『軍師官兵衛』第7回「決断のとき」★柴田恭兵のアドバイスで決断「全ては生き残るため!」

0
    『軍師官兵衛』第7回「決断のとき」

    毛利方に付くか、織田信長につくか、小寺家の運命に関わる判断が迫られています。

    毛利に付くべきだと考えている櫛橋左京進(金子ノブアキ)が小寺政職(片岡鶴太郎)に根回し。

    「今のうちに毛利とよしみを通じるのが賢明かと・・・義を重んじる毛利につけば本領は安どにございます。」「皆が不安に思うといけません。早急に家中のものを集め毛利に付くと申し渡してはいかがでしょう。」

    決断を渋っていた小寺政職でしたが、左京進に押し切られて大評定を招集。
    −◆−

    これを受けて黒田家を訪ねた左京進(金子ノブアキ)。

    左京進は小寺政職が毛利に付く意向だと述べた上で「官兵衛、互いに小寺家のため、手を組もうではないか。」

    微妙にズルい左京進(金子ノブアキ)・・・。
    小寺政職は自分で毛利に付くとは言ってないのに・・・・。

    織田のことを考えている官兵衛に左京進は、妹・力(酒井若菜)が嫁いだ上月が毛利と結んだことに言及し、もし織田に付けばきょうだいで戦うことになるのだと釘を刺します。

    酒を注ぎに来た光(中谷美紀)に「光、よかったな。これで姉妹が敵味方にわかれることはなくなったぞ。」と左京進。

    夫の思いを知ってか、複雑な表情を見せる光(中谷美紀)。
    中谷美紀、良い感じ。

    で、小寺政職をその気にさせ、官兵衛らにも事前工作する左京進(金子ノブアキ)って、なんか感じが良くない人物だわぁ・・・。
    −◆−

    迷う官兵衛に父・職隆(柴田恭兵)が「失うことを怖れるな。失うことを恐れるな。お前が考え、お前が決めるのだ。おじじならなんと言われたであろうな?」

    官兵衛「全ては生き残るため!」
    職隆「うむ。」

    これで腹が決まった官兵衛・・・。
    官兵衛もさることながら、柴田恭兵カッケェ!!
    −◆−

    大評定開始。

    小寺政職「当家の行く末を決めようと思う。毛利に付くか 織田に付くか。どちらがよいか皆の存念を聞きたい。」

    古参の家臣たちが毛利に付くべしだと意思表示。
    左京進も「毛利に付くしか道はござらん。官兵衛もそれがしと同じ所存にございます。」
    勝手に言うな!

    ところが官兵衛「恐れながら・・」と割って入ります。

    「それがしは・・・・織田につくのが最善の道と心得ます。」
    ざわつく一同。

    官兵衛「まずは毛利について申し述べます。毛利は確かに大国ではございますが、先君・元就公の遺言に従い自国の領土を守るのみで天下を取る気概がございませぬ。しかも家督を継いだのはまだ若い輝元殿。叔父の元春殿、隆景殿の助けなくば采配も振るえぬ若輩者という事でございます。そのような者を大将に頂いて果たしてあの織田に勝てるとお思いか!!!」と、最後は声を張り上げました。

    官兵衛「一方、織田信長は世に堂々と天下布武を掲げております。『国を治むる者は 義立てば すなわち王たり』 織田は大義を持って兵を進めているからこそ 僅か尾張半国から身を起こし今川義元、浅井、朝倉を滅ぼし、ついには武田をも打ち破る事ができたのでございます。その勢いは大河のごとくとどまる事を知りませぬ。」と現状分析。

    武田を打ち破ったのは大きいわなぁ・・・。

    官兵衛「更に織田の強みは大義だけではございませぬ。何よりもその政。織田は楽市楽座、関所を廃するなど新たな試みを次々と取り入れ、その領内は繁栄を極めておりまする。人々がおのずと集い財も集まる。」オダノミクスについて解説。

    官兵衛「家中においては門地門閥によらず取り立てるゆえ 才覚ある者が揃い万全の構え。武勇知謀ともに備わった織田信長こそが天下人となるに相違ありませぬ!!」

    左京進「何をたわけたことを!!!!」

    官兵衛、言葉に熱を込めて「小寺家百年の大計にございます!天下の潮流に遅れてはなりませぬ!ここを見誤っては当家は間違いなく滅びます。全ては生き残るため、我らが生き残るには この道しかございませぬ!!」

    岡田准一君、カッケェ!!

    で、赤鼻の小寺政職は、官兵衛の力強い言葉にコロっと説得されて「相分かった。」

    文句を言う家臣をしかりつけ「儂は官兵衛の意見をよしとする。」

    決断が早いと言うべきか、少し危なっかしいと見るべきか、小寺政職はユニークな人物であります。
    −◆−

    織田信長と話を付ける特使として官兵衛が岐阜に向かいます。

    まずは信長とのコネがある荒木村重(田中哲司)と会うために伊丹市の有岡城を訪れた官兵衛たち・・・。

    今回もだし(桐谷美玲)が出てきて「官兵衛様。信長様にキモを抜かれぬようお気を付けなされませ。」云々・・・・。

    個人的にどうしても桐谷美玲は苦手・・・。
    セリフがナチュラルじゃない・・・・。
    −◆−

    信長(江口洋介)そんなこんなでついに織田信長の面前に・・・。

    <黒田官兵衛、このとき30歳。歴史の表舞台に出ようとしていた。>

    藤村志保さんの後任・広瀬修子さんの無難なナレーションが入って次回へ続く。

    聞き取りにくいと言う評判もあったけど、やっぱ藤村志保さんの方が味が有ったなぁ・・・。
    −◆−

    こんな感じだった『黒田官兵衛』第7話。

    『平清盛』『江』なんかと比べると無難で堅実。
    サラッとしていて、嫌味が無い。

    岡田准一君の演技は軽すぎず重すぎずで良い塩梅・・・・。
    中谷美紀、柴田恭兵、濱田岳、高橋一生らにも好感を持てます。

    必ずしも視聴率が高いわけじゃ無いようだけど、まずまずじゃないですかねぇ・・・。




    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #117 #116 #115 #114 #112-113 #111 #109







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.06.06 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ■ 第7回放送「決断のとき」(あらすじ)  まずは、第7回放送「決断のとき」のあらすじを追ってみよう。 ◇ 岐阜では  天正元年(1573年)3月、信長は4年近く続いた浅井・朝倉連合軍との戦いに勝利した。侍大将だった木下藤吉郎はその功により、北近
      • 黒田官兵衛−NHK大河ドラマ−プラットホーム
      • 2014/02/19 8:42 AM
      今回はなかなか見所の多い内容となりました。物語は安国寺恵瓊登場シーンから始まります。毛利家の使者としてやって来たのですが、山路和弘さんがねちっこくて、陰湿な演技を見せて視聴者を魅了します。このたった数分の出来事で、安国寺恵瓊はただものならない切れ者で
      • あしたまにあーな
      • 2014/02/18 10:59 PM
      大河ドラマ「軍師官兵衛」第7話は武田信玄が死去して勢いに乗る織田信長は浅井、朝倉を破り、武田氏も長篠の合戦で打ち破った事で勢力を西の伸ばそうとしていた。そんな中で播磨 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2014/02/18 8:15 PM
      藤吉郎「羽柴秀吉と名乗りとうございます!」 ドドォーン 竹中さんの演技って、迫力あるなぁぁあ〜(≧∇≦)♪ 腹の底から出る台詞が大河っぽい。 時代物に向いている。さすがだ。 探りを入れに来た怪しい僧、安国寺恵瓊と対面する官兵衛。 安国寺「信玄公が死
      • 青いblog
      • 2014/02/18 4:42 PM
      織田信長@江口洋介が浅井朝倉を滅ぼし、長篠で武田を撃破、 木下藤吉郎@竹中直人が羽柴秀吉と改名、北近江の大名となった頃、 織田に就くか毛利に就くかで迷う小寺家の評定で 他の重臣たちが毛利を推す中、黒田官兵衛@岡田准一は織田の有利を力説、 小寺政職@片岡鶴
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/02/18 1:47 AM
      大河ドラマ「軍師官兵衛」。第7回、決断のとき。 ついに、中央を制した織田家の西国侵攻が間近に迫る。 小寺家、官兵衛は織田と毛利のどちらにつくべきか決断を迫られる。
      • センゴク雑記
      • 2014/02/17 11:45 PM
      第六話「信長の賭け」はこちら。 前回の視聴率はギャンブルに負けて15.0%と降下
      • 事務職員へのこの1冊
      • 2014/02/17 7:42 PM
      JUGEMテーマ:大河ドラマ 官兵衛は、後藤又兵衛という子をもらってきました。のちに黒田家の重臣となり、波乱の運命をたどるのですが、いまはまだ子供。松寿丸と二人で元気に遊ぶ姿は、光を喜ばせます。天正元年、浅井・朝倉氏との戦いに勝利した信長は、近江を完全に
      • ふるゆきホビー館
      • 2014/02/17 7:13 PM
      公式サイト 官兵衛(岡田准一)のもとを、毛利家使僧・安国寺恵瓊(山路和弘)が突如
      • 昼寝の時間
      • 2014/02/17 3:58 PM
      お・・・初心に戻ったのか。 まあ、武経七書(兵法の古典)ではなくなったがな。 「国を治むる者は義立てばすなわち王たり」は性悪説で有名な荀子の王覇篇からの引用である。 前段として、「國者,天下之制,利用也」がある。 「国家とは天下を利で治めるものなり」という
      • キッドのブログinココログ
      • 2014/02/17 2:54 PM
      官兵衛(岡田准一)のもとを、毛利家使僧・安国寺恵瓊(山路和弘)が突如訪れる。 それは東から迫る新興の織田信長(江口洋介)と西国の雄・毛利家が播磨で激突するという 大嵐の前触れだった。 義兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)が毛利方として暗躍するが、官兵衛
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/02/17 1:51 PM
      毛利か、織田か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402160001/ 【送料無料】軍師黒田官兵衛伝(1) [ 重野なおき ]価格:600円(税込、送料込)
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2014/02/17 1:22 PM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten