花咲舞が黙ってない 第2話 ★手柄は上司のもの、ミスは部下のもの。それが銀行の常識

0
    花咲舞が黙ってない 第2話

    『ごちそうさん』での「アホの仏」「カレーの女神」ことめ以子(杏)への苦手意識がキツかったんだけど、『ごちそうさん』が終わって約3週間、ようやく悪いイメージが薄まり、予断無く杏ちゃんを観られるようになってきました。

    もんぺ姿のアラフォー・め以子を演じるより、スーツ姿の花咲舞を演じる方が遙かにナチュラルです。
    −◆−

    東京第一銀行・青山支店が融資をしている結婚相談所『グランマリッジ』の女性会員300余名から抗議文が送られてきました。

    入会以来、会員の誰一人、相手を紹介してもらっていないという。

    舞(杏)と相馬(上川隆也)は、取引の経緯や融資に問題が無かったかを調べに早速 東京第一銀行・青山支店に行くことに・・・。

    青山支店に到着早々、くそ偉そうな態度の新田支店長(飯田基祐)が相馬(上川隆也)に「融資課のエースと呼ばれた君が臨店ねぇ。しかも相棒は女子行員かね。」と嫌味ったらしいフレーズ。

    今週の「悪者」は、こいつやなぁ。
    −◆−

    『グランマリッジ』の詐欺行為を知らされた融資課の杉下(田中圭)が舞(杏)と相馬(上川隆也)とともに『グランマリッジ』に駆けつけると、そこはもぬけの殻。

    すでに詐欺容疑で刑事告訴された社長の宗方が、会員から集めた6億円を持って失踪してしまっていた……。

    思わずしゃがみ込んじゃう杉下(田中圭)・・・。

    こりゃ『極悪がんぼ』の金子(三浦友和)や薫(尾野真千子)が絡んでいてもおかしくないケースやね。
    −◆−

    事の次第を新田支店長(飯田基祐)に報告すると、支店長は担当の杉下(田中圭)を罵倒。

    相馬(上川隆也)が融資審査の甘さを問うと、新田支店長(飯田基祐)は「杉下! 担当のお前がどうして見抜けなかったんだ!! このままだと融資した5000万が焦げ付く。そんなことになったらうちの支店に大きな傷が付くんだぞ。分かってんのか杉下!!!」と、相馬と舞(杏)の目前で痛罵。

    さらに ため息をついた新田支店長は「信頼して任せたのが間違いだったよ。いいか、なにがなんでも5000万回収してくるんだ。もし回収できなかったら、お前の責任だぞ!!」

    嫌な野郎であります。

    ちなみに『半沢直樹』の大阪西支店での融資事故は、ちょうど一桁多い5億円でした。
    −◆−

    舞(杏)に新田支店長と宗方社長がゴルフや食事を共にする親しい関係にあったことを打ち明けた杉下(田中圭)。

    さらに思い詰めた表情の杉下は「実は『グランマリッジ』の融資も支店長命令だったんです。」

    その時のことが回想されます。

    杉下「新規融資ですし、もう少し精査した方が良いんじゃないでしょうか」
    新田「何を言ってるんだ。宗方社長の手腕は君も知ってるだろ。あの人が始める事業だ、間違いない。」

    杉下「ですが、会社としては新規の事業ですし、無担保というのは・・・」

    わっ、無担保かよ・・・。

    新田「大丈夫だ。宗方社長の手腕と将来性に融資するんだ。とにかく早急に稟議書を提出するように。」

    杉下「ですが支店長・・・」
    新田「君は支店長の私に逆らうつもりか。私のさじ加減一つで、君の処遇などどうにでもなるんだよ。」

    新田支店長は人事権をちらつかせて杉下に融資を進めさせちゃった。
    悔しいけど、人事権を持ってる奴は強いんですよねぇ・・・。

    とにかく、融資事故の責任を全て杉下に被せようとしている新田支店長(飯田基祐)にムカムカ・・・・。
    −◆−

    相馬(上川隆也)に、杉下から聞いた話を伝えた舞。

    相馬「新田さんのやりそうなことだ。」
    「悪いのは支店長なのに、本人は何の傷も負わないで、そのかわりに杉下さんが責任取らされて飛ばされたりしたら・・・。」

    相馬「手柄は上司のもの、ミスは部下のもの。それが銀行の常識ってことだ。」

    『半沢直樹』でも「部下の手柄は上司のもの、上司の失敗は部下の責任」でしたねぇ。

    小生の職業人経験でも、そういう上司にお仕えして難儀したことがあるので身につまされます。
    −◆−

    東京第一銀行の本部に新田支店長(飯田基祐)がやって来て常務執行役員・本部長の真藤(生瀬勝久)と面談。

    『グランマリッジ』の融資の件で「大変申し訳ございません。」と平身低頭の新田支店長。

    『隠蔽捜査』の上條と異様によく似た雰囲気の真藤が「5000万が焦げ付くとなると、相応の責任を負わなければいけないだろう。」

    新田「『グランマリッジ』は新規の取引でしたので査定の甘さを私は危惧していたのですが、部下の杉下が社長の手腕を買っていまして、その熱意を信じて任せてしまったんです。彼にはその責任を取らせるつもりです。可愛い部下ですので心苦しいですが、甘やかしては他の行員たちに示しが付きませんから。」

    こいつ 根性が腐ってるサイテー・サイアクな男や!!
    椅子の上に押しピン置いたろか!!(スケールが小さい・・。)

    明日美(上野樹里)を呼んできて、腹に刺青入れて貰うのが良いか・・・。
    −◆−

    細かく書いていたらキリが無いので、ザックリと・・・。

    新田支店長(飯田基祐)は、無謀な融資を推し進めただけではなく、あろうことか独身で高収入の女性の顧客情報を『グランマリッジ』に売り渡していたことを 舞(杏)と相馬(上川隆也)が突き止めました。

    宗方社長は、その個人情報をもとにして詐欺を働いていたのです。

    ヒロイン・舞(杏)は今週も名探偵です。

    青山支店で新田支店長に事実を突きつける相馬(上川隆也)。
    証拠を突きつけられて オドオドし始めた新田支店長。

    新田の下で働き、融資事故の責任を負わされた過去を持つ相馬は「新田さん。あなたはこれまで責任を部下に押しつけ ご自身は生き延びてこられましたよね。でも、この責任だけは だれにも押しつけられませんよ。」

    新田、ガックリ・・・・。

    「手柄は上司のもの、ミスは部下のもの、それが銀行の常識だとしたら、そんな常識なんてクソ喰らえ!! です。」

    杏ちゃん、キマったーーーー!!
    胃袋女の「め以子役」より10倍似合ってるわ!!

    で、顧客情報漏洩問題の責任を問われて新田支店長(飯田基祐)は懲戒解雇処分になる模様。

    ざまをみろ!!
    クソ上司に罰が当たって、それなりに良い気分。(『半沢直樹』ほどでは無いけど)
    −◆−

    こんな感じで、『半沢直樹』をこぢんまりさせた感じの『花咲舞が黙ってない』第2話でした。

    重すぎず、軽すぎず、適度なカタルシスもあって疲れませんね。

    『半沢直樹』が熱々のサウナだとしたら、『花咲舞が黙ってない』は ぬるめの半身浴って感じですかねぇ。

    『半沢直樹』が満腹だとしたら、『花咲舞が黙ってない』は 腹八分目みたいな・・・。

    あと、原作小説の『不祥事』という題名を、ドラマでは『花咲舞が黙ってない』としたのも正解ですねぇ。
    響きが良いです。



    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #21 #20 #19 #18 #17 #16 #15 #14






    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      情報ではなく「意思決定のプロセス」が必要 「超重要プロジェクト」の検討会議が、今日も日本中で行われているでしょう。日本のスタッフは有能でよく働くので、情報はいくらでも集まります。完璧に分析された調査レポートができあがります。しかし、何も決まりません。
      • 投資一族のブログ
      • 2014/06/16 9:10 PM
      今回は、青山支店が融資する結婚相談所が詐欺容疑で刑事告発された。このままでは銀行が詐欺行為に加担したことになってしまう。舞と相馬は調査を始める。 オープニングは、同僚同士の結婚式。相馬と、舞は、同じ番号でビンゴし、大きなぬいぐるみをプレゼントされた。
      • まぁ、お茶でも
      • 2014/04/26 6:02 PM
      「上司のミスは部下の責任・・・そんなの間違ってる!」 第2話視聴率は、初回の17
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2014/04/25 10:13 AM
      「花咲舞が黙ってない」第2話は花咲舞は相馬と結婚相談所「グランマリッジ」の女性会員たちから半年間1人も紹介されない抗議文により東京第一銀行・青山支店に向かう。そこで融 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2014/04/25 5:57 AM
      融資先の結婚相談所がパートナーを紹介しないというクレームが銀行に届き、 青山支店を臨店する花咲舞@杏と相馬@上川隆也 その後結婚相談所は警察が摘発、社長は金を持ち逃げして失踪してしまう。 このままでは融資したカネが回収できない恐れがある。 相馬の元上司で
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/04/25 2:24 AM
      #02「上司のミスは部下の責任…そんなの間違ってる!」2014.4.23 ある日、東京第一銀行・青山支店が融資をしている結婚相談所『グランマリッジ』の女性会員たちから抗議文が送られてくる。入会以来、会員の誰一人、相手を紹介してもらっていないという。それが本当なら
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/04/24 5:28 PM
      『上司のミスは部下の責任…そんなの間違ってる!』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/04/24 12:38 PM
      『上司のミスは部下の責任…そんなの間違ってる!』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/04/24 12:38 PM
      細かい突っ込みどころはありそうですが、私にとっては、頭空っぽにして見られる痛快劇。特にメインのふたりが、お気に入りなので、なかなか、いい雰囲気に、凸凹コンビしてて、理不尽をばっさばっさと成敗し、とっちめるのが気持ちいいいこと。こういうのが週に1つある
      • のほほん便り
      • 2014/04/24 12:17 PM
      日本テレビ系『花咲舞が黙ってない』(公式) 第2話『上司のミスは部下の責任…そんなの間違ってる!』の感想。 なお、原作小説(池井戸潤/著)は未読。 結婚相談所の女性会員たちから、全員が相手を1人も紹介されないとの抗議文が届き、舞(杏)と相馬(上
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/04/24 11:16 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten