鍵のかかった部屋SP★藤木直人vs大野君〜ホロウマスク錯視と偏光レンズのトリックが面白かった

0
    鍵のかかった部屋SP
    〜2つの密室事件と、鏡の国の殺人〜


    能年ちゃんを初めて見たのが、このドラマでの芹沢(佐藤浩市)の秘書役。
    ほとんど「NG40回の隣人C」に近い役柄だったような記憶・・・。
    それが今や国民的人気者だものなぁ・・・。

    かわりに秘書をしたのはSKE48松井珠理奈だったの?
    能年ちゃんみたいに大出世できるのかどうか・・・・。
    −◆−

    『相棒』『新参者』そして本作と続いた「2時間半程の正月SP」の中では、『鍵のかかった部屋』が一番退屈せずに済みました。

    この3本に共通するのは11時前後からの謎解き。

    『相棒』は11時以降がくどすぎましたし、『眠りの森』は今ひとつシャープさに欠けていましたが、本作での「ホロウマスク錯視」「偏光レンズ・フィルター」に関する謎解きは、”探偵モノ”としての段取りもちゃんと踏んでいて面白かったです。

    また『鍵のかかった部屋』は、俯瞰からの映像やローアングル、傾いたアングルなどのカメラワークやカット割り、衣装だったり家具や室内装飾など画面の中の色彩の豊かさだとか、照明や自然光による明暗・濃淡、BGMの被せ方などに神経が行き届いていた印象があって、ストーリーのおもしろさにプラスアルファの効果を付加していたように思います。
    −◆−

    さて本編ですが・・・。

    藤林(黒部進)殺害事件。
    すぐに犯人は分かった。
    彼を倒せる犯人は”ゼットン”しか居ないもの!!

    しかし残念ながら、犯人は地球人・・・。
    −◆−

    美術館の大展示室を調べている榎本(大野智)が、作業をしていた新進気鋭のアーティストの稲葉(藤木直人)に「観客の目を意識した劇場型のトリックと言えるでしょう。これを作った人間が居るとすれば自己顕示欲の非常に強い芸術家タイプだと思います。」と持論を述べます。

    稲葉は平静を装い「面白いですね。密室からそんなことまで分かるなんて。でも、それも密室の謎が解けなければ単なる仮説に過ぎません。」

    こうして「イケメン藤木直人」と「嵐のリーダー大野君」の対決が本格化。

    個性が異なる二人が対峙する絵面が面白いです。
    −◆−

    榎本(大野智)が開業したセキュリティショップを訪ねた青砥(戸田恵梨香)。

    小型のガスバーナー、暗視ゴーグル、ピックガンなどの商品について説明を受けた青砥は「どれも防犯グッズというより”泥棒グッズ”に見えるんですけど。」

    榎本「そうですか?」

    飛び込み客はお断りの紹介制のショップであることを聞いた青砥は、窃盗犯の小檜山がこの店に来ていたことを指摘したうえで小さくニマっと笑い「泥棒のたまり場ってことになっちゃいますね。」

    榎本「それはないでしょう。」
    青砥「そうですよね。」

    第1シーズン最終回でほんの少しだけ触れかかった「榎本(大野智)の本業」を臭わせたシーンになりました。
    −◆−

    第1シーズンと同様に、今回も殺害現場となった藤林宅や美術館の”模型”を作って犯行を分析する榎本(大野智)。

    これ、ドラマ的にわかりやすくて良いです。
    犯行当日の時間経過を横線で示すのもわかりやすい。

    模型を用いずに言葉だけでドラマが進んでも、密室殺人について頭が整理できないかもしれないから・・・。
    −◆−

    芹沢が背後から刺される事件発生。

    病院送りになって入院中の芹沢を見舞った青砥は、「藤林&平松殺害事件」とは別の事件で芹沢を逆恨みした男による”単純な事件”だったと聞かされ「信じられない。紛らわしいことしないでくださいよ。」

    ベッドの芹沢「殺されかけた上司に他にかける言葉ないのかよ?」

    「油断してるからこんなことになるんですよ。」

    芹沢「冷たい女だ。」

    「だって、気をつけていれば よけられたかもしれないのに。」

    この場面に限らず、芹沢(佐藤浩市)と青砥(戸田恵梨香)の会話が面白いです。
    芹沢のとぼけた感じと、上司に毒づく青砥の奔放さが良い感じです。

    原作には居なかった芹沢という人物を登場させた効果が見事に出ています。
    −◆−

    芹沢が刺されたとき、サングラスをして液晶テレビを観て真っ暗だったことを聞いた榎本が現地調査。

    自分もサングラスをしてテレビを見つめ考え込みます。
    指が鍵を開ける動きをして「「密室は破れました。」


    で、美術館に赴いた青砥と榎本。

    榎本が稲葉(藤木直人)に「あなたが殺したんです。」

    稲葉「残念ながら僕には平松さんを殺すことはできません。監視カメラの記録映像がそれを証明してるじゃないですか。」

    榎本「あなたはあの晩、この大展示室の迷路を通って館長室へ行ったんです。」

    稲葉「いったいどうやって?」


    で、前述したように、迷路の入り口にあるハンプティダンプティの巨大な顔のオブジェに関する「ホロウマスク錯視」、迷路を出たところにある監視カメラから身を隠すための「偏光レンズ・フィルター」について見事に謎解きした榎本。

    目の錯覚や、偏光を用いたトリックが、大がかりな手品みたいで面白いのであります。
    −◆−

    稲葉が動機告白。

    回想シーンになって、不正を指摘して契約解除を迫る稲葉に対して 平松(佐野史郎)が「俺が本気でおまえの才能に惚れているとでも思ってたのか? おまえには無いんだよ才能なんか。くだらないご託を並べてる暇があったら、せいぜい金になるガラクタを作ってくださいよ。せ・ん・せ・い。」

    芸術家としてのアイデンティティを否定されたコトが最後の引き金となって、殺害するに至ったのでした。

    「おまえには無いんだよ才能なんか」「金になるガラクタを作れ」って言葉がなかなかエグくって、稲賀が衝動的な行動に出た理由がよく伝わってきました。
    −◆−

    事件は無事解決。

    榎本の店に客が来ており、ピックガンを所望・・・。

    榎本「ピンシリンダー錠でもピッキング対策としてデッドロック機能が採用されているモノだと工具をシリンダーから抜くことができなくなる可能性があるので注意が必要です。」

    客の男「値段は?」

    「税込み5万円です。」
    増税前の今が買い時です・・・なんてことは言いません。

    「相場より高いな。」

    榎本「市販のモノとは性能が違います。私の経験上、この商品が一番ピッキングの形跡を残さないのは確かです。」

    男は得心して5万円払って行きました。
    榎本は 公安部長(中村橋之助)ほどではないけど、悪魔のように口をゆがめてニンマリ・・・・。

    ちゅうことで、ピッキングのの道具について「私の経験上、この商品が一番」と榎本が言ったことあらも、彼の本業が窺えるわけでありまして、「シーズン2」あるいは「スペシャル版」に繋がりそうな気配を残してのエンディングになりました。
    −◆−

    以上、まずまず面白く観ることができた『鍵のかかった部屋SP』でした。


    戸田恵梨香は『SUMMER NUDE』みたいなドラマはやめて、『書店員ミチルの身の上話』や本作のようなドラマに出続ける方が良いように感じました。



    それにしても、各局の「2時間半ドラマ」は長すぎて集中力を維持するのに難儀します。
    今夜の「金田一」も2時間越えでしょ・・・。

    業界事情は知りませんが、視聴者的にはせめて2時間で終えて欲しいわ。




    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #84 #83 #81 #79-80 #78 #77 #75







    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.16 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      SPドラマ「鍵のかかった部屋」を見ました。 3日 フジにて9時からやってました 連ドラからのSPドラマ 今回も連ドラの時と同様に面白かったですね やはり、榎本のキャラ 戸田恵梨香、佐藤浩市との掛け合いの良さもあり 今回も密室トリックの凄さ けっこう大掛かり感
      • 笑う社会人の生活
      • 2014/05/07 11:06 PM
      鍵のかかった部屋SP            え〜…あらすじは、ザックリで簡単感想中心で〜。 今回、それでも長いくらいになるので。 ネタバレするのでまだご覧になっていない方は読まない方がいいです。 いや〜久々に面白かった。 柔らかい雰囲気の
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2014/01/06 7:33 PM
      「久しぶりだなぁ、榎本っちゃん!元気だった?」って、やはり、このトリオは安定したユーモアと味がありますね。芹沢豪(佐藤浩市)のオトボケぶりも最高! 独特の間と映像センス、音楽で魅せてくれます。ミステリーも斬新だったし、個人的には、フジッキー新境地?!っ
      • のほほん便り
      • 2014/01/06 7:15 AM
      2012年に放映された『鍵のかかった部屋』の続編 高視聴率だったのできっと続編が作られるだろうと思っていたが、 意外と遅かったな。 『リーガルハイ』なんかよりこっちを先に作ればよかったのに。 このSPの内容は・・・ 榎本@大野智が姿を消して半年後、 芹沢@佐藤
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2014/01/06 2:00 AM
      ゲストで犯人がわかるようでわからないスペシャルである。 っていうか・・・レギュラーの芹沢豪(佐藤浩市)がタイトルからはみだしてるし。 「水城里奈(能年玲奈)ではない秘書は16歳(松井珠理奈)」というタイトル案もあったわけだが・・・。 公式の「まさか密室がやぶ
      • キッドのブログinココログ
      • 2014/01/04 6:12 PM
       ラストの、まるで喪黒福蔵のようなニヤリ・・・ やはり榎本は裏の世界が表。 そこから、たまに遊びに来ているのかもしれない。 密室事件を解決する謎めいた男という役を演じる ...
      • トリ猫家族
      • 2014/01/04 2:37 PM
      新春スペシャル 
      • Akira's VOICE
      • 2014/01/04 2:11 PM
      フジテレビ『鍵のかかった部屋 新春スペシャル』(公式 / 2014年1月3日放送) 『(ラテ欄)新春特別企画 復活!密室パズルミステリー〜2つの密室事件と、鏡の国の殺人〜「久しぶりだなぁ、榎本っちゃん!元気だった?」』の感想。 貴志祐介氏の原作小説は未読。連ドラ
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2014/01/04 12:52 PM
      「鍵のかかった部屋」新春スペシャルは2012年4月クールで放送された連続ドラマ「鍵のかかった部屋」のスペシャル版で榎本が消えてから半年後に芹沢と純子はある証券会社会長 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2014/01/04 12:00 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten