ごちそうさん 第77回★産気づいても餅に齧りつくめ以子(杏)

0
    連続テレビ小説「ごちそうさん」第77回(12月27日)

    大晦日。
    「なんで、餅ついてねえんだよ!」と、我が物顔で娘の嫁ぎ先である西門家の正月準備に文句をたれてる大五(原田泰造)。

    ドラマの中は気楽でいいですね。
    そもそも、和枝(キムラ緑子)が居なくて幸いであります。
    −◆−

    め以子(杏)と希子(高畑充希)がお節を持って正蔵(近藤正臣)を訪ねます。

    ヒロイン・め以子が中心になって正蔵を短い会話。

    正蔵「ええ、お年を。」
    希子「お父さんも。」

    実の娘である希子は、この短いフレーズだけ。

    ややこしい西門家の人間関係にあって、父・正蔵と娘の希子の関係は、よく言えばニュートラル。言い方を変えると親子とは思えない薄〜〜い関係。

    実の娘より、息子の嫁・め以子との関係性の方が濃いから不思議です。

    少なくとも、父親という生物は「娘」への愛情はもっと濃いのが一般的だと思うけど・・・・。
    −◆−

    染丸(アジアン馬場園)が足をくじいたのか、源太(和田正人)が介抱してあげています。

    これをたまたま目にした希子が「なんで一緒にいてはるんですかね。」

    め以子「二人でお伊勢さん行くんじゃ なかったっけかな?」

    過日「うま介」で源太にビビット来ていた希子が目をくりくりさせて「え、え、あの二人、そういう仲やったんですか?」

    性格がガラっと変わってからは「唯一まともな登場人物」と言っても過言では無い希子ちゃんの恋路はどうなる??
    −◆−

    そうこうしていますと、め以子が産気づいちゃいます。

    大慌てで西門家に帰って来て、希子が「産婆さん呼んでください!」

    声も出ないほど苦しげなめ以子が、つきたてのを口にほうばっっちゃいます。
    この期に及んでも食いしん坊キャラ。

    母・イク(財前直見)は「いったいなにやってんだこんな時に!」

    父・大五は「今しかねえもんな、つきたてはよ。」と、自分でも餅をほおばっています。

    初孫が生まれるかもって時に、アホなことを言う父親です。

    産気づいても餅にかぶりつく「食い意地が張ったヒロイン」が醜く感じられ、こういう脚本も演出も大嫌いです。
    −◆−

    産気づいて息も絶え絶え状態のめ以子が悠太郎を二階に呼びつけて、正蔵(近藤正臣)からの手紙を手渡し「読んでよ!」と声を絞り出します。

    誰かに頼んで手渡したらいいのに、「自分が自分が」の朝ドラヒロインだから、どうしても自分の手で悠太郎に渡したかった・・・。

    大晦日のエピソードなのに暑苦しいなぁ。
    −◆−

    正蔵の手紙を読み始めた悠太郎。

    手紙は<これから親になる君たちに話しておきたいことが一つだけあります・・・。>との書き出して、正蔵は昔、鉱山で技師をしていて、銅の精製過程で排出された鉱毒で住民に健康被害を出したことなどなど・・・。

    正蔵の手紙の場面に、陣痛で難渋してるめ以子の場面が挟まって、め以子「もう無理」
    イク(財前直見)「もうすぐ年越し蕎麦だから、頑張れ。」

    産婆さん「蕎麦、蕎麦・・・」

    ヒーヒーハー状態でも食いしん坊キャラ。
    ああ、鬱陶しい!


    で、住民対策を担当していた正蔵が「人殺し!」と罵られて神経がすり減りそうになったちょうどその頃に、正蔵の妻・悠太郎の母が亡くなったんだそうな。

    妻の死を口実に、渡りに船と銅山から逃げ出した正蔵。
    さらには逃げ込んだ家庭からも逃げ出す羽目に・・・。
    そして<けど、どれだけ逃げても逃げ切ることはできませんでした。ある日、つと気づきました。私は困難から逃れることと引き替えに、自分の生きている価値のようなものを永久に失ったんや。悠太郎、どれほど注意を払ろうたと言うても、過ちに前もって気づくことはできません。悠太郎、豊かさを追い求め、豊かさをのが悲しいかな人間という生き物です。けど、過ちを犯した後にどう生きるかを選ぶことはできるんです。もし過ちと戦い続ける姿を見せられていたならば、君にそのことを伝えられたのではないかと思います。ただただ逃げ続ける私の背中は、君に過剰な責任感と、間違うことへの恐怖心を与えてしまった気がします。ホンマにすいません。父親となる君に、私のこの間違いだらけの人生が何かの役に立てばと思い、筆をとりました。悠太郎 め以子さん、どうか、私のような親にならないように。>

    手紙を全文読んだ悠太郎は、じっとしていられずに正蔵の家に・・・。
    嫁が産気づいてるのを忘れてる??

    こんな感じで次回へ続く。

    脚本家さんは何かを訴えかけたいのでしょうが、正蔵の手紙の長いこと・・・。

    で、清貧で何も求めない正蔵の暮らしが、『過ちと戦い続ける姿』ってことになるの?

    「君にそのことを伝えられたのではないか」と、やや自分の日常を肯定的にとらえていますけど、鉱毒被害者への償いは なんにもできていないんでしょ?

    長い手紙は、納得できる部分もあるけど、微妙な部分も結構あったので、なんかシックリこないままです・・・・。

    パッとしないドラマです。


    ◇◆◇ 「ごちそうさん」不定期感想 ◇◆◇
    #78 #75 #73 #71 #70 #69 #68








    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      大みそか。 め以子(杏)とイク(財前直見)は、おせちを仕上げ、大五(原田泰造)ら男性陣は餅をつく。 め以子は正蔵(近藤正臣)の長屋におせちをおすそわけにいき、帰りに陣痛が始まる。 なんとか帰りつくと、痛みをこらえつつもつきたての餅をほおばり、みんなをあきれ
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2013/12/28 7:30 PM
      陣痛に苦しむ中で餅を頬張る、め以子の姿に 同じ状況でスルメを齧っていた糸子@『カーネーション』を 思い出してしまった ああ、オノマチ〜 『サザエさん』録画しっ放しだけど 正月休みには観るからね〜 …ひじゅにですが何か? 「もうすぐ年越し蕎麦
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2013/12/28 1:20 PM
      陣痛に苦しむ中で餅を頬張る、め以子の姿に同じ状況でスルメを齧っていた糸子@『カーネーション』を思い出してしまったああ、オノマチ〜『サザエさん』録画しっ放しだけど正月休み...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2013/12/28 1:19 PM
      NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』(公式) 第13週『ふくが来た!』【第77回】の感想。 大みそか。め以子(杏)とイク(財前直見)は、おせちを仕上げ、大五(原田泰造)ら男性陣はもちをつく。め以子は正蔵(近藤正臣)の長屋におせちをおすそわけに
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2013/12/27 3:31 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten