2歳児死亡シッター逮捕 母親インタビュー「顔がはれていたり、背中にあざがあったり」

0
    2歳の男の子が亡くなり、ベビーシッターの男が逮捕された事件で 男の子の母親(22)がマスコミのインタビューに答えている様子がニュース番組で流れていました。

    顔は映さず、首から下だけが映っていました。


    母親は、時折すすり上げながら、
    「お金のこともあり、すぐに預けられる場所がなかったので利用していた。一番大事な龍琥に申し訳なかった」

    母親「去年、紹介サイトで知り合って、預かってもらったことがあって。いつもは下の子を預けていたが、上の子を預けたときに顔がはれていたり、背中にあざがあったりして・・・」

    インタビュアー「あざがあったのは何回ぐらい?」

    母親「上の子は2回ありました。」

    インタビュアー「何故預けることになったんですか?」

    母親「名前を変えていたんで、山本という名前で。(物袋勇治容疑者だと)分かっていたら、なおさら預けていなかったです。」


    淡々とした口調で「上の子を預けたときに顔がはれていたり、背中にあざがあったりして・・」と述べた部分に妙なインパクトがありました。

    その時点で、警察なり役所なりに相談することなく、そのまま済ませていたんでしょうか??

    そのあたりの詳細が、ニュースを見る限りでは語られなかったので、そこはかとない違和感を覚えました。

    我が子の顔が腫れていたり背中にあざがついてきて、なんらかのアクションを起こさないなんて考えにくいように思うんですけど、どうだったんでしょうか・・・・。

    遺族である母親を責めるのは酷ですし、22才のお母さんには保育・託児コストが負担だから安価なシッターに頼りたい気持ちも重々理解できるんですが、なにか釈然としないものを感じてしまいます。
    −◆−

    さらには、週末2泊3日でそんな小さいお子さん(2歳児と生後8ヶ月の乳児!)を素性の知れない男性シッターに預けていたことも理解しにくいんです。

    家庭の事情や、家庭環境が分からないし、やむを得ない事情があったのかどうかも分からないから何とも言えないんだけど、なんか微妙です。
    −◆−

    こんな事件なのに母親がマスコミのインタビューに答えてること自体にも違和感を覚えました。

    別にインタビューに応じる義務も必然性もなくて、わざわざマスコミの求めに応じる筋合いも無いと思うんだけど・・・・。
    −◆−

    とにかく、なんともいえない違和感を覚えた母親のインタビューでした。






    JUGEMテーマ:時事ニュース



    スポンサーサイト

    • 2017.03.12 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten