「花子とアン」第15回★ブラックバーン校長、三円渡して「Hana.Go Home!!!!」

0
    連続テレビ小説「花子とアン」
    第15回
    (4月16日)


    門限を破ってしまったはな(吉高由里子)。
    ブラックバーン校長に「Go to bed forever and ever、ですね…。」

    校長「はな。そんな軽い罰で済むと思ってるんですか?」
             
    氷の女・富山先生は「校長、最も重い罰を。停学か、退学か。」
        
    結局はなは門限を破った罰として、学校と寄宿舎の大掃除を命じられました。
    他の生徒は年末年始の帰省。

    顔が派手な醍醐「じゃあ、ごきげんよう。」
    同室の松平さんと畠山さんも「ごきげんよう。」

    はな「ごきげんよう。皆さん、よいお年を。」

    昨日と同じ感想になっちゃうけど、吉高がマイルドな表情を見せると「さすがに整った顔立ちしてるなぁ」と感心しちゃう。
    −◆−

    吉平(伊原剛志)が半年ぶりに甲府に帰郷して、はなの話題に・・・。

    かよ(黒木華)が「聞いたけ? お姉やん、一番だとぅ。」

    なんかふて腐れている兄・吉太郎(賀来賢人)は「おなごが学問なんしたって、ろくすっぽなもんにゃならんじゃんけ。嫁に行くのに邪魔なだけずら。」
         
    吉平「あの女学校で一番取るのがどんだけ大変なことか、はなの苦労をちったあ分かってやれし。」
        
    吉太郎「分かりたくもねえ。」
    はな(山田望叶)の代わりに奉公に出た苦労を思えば、勉強の苦労なん---と吉太郎は思ってるかもしれないですね。

    いずれにせよ兄・吉太郎(賀来賢人)は明らかに父とそりが合わないようす。

    というわけで、賀来賢人黒木華が登場してきたわけであります。
    −◆−

    一人で大掃除してるはなに琴奨菊が・・・琴奨菊じゃねえよ・・・白鳥(近藤春菜)が「もっと力を込めてもっと速く!」「廊下が終わったら、カーテンとシーツのお洗濯。」などなど、厳しく指導。

    表情をゆがめたハリセン近藤、質感が凄いのなんのって。
    出てくるだけで おいしいんだもの・・・。

    余談ながら、全自動洗濯機やボールドもない時代にあれだけのシーツを洗濯するのは大変だったろうなぁ・・・。
    −◆−

    孤児院に寄付金を持って行った富山先生(ともさかりえ)と茂木先生(浅田美代子)。

    ミニーちゃんが書いたはな(吉高由里子)への感謝の絵。

    はなが門限に遅れた事情を察知した茂木先生が学校に帰ってからブラックバーン校長に減刑を嘆願。

    富山先生は「門限を破ったのは事実なんですから、罰を軽くするなんておかしいと思います。それに、その絵をご覧になって下さい!男の学生とこんなに楽しそうにくっついて…。ふしだらな!茂木先生は あんな生徒になぜ肩入れするんですか?」
        
    茂木先生「あんな生徒?」
    富山先生「彼女は、教師に対して反抗的です。私は、授業を妨害されて迷惑してるんです。」

    英文直訳調を、血の通った日本語に直すはな(吉高由里子)が気に入らないんでしょうね。
    −◆−

    大掃除が終わったはなに、教師たちが賛辞。

    ブラックバーン校長がやってきて「Hana.大掃除の給金です。三円入っています。」

    恐縮して遠慮するはなに茂木先生「遠慮しないで。ブラックバーン校長の気持ちですから。ありがたく頂戴なさい。」

    はな「だって、そんな、遠慮するに決まってるじゃないですか。三円もの大金…。」
    (当時の3円は、比較対象にもよるけど今なら1万〜6万円くらいらしい・・・。)
        
    茂木先生「これで、甲府までの往復の切符をお買いなさい。あなたこの5年間、一度もおうちに帰ってないでしょう?」

    ブラックバーン校長、Go to bedと同じ顔になって「Hana.Go Home!!!!」
    −◆−

    スコット先生とクッキーを焼いて土産にするはな。

    列車で甲府に向かいます。
    たまたま徳丸武が乗っていますが、はなは気づいていない様子。

    <じっと座っていられないほど はなの胸は高鳴っていました。何しろ5年ぶりにうちに帰れるのです。ごきげんよう。さようなら。>
    −◆−

    吉高由里子の整った顔だちと、ハリセン近藤の個性的な表情が印象に残った『花子とアン』第15話でした。(他にこれと言った面白いエピソードがない?)

    無難な進行ぶりなので これといって文句はないのですが、BSで再放送している『カーネーション』と続けて観ちゃうと、オノマチさんがエネルギッシュな『カーネーション』のテンポや勢いには勝てないように感じちゃいます。

    (『ごちそうさん』の次に始まったのは、それだけでアドバンテージだわ。)


    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #16 #14 #13 #12 #11 #10 #9 #8 #7









    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      北澤(加藤慶祐)と話し込んでいて女学校の門限を破ってしまったはな(吉高由里子)は、 ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)の怒りを買い、罰として学校中の大掃除を 命じられる。 年末で人がほとんどいなくなった校内を、白鳥(近藤春菜)に厳しく指導され
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/04/17 7:37 PM
      コンビニで ミミガーが目に入って 何気に買って 『ちゅらさん』感想、滞ったままだなあ… と思い出した(^^;) 放送終了してしまった今 誰も読まないかもしれないけど ポツリポツリ書いていきますぜ ただし不定期>ぉ …ひじゅにですが何か?
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/04/17 12:01 PM
      コンビニでミミガーが目に入って何気に買って『ちゅらさん』感想、滞ったままだなあ…と思い出した(^^;)放送終了してしまった今誰も読まないかもしれないけどポツリポツリ...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/04/17 12:01 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第3週『初恋パルピテーション!』【第14回】の感想。 孤児院での奉仕活動で出会った帝大生・北澤(加藤慶祐)に「花子さん」と呼ばれ、胸のときめきを抑えられないはな(吉高由里子)。それに気づいた醍醐(高
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/04/16 11:51 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten