギリジョーが演じる3人のキャラが微妙に混ざっちゃって、「良いもん」か「悪もん」か分かんなくなる時があるんです〜〜〜トホホ。





    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #36 #35 #33 #30 #29 #28 #27







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.10.01 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      盤台は明日美の父親の事だけでなく、叩けば埃がバンバン出てきそう…(^_^;) しかし医療に従事している人間だから、見た目には分からない方法を使ってそうなんですよね。 明日美の父親も緊急オペに見せかけて、実は血圧を上げる薬を使って、胃潰瘍から大量に吐血させた
      • ドラマ de りんりん
      • 2014/05/13 12:16 AM
      磐台教授@岩城滉一が父親@眞島秀和を殺害したのでは? という疑念を抱いた水野明日美@上野樹里は 磐台が日向弁護士@尾美としのりから購入した別荘に証拠があると確信、 磐台の息子悠真@中村蒼を誘惑して別荘に侵入するが、 先手を打った盤台によって証拠は塵とされ
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/05/11 1:24 AM
      STORY#05「暴かれる父の死のすべて」2014.5.9 明日美(上野樹里)の父親・小山内(眞島秀和)が亡くなる数日前、小山内と磐台(岩城滉一)が言い争っていた事実を掴んだ西門(オダギリジョー)。小山内が亡くなった日の事を詳しく明日美に聞くと、命に別状のない胃潰瘍
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/05/10 10:31 PM
      TBS系『アリスの棘』(公式) 第5話『暴かれる父の死のすべて』の感想。 孝夫(眞島秀和)が磐台(岩城滉一)と対立していたという情報を得た明日美(上野樹里)は、蛭子(六平直政)に孝夫の手術の様子を尋ね、不自然なことばかりだったと聞き出す。磐台がわ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/05/10 7:22 PM
      西門(オダギリジョー)は、明日美(上野樹里)の父・小山内(眞島秀和)と磐台教授(岩城滉一)が言い争っていた事実を掴みます。 小山内が亡くなった日のことを詳しく明日美に聞くと、命に別状のない胃潰瘍の診断でしたが、緊急手術をすることになり、その手術は当
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2014/05/10 3:40 PM
      『暴かれる父の死のすべて』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/05/10 12:33 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten