僕のいた時間 第8話★拓人(三浦春馬)「メグ、俺の隣にいてください。」

0
    僕のいた時間 第8話

    恵(多部未華子)は繁之(斎藤工)に会いに行き「やっぱり一緒には暮らせない。」
    同棲予定の初日から出戻りです。

    そんなことを知らない拓人(三浦春馬)は、ノートに「メグを抱きしめたい」

    浜での出来事があったけど、恵(多部未華子)との恋を諦めてるんですね・・・切ない。
    −◆−

    山梨の実家では、陸人(野村周平)の件で母・佐和子(原田美枝子)と父・昭夫(小市慢太郎)が口論になっています。

    佐和子の子育てをあげつらい「やり方が間違っていたんじゃないのか?」と昭夫。

    佐和子が反論すると、昭夫は「言い合いをしたって何の解決にもならない。陸人のことは佐和子が何とかしてくれ。」

    子育ての責任を放棄している昭夫(小市慢太郎)にイラッとさせられます。
    −◆−

    恵が一緒に暮らせないと言い出した原因に およその想像が付いた繁之(斎藤工)は拓人(三浦春馬)に会いに行きます。

    車いすサッカーの練習をしていた拓人は「自分の足で蹴ってたなんて、すっごい遠い昔のことになっちゃってます。」

    繁之は「遠い昔のことにはならないことってあるの?」と遠回しに恵への気持ちに探りを入れてきます。

    拓人「全部遠い昔のことですよ。今は当たり前にできないのが当たり前になってるんで。」

    本当の気持ちを押し殺して、恵とのことは遠い昔のことだと思い込もうとしてるんでしょうねぇ・・・。
    −◆−

    恵の母・翔子(浅田美代子)が拓人のマンションにやってきました。

    翔子「拓人くん、唐揚げが好きだって言ってたから。」

    かつて2人で話をしたとき病気に気付いてあげられなかったことを詫びるのですが、「唐揚げ」が後の場面と繋がってるようです。
    −◆−

    繁之や翔子との話を踏まえて、拓人は恵に会って話したいとメールします。

    恵と会うことになってる当日、会社のトイレで体が上手く動かなくて倒れてしまいました。

    帰宅後、恵がやって来てピンポーン。
    弟・陸人に助けてもらってズボンを着替えて恵の前に・・・。

    気が利かない陸人が、今日はぎこちなく「ジュース買ってくる。」と言って外に出て行きました。

    前回、陽菜(山本美月)がジュースを買いに行くと言って拓人と恵を二人きりにしたときのことを学習して、不器用に「ジュース買ってくる。」って言えたんですね。


    二人きりになってから拓人が恵に「一緒に住んでいないんだって? 早く一緒に暮らした方がいいんじゃない?」

    恵の幸せを願って、自分の気持ちとは逆のことを言ってる・・・。

    そんな拓人に恵が「なんであのとき言ってくれなかったの? 別れたとき、病気のこと言わなかったじゃん」

    拓人「言ってたって何も変わらないよ。」
    「別れなかったよ。」

    拓人「別れたよ」
    「なんで?」

    拓人「俺は誰も守れない」
    「守るってなに?」

    拓人「分かるだろ、もうすぐ仕事もできなくなるし、他のことだって何にもできなくなる。」
    「そんなの別れる理由にならないよ。あたしは、拓人と一緒にいたい。」

    拓人「それは 病気のこと知っちゃったからだよ。恵は困ってる人を放っておけないから。」
    「そんなんじゃないよ、病気は別れる理由にならない。」

    拓人「あのさ、ほかに男いっぱいいるじゃん」
    「他の人じゃだめだから。」

    拓人「そんなの、思いこみだよ。」
    「それは拓人だよ。病気だから別れなくちゃいけないって思いこんでる。」

    拓人「ね、なんか、勘違いしてない? おれ、恵のこと思って別れたんじゃないから。」
    「あたしは、拓人じゃなきゃだめだから。拓人はどうなの?」

    恵は本心、拓人は延々と本心とは逆の建前を述べ続けてる。

    拓人が感情を高ぶらせ「もう、そういうことはどうでもいいから。俺、生きてるだけで精一杯なんだよ。生きるために生きてるみたいな、それしかないんだよ。誰かの役に立つこともできないし、誰かの為に何もしてあげられない。」と、凄くささくれ立った口調。

    「一緒にいてくれるだけでいい」
    拓人「そんなの、綺麗事だよ」

    だんだん感情的になってきた恵が「拓人だってそうじゃん。一人でずっと耐えて、全部抱え込んで迷惑かからないようにして、それで今を生きてるって言える? 拓人は病気にいろんなものを奪われたけど、拓人の気持ちはどうなの? 気持ちは拓人のものでしょ? ホントの気持ち隠して言いたいことも言わないで、それで今を生きてるなんて綺麗事言わないで!」

    拓人「帰って。」
    「ほら、図星だ」

    拓人「二度と来るな!帰れ!」

    部屋を後にする恵(多部未華子)。

    拓人は言い過ぎたと後悔しても、恵のあとを走って追うなんてことは出来ないんですものねぇ・・・

    部屋に残った拓人は「ぐわWWWWWWWW!!」と声を出して感情も吐き出します。
    −◆−

    繁之(斎藤工)が入居した新しい部屋を訪ねた恵は「やっぱり一緒には住めない。」と述べ、婚約指輪のケースをテーブルの上に差し出し「もう続けられない。」

    繁之「なんか別れ話みたいなんだけど。」
    「ごめんなさい。」

    繁之「理由、ちゃんと言ってくれないかな。」
    恵は硬い表情で「好きな人がいる。」

    繁之「わかった。気が済むまで一緒にいたらいいよ。俺 待ってるから。その人と結婚するわけじゃないよね。その人といつまで一緒にいられるか分かんないんじゃないの? いつまで生きられる・・・」

    拓人(三浦春馬)が病気でやがて死に至ることを前提に話をしてしまった繁之・・・。

    一線を越えて 言ってはいけないことを言っちゃった。

    浅田真央ちゃんのことを「大事な時に必ず転ぶ」と発言した森喜朗・元首相の失言よりも さらにたちが悪い。

    まるで拓人が死ぬのを待ってますよと言わんがばかりですよね。

    恵のことを好きすぎて口が滑ったにしても、繁之の心根が透けて見えちゃった瞬間でした。

    繁之はイケメンだけど、なんとなく目つきが悪いと思ってたんですよ・・・。

    恵は「今までありがとう。」事実上の別れを告げました。
    −◆−

    佐和子(原田美枝子)が上京してきました。

    在宅勤務してる拓人(三浦春馬)が作った大判のカラーチラシを差して「これ、俺が作った最新作。」

    佐和子「家で仕事できるなんて、よくしてもらってるのね。」
    そう言ったものの、チラシには興味も示しません。

    そんなこんなで、陸人と話し合いに・・・。

    陸人「これからのこと、まだ何も決めてないけど。自分でちゃんと決めたいと思ってるから。」

    佐和子「陸ちゃん、まだそんなこと言ってるの?」
    陸人「お願いします。母さんお願いだから、僕の人生から出てってください。」

    これはきついセリフやなぁ・・・。
    すぐには飲み込めず、脳内が超伝導状態の母・佐和子(原田美枝子)。

    陸人は自室に戻り、佐和子は台所に入ってキュウリをきざみ始めました。

    そんな佐和子に「母さん、陸人が一番好きな食べ物わかる?」と拓人。

    佐和子「唐揚げでしょ?」

    拓人「違うよ。 母さんがそう思ってるから、陸人、ずっと好きなふりしてたんだよ。母さんが喜ぶ顔、見たかったから。医学部目指してがんばったのも母さんが、がんばったね、ってほめてくれたからだと思う。」

    そして「いつも褒めてもらえる陸人がうらやましかったなあ。」と拓人が自分の思いの丈を口にし始めます。

    「母さんが望んだ大学じゃなかったかもしれないけど、母さんの知らない会社かもしれないけど、母さんからみたら良い子じゃないかもしれないけど、病気になっちゃって、できないことがいっぱいだけど、俺はすっと・・・・・母さんに認めてもらいたかった。 『俺のこと認めてよ』って、心の中で何回も叫んでた。ホントは母さんに言いたいこと、いっぱいあったよ。唐揚げ好きなのは俺だよ って。」

    そう、他人である翔子(浅田美代子)でさえ拓人が唐揚げ好きだと知っていて持ってきてくれるのに、実の母親はそれを知らなかったんだもの・・・。

    拓人の言葉は続きます。「病気がわかって、どうしたらいいかわかんなくて グチャグチャになったときは『助けて』って。ひとりっきりの夜は怖くてたまんなくて・・・。なんで気付いてくんなかったの、なんでだよ? なんで ちゃんと見てくんなかったんだよ?」

    痛々しいほど心の内をさらけ出した拓人・・・。

    佐和子(原田美枝子)も感情がこみ上げてきて「あたしだって必死だったのよ。いい嫁だって認めてもらいたくて、男の子生んで、医者に育てなきゃって・・・・。」

    母は母なりにプレッシャーを受けながら二十数年暮らしてきたんやね・・・。

    泣きながら「ごめんなさい・・・・」と佐和子。

    車いすを動かして台所に入った拓人は母の腕に右手を添えます。

    拓人の手を握り涙する佐和子・・・。

    母に本音をぶつけて ある意味「修羅場」となったのですが、あとでノートに<母さんに言いたかったことが言えた>と記した拓人。

    ずっと胸の中にため込んでいたものを母親に吐き出せて、心境に変化があった模様。
    −◆−

    恵(多部未華子)は拓人に会うためにマンションを訪ねますが、不在でした。

    仕方なく夜道を帰っていますと、前方に車いすの拓人。

    「何してるの?」
    拓人「メグを待ってた。あのさ、この前会ったとき、俺 会社で漏らしちゃってさ、そんなんだけどホントに俺でいい?」

    「拓人がいい」
    拓人「メグ、俺の隣にいてください。」

    母に本音を吐き出し、恵にも本当の思いを口に出来ました。

    恵はプロポーズを受けたみたいに「はい」と返事。

    拓人が車いすを近付け、動かしにくい右腕を動かして手をさしのべます。
    恵が拓人の手を両手で包み込むように握ります。

    拓人の首には例の赤いマフラー。

    Rihwaの「♪春風」がバックに流れて凄く良い感じ。

    雪が降ってきました。
    拓人の手の甲に落ちた雪が解けていきます。

    二人は雪が降ってくる空を見あげます。

    次回へ続く・・・・。
    −◆−

    こんな感じだった『僕のいた時』第8話でした。

    このドラマ、最初は三浦春馬のシャワーシーンや多部ちゃんとの混浴シーンなどあざとい場面が見受けられたけど、いつの間にか真面目な造りに変化して、今回なんかは恋愛パートのみならず、親子関係に時間を割きました。

    拓人がトイレで倒れてどうにもならない様子を描き込むなど、病気に関しても真摯に描き込んでる。

    希望を持って前向きに生きようとしてる拓人の姿がしっかり描けてる。

    視聴率こそふるわないけど、良いドラマに仕上がってきていると思います。

    しかし、拓人の病気は進行するわけで、今後の切ない展開を思うと怖い感じも・・・。

    一方、山本美月風間俊介が緊張緩和の役割を見事に果たしていますね。
    良い感じです。


    ◇◆◇ 「僕のいた時間」感想 ◇◆◇
    #11(終) #10 #9 #7 #6
    #5 #4 #3 #2 #1


    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #141 #140 #139 #138 #137 #136 #134








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.13 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      『俺のこと認めてよ、本当は叫んでたんだ!お母さん!』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2014/03/01 8:49 PM
      そっか… 会ってしまうと、やっぱり気持ちは戻りますよね。 ところがお互いに相手を思いやって、逆にギクシャク…。 恵がどれだけ頑張ったとしても、病気の方は着々と進行するんですもんね。 それは拓人が一番身に染みていることで… でもお蔭で、拓人は母親に本音
      • ドラマ de りんりん
      • 2014/03/01 4:55 PM
      泣かせますね〜(/_;)そしていつも最後に持って行かれるんです。あの2人に。。。拓人の本心。陸人の決意。母(佐和子)の責任と解放。父(昭夫)の見栄と勘違い。母(翔子)の戸惑い。恵の決断力。繁之の心境。友人の思いやり。会社(同僚)の優しさ。主治医のユーモア。
      • 美容師は見た…
      • 2014/03/01 9:43 AM
      陸ちゃんの「ジュース買ってくる」はかわいかったねえ。なごみましたわ。ちゃんと学習してるし。
      • エリのささやき
      • 2014/02/28 7:35 PM
      なるべくしてそうなっていく。 まあ・・・ドラマだからな。 愛されるべき人が愛されて、報われるものが報われるのは虚構の特権である。 もちろん・・・例外はあるけれど・・・多くの犯罪者は逮捕されてもらいたいし、恋人たちはめぐりあってもらいたい。 そういう夢をか
      • キッドのブログinココログ
      • 2014/02/28 2:39 PM
      Story #8「俺のこと認めてよ、本当は叫んでたんだ!お母さん!」あらすじ 2014.2.26 Wed On-Air 拓人(三浦春馬)は、恵(多部未華子)が何度か自宅に手伝いに来てくれたことを守(風間俊介)に話す。恵と繁之(斎藤工)に会いに行き、拓人の手伝いを頼んだのは守だっ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2014/02/27 4:54 PM
      ちょっ、繁先輩!!!( #`д´)=○)゚3゚)・∵.ガッ 殴り返す事の出来ない拓人相手に何てことするだ! と思いつつも、ある意味、相手が車椅子だろうが遠慮せずに感情をぶつける繁先輩は 拓人の事を障害者とは思わず、対等に見ているのかなと感心したりして・・・
      • あるがまま・・・
      • 2014/02/27 4:49 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten