ごちそうさん 第141回★無人島から帰ってきた竹元(ムロツヨシ)と「カレーの女神」

0
    連続テレビ小説「ごちそうさん」
    第141回
    (3月19日)


    大村(徳井優)と藤井(木本武宏)を交えて蔵座敷の相談をしていたら、突然竹元教授(ムロツヨシ)が現れて「奥! 大変な事になってるじゃないか! うま介が無くなってるじゃないか!どうなるんだ! 焼氷は!」

    はやくも竹元ワールド全開!?

    お静さん「先生、独立しはったって聞いてたんですけど。」

    竹元教授「無人島だ。過酷だったが素晴らしい日々だった。住居を造り、井戸を掘り、見晴らし台を造り、木の実を採取し、海の幸で命をつなぐ。」

    じぇじぇじぇ!ウニでも獲ったべか??

    竹元教授「古代の人々は昔、そうやって暮らしていたんだ。空から爆弾が落とせるようになっても、無人島で暮らすすべがないとは実に愚かしい。人類とは、進化しているのか退化しているのかわからんな!」

    この部分、脚本家さんのメッセージ的な意味合いが入ってるのか、はたまた とりとめのないお喋りなのか??
    −◆−

    蔵座敷の設計に関わろうとする竹元教授を敬遠するめ以子。

    しかし竹元教授は「奥! お前は私のことが、全く分かっていない! 私は、デパートの 大食堂並みの男だぞ! 蕎麦の付け合わせに、ハンバーグステーキを食せる男だぞ!」

    ここは多分オモシロ・フレーズなんでしょうね・・・
    でもクドカンと比べちゃうとね・・・。
    −◆−

    竹元教授は「建てたいんだ私は! 一面が、焼野原だというのに。建て放題だというのに。 情熱はあふれかえるばかりなのに。このままでは私は、爆発だ!」

    芸術は爆発だの先取り!?

    大村「ほな、一緒にやりまひょか?」
    め以子「え、ええんですか?」

    大村「ああ。モチのロンや。」
    モチのロンというのいは、我々昭和世代にはおなじみのフレーズなんだけど、戦後すぐの頃から使われていたのかぁ!?

    ま、そういう風に視聴者が”死語”に反応するのを脚本家さんが計算して大村さんに言わせる「あざとさ」みたいなものを感じちゃうセリフでもありました。

    ただし徳井優さんの気負いのないナチュラルな演技は、『ごちそうさん』の中にあっては際立っています。
    −◆−

    藤井がめ以子にどんな建築にするのか希望を聞きます。

    め以子は「悠太郎さんやったら、こう建てる みたいなんがあると、嬉しいなあって。」

    悠太郎(東出昌大)の存在を忘れかけていたので、思い出すのにちょうど良いセリフだったわ。

    源太と泰介が帰ってきて相談の輪に加わります。

    藤井「そういえば、小学校の窓のうて。」
    竹元教授「あったな。」

    大村「あったね。赤門、気負い過ぎて。」
    竹元教授「思い詰めて。何も描く事がないと、フルフルしながら言いに来た。あのバカ!」

    フルフルしながらって、震えてって感じ!?
    −◆−

    このあと、なんとなく悠太郎を偲んで(?)会話が流れていきます。

    悠太郎が源太とめ以子の浮気を疑ったことや、悠太郎の浮気の話やらを懐かしく話す面々。

    さらに会話が進んで竹元教授が「見えたぞ、奥! カレーだ!この空間の決め手は、カレーの女神だ!

    (インド神話には 殺戮と戦闘の女神カーリーが居るけど・・・。)

    勢いづいた竹元教授は「オブジェだ。巨大なカレーの女神が、この空間全体を見下ろすんだ。カレーの菩薩だ。」

    源太が「どんなやねん!」とツッコミ。

    竹元教授「カレー色だ。カレー色。カレー色、カレー色、カレー色、カレー色、カレー色、カレー色。カレーショック! すなわち、彼一色だ。」

    ムロツヨシは好きなんだけど、竹元教授はそれほど面白いとは思いません。

    竹元教授「奥! カレーの菩薩とは、すなわち奥、お前自身なんだぞ。」

    わちゃ〜過日の”アホの仏”から今度は”カレーの女神”かい!?

    竹元教授「そうだ。この空間は、お前の愛と勘違いの、ファシズムだ!」

    村上龍の『愛と幻想のファシズム』みたいなフレーズ!?

    あまりのとりとめの無さに、だんだんバカバカしくなってきました。
    −◆−

    馬介(中村靖日)もやって来ました。

    竹元教授「うま介が無くなってるじゃないか、マスター!」
    馬介「ああ! 空襲で、ボボボボッドッカ〜ンって。」

    悲惨な空襲を冗談めかして口に出来る馬介さんのポジティブさが凄いわ。
    この感覚について行けません。
    −◆−

    台風みたいな竹元教授が去って行って、竹元教授の設計のラフスケッチが残されていました。

    そこには手すり付きのコンクリの階段・・・。

    かつて開明軒の入り口前に悠太郎がコンクリの階段を作ったことを思い出すめ以子。

    め以子の目から大粒の涙・・・。(身体がデカイから涙のつぶまでデカイような。)

    「これ、あの人、迎えるための、座敷やないですか。」

    次回へ続く・・・。
    −◆−

    ひたすら蔵の中で とりとめのない会話がダラダラと続いた『ごちそうさん』第141話でした。

    おそらく最終週に帰ってくるであろう悠太郎を思い起こさせるあれやこれや・・・。

    動きがなくて「消化試合」みたいな印象もありました(昨日あたりから、「消化試合」?)が、せめてもの救いは、今日のメンツに室井(山中崇)が顔を並べてなかったことかな??

    (め以子が年相応に見えないことや 杏ちゃんの演技がどうのこうのと言う話は、もう語り尽くしたので今回は省略いたしました。)


    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #142 #140 #139 #138 #137 #136








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2018.09.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今日は 朝ドラ“お約束”ちゅーか 朝ドラ名物 長回し!? 『ちりとてちん』の順ちゃんの結婚が認められるエピが この長回しで、かなりの評判を得たけど それ以来(それ以前も?)ちょこちょこあるよね 『ごち』の場合は蔵の中限定シーン 竹元さんフィーチ
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2014/03/20 1:34 PM
      今日は朝ドラ“お約束”ちゅーか朝ドラ名物長回し!?『ちりとてちん』の順ちゃんの結婚が認められるエピがこの長回しで、かなりの評判を得たけどそれ以来(それ以前も?)ち...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2014/03/20 1:34 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』(公式) 第24週『チョッコレイトな開戦』【第141回】の感想。 なお、本作は2/25にクランクアップしたため、ざっくり且つ皮肉混じりで観ておりますので、楽しくご覧になっている人や細部に拘る人は、読まない方が良いです。
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/03/19 1:31 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten