スタジオパーク★「松岡茉優」トーク炸裂

0
    5月8日の『スタジオパークからこんにちは』

    特別MCがマギーでゲストが松岡茉優というあまちゃんシフト。

    松岡茉優が喋ると、マギーがさりげなくスパイスを加える感じが絶妙!!

    そもそも松岡茉優のトークが凄いのなんのって!!

    この子、19才だけど黒柳徹子明石家さんまを足したくらいよく喋る。

    司会からふられたら、当意即妙で機関銃のようにナイスなコメントを返す「会話の反射神経」が半端ない。

    GMTのリーダー、本当に19才かぁ!?
    −◆−

    VTR出演の津川雅彦のコメントが流れる段取りがあって、一部映像が乱れて音が途切れ 一瞬真っ黒けになるアクシデント。

    VTRが明けて司会者「一部、音声と映像がとぎれました失礼しました。」

    すかさず松岡茉優が「私が騒いだから音声さんびっくりしちゃったのかな?」とフォローコメント。

    瞬間的にこの気配りコメントを口に出来るのが凄いわ。

    未成年なのに、オジサン司会者をフォローする松岡茉優、頭良いなぁ。
    −◆−

    松岡茉優が下積み中、芝居のレッスンを避けていたときの話。

    「お芝居が嫌いだと思っていたんです。台本を配られて、これ難しいなできないなと思って嫌だなと思っていたんです。これ絶対に私できない帰ると(レッスンから)思って、逃亡して、そこから毎週『テスト期間で』とか『おなかが痛い』とか言って行かなかったんですね。」

    司会者「苦手意識?」

    松岡茉優「苦手意識というか、できない自分に出会いたくなかったんですね。こんなものを私ができるわけないじゃないと思って挑戦したくなかったんです。だから逃亡しました。今なら『きょうは何をやってやろうか』と思うんですけれど、当時はできないことに出会いたくなかったんです。」

    マギー「分かるな、そういう気持ち。」
    松岡茉優「高校1年生のときに久しぶりにレッスンを受けて、『私もしかしてお芝居が好きなのかな』と言ったら、血流? 涙がダムの決壊のように出てきてしまって、頭は普通なのに涙が止まらなくなってしまって。」

    司会者「どうしてですか?」

    松岡茉優「心と体はお芝居が好きなのでやらせろと言っていたんだけれど、頭は『できない』とよく言っていたのが、『好きかも』といったらすごく喜んで。好きな自分を認めたということですね。好きと言えばいいじゃないみたいな感じで。恋愛みたいな感じですね。涙が止まりませんでした。」

    司会者「この年ですごいですよね。自問自答しながらセルフセラピーみたいな感じでね。認めてからは演じることが楽しくなったんですか?」

    松岡茉優「できないことが楽しいんです。」

    マギー「いいことだね。」
    松岡茉優「できなくて悔しい、どうしてやろうかと思って。そんな私舞台にどうですか?コメディーをやりたいんです。」とマギーに売り込み。

    シリアスで少し重い話の最後に、売り込みのコメントを入れて緊張緩和させた松岡茉優。話術冴えてるわ。

    もともとのレッスンをサボったエピソードも、物語性があるしねぇ・・・。
    −◆−

    視聴者の質問コーナー。

    Q 自分は人前で話すことが苦手でどうすれば人前で話すことが得意になりますか。

    松岡茉優「実は隠していますけれど人見知りなんです。私は人見知りでテンションがちゃんとエンジンが回っているときでないと低いんですよ。
    人間なんですよね、結局津川(雅彦)さんも私から見たら神様だけど 人だから血が流れているから大丈夫だから。殺されはしないと思って、そう思ったら全然怖くなくなったので。先輩とか怖い方もいるかもしれませんけれど、意外と人間って人間ですよ。」


    マギー「松岡さんを見ていると 人見知りの緊張をバネにして人と対応しているような感じがするんですよね、そこはすごくいいなと思います。」

    ハキハキと淀みなく発言する松岡茉優が魅力的。
    話の内容も興味深い。

    次の質問。
    Q 「あまちゃん」の自己紹介で海はないけど夢はあると言っていましたけれど今、夢は何ですか?

    松岡茉優は「夢はあります、ここに座ることです。」と言ってマギーのMC席を指さします。
    そして「ここに座ったらいろんな人に会えるじゃないですか。いろんな人に会いたいから。」

    マギー「今 俺に『どけ』と言っているのかと思った。」

    色んな人に会いたいという部分が印象的。
    やっぱ未来の黒柳徹子やね。

    マギーとのやりとりも歯車が合っていて秀逸でした。
    −◆−

    書き切れないほど魅力的な会話を見せてくれた松岡茉優。

    コミュニケーション能力が欠落してるのが魅力の一つになってる能年ちゃんとは真逆の魅力を持ってるなぁ・・・。

    とにかく驚きの「会話力」でした。
    会話の中に「役者力」も垣間見えたし、彼女の資質の高さがうかがえました。

    しゃべりが達者過ぎて19才なのに少し「おばさん」が入ってるのが玉に瑕か、それも魅力と言うべきか・・・。




    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #33 #30 #29 #28 #27 #25 #24






    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten