隠蔽捜査 第10話★中丸議員誘拐で警視庁vs神奈川県警!?

0
    隠蔽捜査 第10話

    原作ベースで行くと、『宰領: 隠蔽捜査5』まで来ちゃいました。
    −◆−

    今回は元経産大臣の中丸真造(五王四郎)衆議院議員誘拐事件。

    大森北署に指揮本部を設置することなり、SITも派遣されてきました。
    (同じSITでも『S−最後の警官−』の出てくる漫画みたいなSITよりだいぶシブイです。)

    犯人と思われる男から「事件を報道しろ」と要求する電話が入り逆探知すると、犯人は横須賀市内の公衆電話からかけてきていました。

    で、警視庁とは犬猿の仲でなにかと敵視してくる神奈川県警との合同捜査を竜崎(杉本哲太)が指揮することに。

    谷岡香織課長補佐(青山倫子)が竜崎に電話をしてきます。
    彼女によると神奈川県警の捜査一課長の板橋(小木茂光)が縄張り意識が強い要注意人物であるとのこと。

    相変わらず出番は少ないけど、竜崎への忠誠心が強い谷岡(青山倫子)はチャーミング!

    電話を替わった牛島・警察庁長官官房審議官(神保悟志)は竜崎に「うまくやれば事件解決の功績を持って警察庁に復帰できるかもしれないぞ。いいか、県警の捜査員を上手く使え、手柄はお前が取るんだ。」

    手柄は取れというのがキャリアの習性かな?
    とりあえず、神奈川県警の人間を上手く使うことが今回の必須条件として設定されたわけです。
    −◆−

    竜崎の長男・邦彦(佐野玲於)の東大受験が事件と同時並行。

    事件と受験がかち合うなんてドラマならではの「偶然」みたいにも思えますが、事件は1年365日いつ起きてもおかしくないから こういうことになっても不思議じゃ無いですわね。

    で、受験前夜に倦怠感を訴え発熱してしまった邦彦。
    竜崎の指示を受けた母・冴子(鈴木砂羽)が医者に連れて行くと、幸いにもインフルエンザではありませんでした。

    しかし熱は取れず寝室で横になっている邦彦・・・。
    横須賀南署で詰めることになって、その準備に帰って来た竜崎が邦彦の寝室に行くと目を覚ました邦彦が「バカだよね、こんなときに熱出すなんて。」

    竜崎は「なにごとも万全の体制で臨めるとは限らない。こういうときこそ 日頃の準備がものを言うんだ。焦る必要はない。体調が悪いとどうしても集中力が落ちてケアレスミスが増える。だからいつも以上に注意するんだ。」

    事件パートもさることながら、この息子にかけた竜崎のセリフに痺れました。

    受験を前にして息子が熱を出したら、親も慌てたり混乱したりしてもおかしくないのに、平常心そのもので息子にアドバイスできちゃうからカッケーです。

    もともと竜崎はそういう男なんだけど、それでも慌てず騒がずドッシリしてくれているのは頼もしいですよねぇ。

    さらには、「なにごとも万全の体制で臨めるとは限らない。」というのは受験に限った話じゃ無くて、竜崎の職務に関してもそうだし、われわれにとっても金言であります。
    −◆−

    横須賀南署の前線本部に竜崎が到着。
    人員も割かれておらず、あからさまに協力体制が整っていない状況。

    そして、要注意人物だと言われている神奈川県警の板橋課長(小木茂光)は、ことある毎に突っかかってきてギクシャクしまくり・・・・。

    さて、そんなストーリーとは離れますが、横須賀南署の前線本部に使われている部屋には臙脂色の署旗が壁に貼り付けられていました。

    これが有るだけで、雰囲気が出るものですねぇ・・・。
    たとえば『福家警部補の挨拶』で檀れいと稲垣吾郎が短い会話を交わす会議室みたいな部屋には署旗みたいな小道具が皆無で、酷く殺風景だった印象が・・・(数回で見るのをやめたから うろ覚えですが)
    −◆−

    戸高(安田顕)が、犯人が使ったプレジャーボートを発見し、所有者・倉持の息子で、行方知れずとなっている雅史(川原一馬)の存在をつかむなど、捜査は一定の進捗を見せますが、犯人逮捕には至らず・・・・。

    一方、前回事件で失脚した上條審議官(生瀬勝久)が、誘拐された中丸議員が進めるカジノプロジェクトの資料を持って榊警察庁長官官房長(大石吾郎)のところへ・・・。

    裏で乾坤一擲の復活の算段をしてる様子。

    さらには受験会場で倒れた邦彦が救急搬送されちゃうし・・・・。

    こんな感じで次回へ続く・・・・。
    −◆−

    てなわけで、This is警察小説って感じの『隠蔽捜査』第10話でした。
    警察内部の事情や組織の問題点に焦点があたりながら、事件が進んでいくのが警察小説のカタルシスですものねぇ。

    そのへんのところがとても上手く描けていて面白いです。




    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #139 #138 #137 #136 #134 #133 #132






    ・被災地の復興支援はふるさと納税で!

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第10話「変人コンビ最後の事件…誘拐された国会議員!要求は死刑囚の釈放」 2014.03.17 onair 上條が外務省職員の囮捜査に絡んでいた不正行為を監察に告発した竜崎(杉本哲太)と、伊丹(古田新太)。あとは処分が下されるのを待つだけとなり、上條本人も辞職を覚悟し
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/03/19 4:43 PM
      TBSテレビ『隠蔽捜査』(公式) 第10話『変人コンビ最後の事件…誘拐された国会議員!要求は死刑囚の釈放』の感想。 なお、今野敏氏の原作小説は未読、その他テレビ朝日版ドラマや舞台も未見。 大物政治家・中丸(五王四郎)が行方不明に。竜崎(杉本哲太)
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/03/18 10:22 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten