福島第1原発で相次ぐミス〜人間はミスをする故に原発は怖い

0
    2月25日、福島第1原発4号機の燃料貯蔵プールの冷却が、電源ケーブルを誤って切断した人為的ミスにより約4時間半にわたって停止。

    昨年はネズミが配電盤に入り込んだ影響で、30時間近く冷却装置が停止するトラブルなんてのもあった。

    先日(19日)は汚染水を移送する配管の弁の誤操作と思われる原因により1リットル当たり2億3000万ベクレルという極めて高い濃度の放射性物質を含む汚染水が漏れ、およそ100トンがタンクを囲うせきの外に流出。

    その際、警報が鳴ったのにタンクの東電は水位確認をしなかった・・・。

    こういうミスを犯す東京電力に、原発再稼働を求める資格があるのかどうか??
    −◆−

    人間というのは得てしてミスをするものです。
    ミスをしない完璧人間は居ない。
    だから、上述のようなつまらないミスが起きてヤバイ状況になってしまう。

    もし福島第一原発事故以前に「1リットル当たり2億3000万ベクレルで100トン漏れた」なんてトラブルが起きていたら、へたすりゃ「レベル3」とかの自己評価になってたかも・・・。


    要するに、どれだけ安全審査を受けて書類の上では安全だとされても、それを運営するのが人間である限り、思いもしないようなミスが起きて事故に繋がる可能性を消し去れない。

    ひとたび事故が起きると極めてコントロールが難しい原発は、できるだけ使わない方が安心だと感じる次第です。






    JUGEMテーマ:時事ニュース



    スポンサーサイト

    • 2017.03.12 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten