「笑っていいとも!」グランドフィナーレ★太田光、中居君、鶴瓶

0
    「笑っていいとも!」グランドフィナーレ。

    歴代レギュラーが延々とタモリへの感謝や敬愛の念を述べ続けていて、なんだかタモリの「生前葬」みたいでしたね。
    −◆−

    印象的だったのが爆笑問題・太田光のメッセージ。
    頭を掻きながらいつもの落ち着かない態度で
    (略)自分は邪魔ばかりしているのかと思っていたり
    タモリさんや『いいとも』のプロデューサーにも何枚も始末書を書かせてしまって。
    本当に失言が多かったものですから、さっきも誰かが言っていたけど、1回もタモリさんに怒られた事がなくて。
    僕みたいな中途半端なタレントを笑って見守ってくれる人ってのはなかなかいない。
    僕の番組ってすぐ終わるのが有名で、こういう長い間見守ってくれる人は実は凄くアバンギャルドな人。
    タモさんはよくテレフォンなんか誰が来ても興味深く話すと言われているんですけど、実はそうではなくて、興味がある人とない人すぐ分かるんですよね。この番組見ていて最近思ったのは安倍さんが来たときに SPがアルタのお客を睨み付けているんですよ。
    そのときにタモリさんが安倍さんに言ったのはSPの態度の悪さと、それからバラエティを国は舐めるな、この二つだったんですね。僕はそれを見てて、凄く痛快でした。

    これを受けたタモリは、軽々に反応を見せること無く、柔らかい表情で太田を見つめてた。

    タモリは「アバンギャルドな人」だと評されて、嫌な気はしなかったろうなぁ・・・。
    デビュー当時からタモリは前衛的で革新的だったものね・・・。

    で、後半の安倍首相がらみの発言は、なかば太田自身の思いを口にした面もあるのかな・・・。
    発言内容の是非は別にして、年齢を重ねても丸くならず、尖っているのは太田光らしくてイイ。

    いつまでも思春期の少年のような感性で居るのが彼の存在価値だと思いました。
    −◆−

    もうひとり印象に残ったのはSTAPの中居君・・・間違った、小保方細胞じゃなくてSMAPの中居君。
    やっぱり、バラエティって非常に残酷なものだなとも思います。
    おかげさまで歌もやらさせてもらって、お芝居もやらさせてもらって、バラエティもやらさせてもらって、歌の世界っていうのは、いずれライブとかやれば最終日があって、ドラマもクランクアップがあって、映画もオールアップがあって、始める時に、そこのゴールに向かって、それを糧にして進んでるんじゃないかなって思います。でもバラエティは、終わらない事を目指して、進むジャンルなんじゃないかなと。(略)…非常にやっぱり、バラエティの終わりは、寂しいですね。
    他のジャンルは評判がよかろうが悪かろうが終わりがあるんですけど、バラエティって、ゴールないところで、終わらなければならないので、こんなに残酷なことがあるのかなと思います。
    (略)…ようやくここ2年、3年、4年前くらいから、ご飯を食べれるように、タモさんとなり、ある時お酒を飲んだ時、タモさんが、酔っぱらってたという事もあったんですけど、僕の事優しく抱きしめて、優しく頭を撫でて、『中居、俺お前に感謝してるからな』『本気でお前の事感謝してるからな』って言ってくれたのがすっごく嬉しかったです。

    このあと、鶴瓶をいじってメリハリを付けて、なかなかのメッセージでした。

    前半部分の「こんなに残酷なこと…」という部分が際立っていましたし、後半の「中居、俺お前に感謝してるからな」云々の部分は けっこう沁みました。

    中居君ってバカっぽいキャラを演じてるけど、賢さが垣間見えましたよね。
    −◆−

    鶴瓶のメッセージも頭に残りました。

    「(タモリは)芸人にとって港みたいな人。フジテレビこの人の番組作らなあかんで。この人 港がなかったらフジテレビ路頭に迷うで」

    今のフジテレビがどういう有様かが強く伝わってくる鶴瓶の言葉・・・。
    −◆−

    相前後しますが、ダウンタウンとの絡みが少し話題になったとんねるずはこの場にフィットしてなかったような・・・。(個人的な好みの問題なんだけど)

    彼らは、自分のフィールドで「ふざけ芸」を見えることには長けているけど、他人の土俵ではパッとしない・・・・。
    −◆−

    昼のレギュラー放送最終回に続いて「明日も見てくれるかな」「いいとも!」で歴史にピリオド。

    タモリというタレントを、他のタレントが延々と褒め続けるという希有な番組でしたが、タモリの人間の器が、そんな鼻につきそうなプログラムを、鼻につかないものにしたって感じでしたかねぇ・・・・。

    とにかく、根っからのテレビっ子としては、それなりの感慨があった「笑っていいとも!」グランドフィナーレでした。




    ◇◆◇ 花子とアン感想 ◇◆◇
    #3 #2 #1






    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.09.24 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ヨカッタね、タモリさん。念願かなって映画撮影の関係、中継ではあったけれど、思えば、芸能界入りした動機自体、彼女に繋がる道があるかも、と思った憧れのマドンナ、吉永小百合から、バッグと色紙、花束のプレゼントをもらい、楽しくトーク最後「また、一緒に食事に行
      • のほほん便り
      • 2014/04/01 4:59 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten